中学生が体脂肪率を落とす方法を本気で教える

スポンサーリンク

中学生というと、異性にモテたり、ほかの人から良く見られたいというような願望も沸いてくるかもしれません。また、そういったとき太っていると、やはりほかの方から声をかけられる機会も少なくなってくるかもしれません。そんな中学生に今回は体脂肪率を落とす方法を紹介してみたいと思います。ちょっとした心がけで、体脂肪率を落とすことは可能になります。今回は、どのような方法を使うのか、日常的にどういった方法を使っていけばいいのかということを中学生の事情を交えて書いてみたいと思います。

体脂肪率を落とすプロの筆者

体脂肪率を落とすプロの筆者

中学生が体脂肪率を落とす方法はこれだ

■給食は絶対なのでカロリー制限にしよう
おそらく中学生の場合で、給食はとくに絶対に食べろと指定されていることも多く、体脂肪率を落とすのに難しい状況であるかもしれません。それだけに、給食だけは一食分はしっかり食べても良いという方針に今回は切り替えましょう。もちろん、カロリーは高い場合が多いのですが、中学生にとって1日のカロリーをオーバーしているわけではないので気にする必要もありません。ただ、食後眠くなってしまうことはあるかもしれませんが、学校で残しすぎると親にも通達が向かう可能性がありますので、とりあえずはおとなしく食べておきましょう。

■それ以外はたんぱく質をメインに摂取しよう
それ以外でしっかりと体脂肪を落とす食べ方をすればよいのです。おそらく自宅に帰ってみると、また白米やパンなどが食卓に並ぶかもしれません。体脂肪率を落とすのであれば、期間をしっかりと決めて、たんぱく質をメインに摂取しましょう。肉、魚介類、豆腐、卵です。特に卵だけであれば、親も場合によっては食費が浮くので、喜ぶかもしれません。そもそも太る原因を中学生向けに教えてみると、実に単純なもので、炭水化物と脂質を同時に食べることで、太ってしまうのです。それさえ避ければ問題なかったりします。ただ、これらの組み合わせというのはおいしいもので、お菓子だったり、パンだったり、焼きそばだったりといろいろあります。

■体育をまじめにやってみよう
体脂肪を落とすのであれば、いつもよりまじめに体育をやってみるのもおすすめです。本気でやるかやらないかでも、中学生にとっての効果は段違いです。体育というのは、厳しいこともあるかもしれませんが、運動不足などを解消するのに最も良い手段です。しかも、授業だから嫌でもやらなければなりません。そうであれば、しっかりと体育をやってみましょう。点数も上がり、体育教師からの評価も上がるので、中学生にとっては一石二鳥ではないでしょうか。受験のためにがんばると思えば、ストレスはたまるので、体脂肪を落とすと頭の中で考え方を切り替えましょう。

■荷物はなるべく学校に置くな
中学生というと、荷物は学校に置いていたりすることもあるかもしれませんが、これは実は体脂肪を落とすのであればあまりよくありません。荷物は重ければ重いほど、歩くときにも疲れはしますが、カロリーも消費するので、実はおすすめです。そもそも体脂肪率を落とすことが苦手な方は、足腰が弱かったりします。それによって、基礎代謝も下がってしまうので、ガンガン重いものを持って登下校するだけでもかなり違ったりします。無駄に筋トレをしたくない方であれば、こちらがおすすめです。

■筋トレも少しやってみようか、もちろん女子もだよ
中学生で体脂肪率落とすのであれば、筋トレをやってみましょう。体脂肪率とは文字通り比率のことなので、筋肉量を増やせば同時に体脂肪率も落ちることになります。女子は、そこまでマッチョになりたくないと思うかもしれませんが、そこまで簡単にマッチョにはなれないのでご安心ください。もっとも、中学生の女子でも90kgや100kgくらい扱えるようになってから、それくらいは心配しても良いものですが、ほとんどの場合無理だと思います。少し筋トレをするくらいであれば、むしろ見た目はメリハリがつきます。

■栄養バランスがしっかりしていると体脂肪率を落とすのは簡単
実は給食だったりを食べても、総合的な栄養バランスさえしっかりしていれば、中学生でも体脂肪を落とすのは簡単なのです。ほとんどの場合は家庭科で栄養を習っていますが、あれだけでは不足しております。家庭科の補足をしておくならば、炭水化物は食物繊維と糖質に分かれます。必須栄養素ではありますが、毎日は必須ではありません。また、すぐにエネルギーに変換されますが、すぐに使われなければすぐに体脂肪になります。たんぱく質は、髪の毛や筋肉などを作るのに役立ちます、炭水化物より必須です。脂質は体の動きを潤滑にしてくれる働きがあり、徹底的に避けても実は体脂肪率を落とすのは難しいです。

■おやつはスルメのみにしよう
先ほどのことで、太る原因はわかったのですが、中学生で体脂肪を落とすにあたっておやつも食べたくなることがあると思います。そんなときに絶対に食べてはいけないというわけではありません。スルメのみに体脂肪率を落とす期間だけ切り替えておきましょう。スルメはたんぱく質なので、先ほど書いた太る原因には当てはまっておりません。チョコやガムや飴、パンなどを食べているともちろん太ることになりますので気をつけましょう。

■受験のストレスを溜めすぎるな
実は体脂肪を落とすのであれば、ストレスの溜めすぎは厳禁です。ボディビルダーというと、体脂肪率について最大限に落とすプロなのですが、その人たちを見ているとポジティブな方がおおいです。それは、あえて意識してやっていることなのです。元々暗い方も居たりするのですが、そういったことにならないように、あえて明るく元気に振舞っていることが多いです。ほかにも理由はありますが、ストレスを溜めることはよくありません。受験はもちろんのこと、いじめなどにあっているのであれば、すぐに親や先生に相談しましょう。

■歩いたり踏み台昇降なんてしないで
学校で体脂肪率を落とすというよりは、肥満の方に向けて踏み台昇降をしろなんて指導していることがあります。そんなに簡単に落とすことができたら苦労はありません。むしろ、体脂肪率を落とすのであれば、筋トレが優先です。踏み台昇降なんてものは、その後にやるものです。あまり効果がない方も実際に多かったのではないでしょうか。そして、何よりも栄養があなたの体を決定するので、運動をどうしてもしたくはない中学生の方であれば、まずは食事だけでもしっかりとしておきましょう。これは絶対です。

中学生が体脂肪率を落とすのは3ヶ月とだけ決めよう

いつまでもダラダラと体脂肪率を落とすのは良くないことです。それ以前に、半年や年単位やっていると疲れてしまうものです。だからこそ、3ヶ月と決めてやりましょう。それぞれしっかりとやれば、なんとかザップのCMのようにすぐに体型を変えることができるのです。残念ながら、日本人はこういった栄養の知識についてはまったくない方が多いです。半面、アメリカなどはフィットネス大国なので、そういった知識も豊富なので、小学生から筋トレをしている方も多いです。先生レベルでも知らないことが多いので、こうやって勉強しておいて体脂肪率を落とすのに役立てましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告