薬を使わないダイエットと勘違い【サプリ含む】

スポンサーリンク

今回は薬を使わないダイエットについて書いてみたいと思います。これまでインターネットを巡回してきて、様々な情報を手に入れた方達は、それらが必要かのように感じさせられていることだと思います。しかしながら、薬を使わないダイエットの方がむしろ成功率が高いのです。今回はそれについて書いていきたいと思います。また、勘違いしている方も多いと思いますので、それについても紹介してみたいと思います。ちなみに書いている人が、太っていては意味がないので、信頼性を持たせるために筆者の肉体を貼り付けておきます。

筆者の多分ナイスなボディー

筆者の多分ナイスなボディー

薬を使わないダイエットにおける勘違い

あなたは、これまでインターネットで様々な情報を手に入れたかもしれません。そして、ほとんどの場合にはこの薬のこの成分が役立つなどの売り言葉が書かれていると思います。例えば伏字で書きますが、クレ○ブテ○ールや、オ○リフ○スト、リ○ド○ンなどです。それらを使っていたら、みるみるうちに痩せていくなんて魅力的な言葉がこれでもかというくらいにズラっとならんでいますが、人間の体はそう甘くありません。それを使って、綺麗な体型を維持している方などもほとんど見かけないでしょう。あるとすれば、究極に知識を詰め込んだボディビルダーですが、それでも毎年のことながらどこかで、薬の利用があったことが発見されております。それはともかくですが、薬程度ではどうにもならないことが多いです。もちろん、前述したものを飲めばダイエットは確かに楽になるかもしれませんが、結局はやらないといけないことは同じです。

薬を使わないダイエットでは何が必要か

結局のところ、薬を使わないダイエットでは何の知識がどう必要なのかということを書いてみたいと思います。ほとんど、こちらの記事をお読みの方は、これまでにカロリーだけに着目してきたかもしれません。おおむね間違いではないのですが、摂取するカロリーは同じであっても食べるものが違うと、結果はまったく異なります。例えば、炭水化物だけで1000kcalを上限としたダイエット、たんぱく質で1000kcalを上限としたダイエット、どちらにどう違いがあるかご存知でしょうか。炭水化物をメインに摂取したり、場合によってはそれだけで生活しているのであれば、とにかく生きることは出来ますが、見た目は痩せていても、お腹がぽこっと出ていたりします。反面、たんぱく質をメインとしたダイエットであれば、筆者の掲載した画像のような綺麗な体型に仕上げることが出来ます。たったこの二つの栄養の違いで、こんなにも結果に違いが出るのです。よって、薬を使わないダイエットでは、まずは中学生レベルの三大栄養素の知識が必要です。もう一度おさらいしましょう。昭和や平成レベルの知識は捨ててください。今は令和です、知識も一新しましょう。炭水化物はそのうちの1つとして、絶対必要かのようなものであり、人間のエネルギー源とされていますが、使わなければ脂肪になりやすいです。これの不要論を述べる方も多く、筆者もそれについてはおおむね賛成です。人間はこれまで生きていた過程で野菜や果物を育てることもあったかもしれませんが、わざわざ追いかけて狩っていたわけでもありません。動物を食べていたのです。だからこそ、人間は眼が今の位置にあるのです。逃げる生活ではなく、追う生活をしていました。そして、脂質ですがこれは栄養を潤滑に運ぶ役割があります。よって、前述した炭水化物を一緒にセットすることによって、最大限に体脂肪が増えやすい環境が構築されてしまいます。脂質オンリーだけで生活すると、むしろ痩せます。脂質とたんぱく質も実は太りにくく、焼肉で極限に炭水化物を避けた食べ方をすると、糖質エネルギーで生きていた方は痩せていることが多いです。最後にたんぱく質ですが、これは体の筋肉や髪の毛や爪などを構成するのに必要なものです。薬を使わないダイエットで綺麗な体にしたいのであれば、これをメインに摂取することが必要です。これらはProtein、Fat、Carbと海外で表現されることが多く、日本でのフィットネス関連の業界ではPFCバランスと呼ばれております。それを元に1日に必要なカロリーを算出するのですが、筆者はこれらは面倒なのでとにかくたんぱく質と脂質だけで、余計な脂肪は増やさずにダイエットしております。いわば糖質制限なのですが、これをすることによって、エネルギー回路が糖質から変更されるので、おなかも減りづらくなります。

また、そうすると日常的に力が落ちる、集中力などが続かないなど言い訳をする方が多いですが、単純に勉強不足なだけです。ただし、あなたなら大丈夫なはずです。これから学べば問題ありません。序盤1ヶ月は本当にそういった現象が起こるかもしれませんが、例えば運動をする方で体重×2~3g、しない方で1gといったように、最低限も維持できていない方が多いです。だからこそ、失敗したりすることが多いので、これはしっかりと心がけておきましょう。同時に脂質も制限してしまう方がいますが、糖質制限すればいいので、脂質は制限対象に入っておりません。序盤は、たんぱく質に加え、脂質をたくさんとることで、薬を使わないダイエットは円滑に行うことが可能です。

筆者はサプリや薬を使わないダイエットで成功している

そんなこんなの理屈を踏まえて、筆者は薬を使わないダイエットで成功しました。そういうよりは、ほとんど必要ないです。ほとんどということは、若干必要なのかと思われるかもしれませんが、ほとんどの方はダイエットのモチベーションを出すために使っていることが多いです。「俺はこれ飲んだから、もっとダイエット頑張れるもんね!」というような感じです。薬を使わないダイエットをしたいのであれば、まずは、基礎レベルからしっかりと学んでください。それは、先ほど書きました。反対に、筆者はこれを学ぶまでは、やはり何してもダイエットは成功しませんでした。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告