お金のかからないダイエットを中学生に教える

スポンサーリンク

ダイエットというと、ダンベルだったりサプリだったりと中学生にとってお金がかかるように思えてしまうかもしれません。しかしながら、中学生は色々と勘違いしている部分はあります。ダイエットは実はお金のかからないことなのです。そのためには、しっかりと今回は内容を学んで活かしてみてください。そして、筆者も同じく今もお金のかからないような方法で行っております。もしかすると、毎日の食費も安くなるかもしれません。

お金のかからないダイエットを中学生向けにえらそうに教える筆者の体です

お金のかからないダイエットを中学生向けにえらそうに教える筆者の体です

お金のかからないダイエットにおける中学生の勘違い

お金のかからないダイエットをお探しの中学生にむけて、恐らくそういった方はパソコンやスマホで色々な情報を参考にしながらいずれにおいても、サプリや何かしらの健康器具が必要かのように紹介されているサイトが多いです。まず、サプリについて中学生は学んでみましょう。難しいことを書くつもりはありません。これは、日本語に翻訳してみると、栄養補助食品です。摂取しようと思っても難しい栄養を摂取することが出来ます。そして、それらのほとんどはあまりダイエットに関係なかったりします。いわば栄養のひとつであり、3大栄養素がしっかりしてから、やっと目を向ければ良いだけの話です。中学生ではなく、お金がそこそこある大人もあまり必要はありません。たまに、薬まで買う大人は居ますが、残念ながらほとんどダイエットに成功していないという裏側があります。つぎに、ダンベルだったりの準備ですが、中学生であれば本やバッグなどがあり、それで代用できます。中学生は、意外と便利な環境で生きているかもしれません。それでは、お金のかからないダイエットを紹介します。

お金のかからないダイエットをしたい中学生向けの食事

まず、お金のかからないダイエットをしたいのであれば、まずは食事が何より重要です。そこで、食事のひとつとして、プロテインが様々なサイトで紹介されているかもしれません。確かにこれは、ダイエットで必要な栄養素ではあります。その時点で、お金のかからないダイエットとして断念してしまいがちですが、日本語に翻訳してみると、単なるたんぱく質です。たんぱく質には、肉、魚、卵などがあります。これで栄養摂取が出来れば、色々なサイトで販売されているようなパウダー状のものを買う必要はありません。これを飲むとダイエットができたり、筋肉がついたりするような勘違いをしている中学生どころか、大人まで居たりしますが、プロテインを飲んだところで、肉を食べるのと変わりないので、お腹が減りやすいダイエットでは、むしろ食べるほうがストレスも少ないかもしれません。

そんな理屈を踏まえて、お金のかからないダイエットをしたいのであれば、食事は鶏肉、卵などをメインに食べてください。なぜ、たんぱく質が必要なのかというと、実は体重を減らしても、筋肉量が少なければ体重を減らすことに成功しても、脂肪を支えるほどの筋肉もなくなってしまうので、結果的に痩せている体重なのに、お腹だけ出ているということになります。たまに腹以外は痩せているのに、腹が出ている先生が居ますが、そのような現象が起こっていることになります。また、ダイエットは3ヶ月程度のものとして、中学生は夏休みなど、そのあたりに短期集中で行いましょう。今回のダイエットは、肉や魚、卵をメインに摂取し、ジュース、米、パン、麺類などの炭水化物は絶対摂取しないくらいの勢いで行きましょう。いわゆる糖質制限と呼ばれているものですが、短期的に試すのであれば中学生でも安全です。運動よりも何よりも、お金のかからないダイエットかどうかも問わずですが、食事をしっかりすることが重要です。

もっと、三大栄養素のことを書くこともできますが、中学生にとって難しい内容であるかもしれないので、とにかく1ヶ月は卵と肉と魚だけで、生きることを目標にしてください。そして、これらにマヨネーズをかけても良いです。マヨネーズというと一般的に太るように思われがちですが、組み合わせにより太りやすくなるだけです。基本的に炭水化物に脂質を組み合わせることで、太りやすくなります。その代表例として、チョコ、ハンバーガー、ラーメンなどおいしいものばかりです。からあげも、一見肉のように思えるかもしれませんが、周囲は小麦粉や片栗粉が塗られているので、今回のダイエットには使えません。

中学生向けのお金のかからないダイエット【運動】

お金のかからないダイエットで中学生が運動をするのであれば、ダンベルなどの特殊なものは必要ありません。重さがあれば良いので、別にかばんであっても良いのです。さて、それを踏まえた上で男女に2~3個のトレーニングを紹介します。

1日目:順手懸垂をしよう
これは、懸垂で男女問わず行うべきです。順手というのは、手のひらが前に向いている状態で握る懸垂です。これで、背中を鍛えることができます。男子だけではなく、女子も行うべきで、後ろからの見た目をスリムにする効果があります。最初は、中学生であればできない方も多いので、懸垂が完了した状態まで、飛び上がって、じわじわ降りる練習をするだけで、かなりきつかったりします。ほとんどの場合は、筋肉痛になるかもしれません。序盤であれば、5回の後、1分のインターバルを作り、3セットだけで十分です。

2日目:逆手懸垂をしよう
これは、お金のかからないダイエットをやる中学生で、男子にのみおすすめです。先ほどの方法と違って、手のひらは自分の方向に向かっている状態で、鉄棒などを握った状態の懸垂です。手の向きを逆にするだけで、腕を鍛えることができるのです。立派な腕を男子はつくりましょう。同じく5回やったあと、1分のインターバルのあと3セットで十分です。できないのであれば、ジャンプして懸垂が完了した状態から、じわじわと下がってください。

3日目:運動は休みましょう
実はダイエットでは、運動を毎日するのではなく、休みも必要です。筋トレは筋肉を実は分解する運動なので、しっかりと休ませてあげる必要があります。

4日目:スクワットをしよう
これは中学生でも男子も女子も行うべきです。もちろん、足を鍛えるもので、序盤は10回3セットで良いです。フォームは、YouTubeなどで公開されているので、そこで学んでみてください。ここで書くことも出来ますが、ここまで読んださらに倍量を読まなくてはいけなくなります。

5日目:運動は休みましょう
必要性は先ほど説明したので省略します。

6日目:順手懸垂をしよう
背中は実は回復に4日かかります。毎日、筋トレをやる必要はなく4日に1回程度で十分です。このタイミングで行いましょう。

7日目:逆手懸垂をしよう
腕は1~2日で回復しますが、毎日どこかで行う必要はないので、ここに入れました。女子は休んでください。

以上、中学生向けのお金のかからないダイエットでした。繰り返しますが「筋肉なんていらない~♪」なんて述べる女子は、考えを改めてください。脂肪を支えるのに筋肉は必要なので、モデルさながらのような見た目になりたいのであれば、筋肉は多少必要です。そして、筋肉質に見えるのは、体脂肪率が低い状態です。9%とかそういう状態になるには、ここまで書いた理屈を当たり前のように理解していないと到達も難しい領域です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告