お腹だけ太る高校生に理由をしっかりと教える

スポンサーリンク

腹だけ太るという高校生の方に向けて、今回は理由をしっかりと説明してみたいと思います。恐らく体育教師からも家庭科の教師からも聞けない言葉かもしれません。お腹だけ太るにはしっかりとした理由があります。ただ、その原因を解説するサイトならば無数にあることだと思います。そして、そういったサイトはほとんど、自分の体型を紹介しておりません。お腹周りのダイエットが得意分野の筆者が書いているということを証明するために、自分の写真を貼り付けておきます。信頼していただいたところで、解説に入りましょう。脳筋記事になると、勘違いされているのであれば、しっかりと頭を働かせて読んでみてください。理解できたら、ぶっちゃけすぐにでも試せることです。試せるものなら試してくださいという、筆者からあなたへの挑戦状です。

紹介する筆者の体

紹介する筆者の体

お腹だけ太る高校生にありがちな理由

■甘いもの食べすぎ、飲みすぎ
まず、お腹だけ太るという高校生は一番これが該当しているかもしれません。甘いものが大好きな高校生だったりであれば、そうなってしまうことが多いです。特にお小遣いの関係から、そういったものがコンビニやスーパーで手に入りやすいのです。あまり食べないのにというような方は、ジュースの飲みすぎです。コーラ1本あたりの量で、120kcalだか正確な数字はわすれてしまいましたが、500mlも飲めば、お茶碗一杯のカロリーどころか、ちょっした食事ができるくらいのカロリーを摂取していることがあります。なるべくゼロカロリーなどに移行してください。

■正直・・・あなた高校生体型じゃないんですよ・・・
ぶっちゃけると、あなたは高校生であるかもしれませんが、実は体型はもう高校生ではありません。10代とか過ぎてしまって、一気に70代くらいの体型です。ショックを受けるかもしれませんが、本当です。運動不足で、必要な筋力も足りていない状況です。そうなると、お腹だけ太ることが多いです。筆者も実は、そうだったのです。この事実にかなりショックを受けて、上記のような写真の体型にまでなるまで頑張りました。そこまで必要としていない女子も見ているかもしれませんが、何せ運動は最低限だけ必要です。

■脚やせとか興味持ちすぎている
お腹だけ太る高校生は、脚やせなんかに興味を持っているかもしれません。もしくは、すでに試されたかもしれません。しかしながら、ネットに出回っているほとんどの情報はほとんど、無価値で試すような情報でもないことが多いです。また、脚だけを局所的に痩せさせようとすれば、基礎代謝が落ちてしまうことになります。本当に極限に痩せたいのであれば、まったく立ち上がろうともせず、車椅子で生活をして、脂肪になる原因のものを避ければ、女子があこがれる脚やせは可能ですが、その頃には立つことも難しくなっていることだと思います。適度に、脚の太さはあった方が、ダイエットもかなり早いです。

■バランスの良い食事を教えられていない
すでに高校生であれば義務教育で、三大栄養素は習ったかもしれません。炭水化物、脂質、たんぱく質。それがどうしたんだと思われるかもしれませんが、結局これが大事です。ただし、家庭科の授業でもこれはしっかりと教えてくれないかもしれません。ならば、改めて筆者がお伝えします。炭水化物は、すぐエネルギーになりやすいですが、エネルギーとして使われなければ、脂肪として蓄えられやすいです。脂質は一見太るように思われますが、実はそうではありません。ためしに、脂だけからカロリーを摂取して、3日くらい生活してみてください。痩せています。1日あたりのカロリーから3割程度の摂取が適切です。あまり考えない場合、4割は摂取しているようです。最後にたんぱく質ですが、血や筋肉、髪、体を構成するのに必要なものです。人間はたんぱく質と脂質の塊です。炭水化物なんて、数パーセントくらいのものです。

よって、あなたに必要な食事の栄養は、男子高校生を例にとってみましょう。女子も参考になるデータです。体重が60kgと仮定しましょう。そうすると、基礎代謝は1600kcalです。たんぱく質は60g(240kcal)、脂質はおよそ54g(480kcal)この総合した結果は現時点で、720kcalであり、基礎代謝からこれを引いた計算で、残り880kcalとはじき出されました。よって炭水化物1gあたりのカロリーは4kcalなので、220gの炭水化物が必要となります。白米ならばお茶碗に3杯程度です。

ちなみにお腹だけ太る高校生どころか、一般の方にバランスのよい食事とは何かと聞いても、ここまでのデータは簡単に出せないと思います。野菜をしっかり食べる食事くらいしか言わないことが多いですが、それは3大栄養素がしっかりしてからです。しっかり出来ないのであれば、野菜など摂取しても無駄に近いです。

■肉や脂が本気で太ると思い込んでる
お腹だけ出る高校生が致命的に勘違いしているのは、肉や脂が太ると本気で思い込んでいることです。最近は、糖質制限や肉だけダイエットなんて言葉で、太らないことは徐々に知られつつありますが、まだまだのように思えます。太る組み合わせは、カロリーだけの単純な理由ではなく、栄養素です。そして、脂質と炭水化物の組み合わせが太るのです。その例として、パン、ケーキ、ラーメン、カレー、アイスなどです。基本的に高校生がすきそうなものはほとんどお腹だけ出るというより、出すのに最高な食事です。

■しっかりとした知識を身につけりゃサプリなんて必要もない
お腹だけ出る高校生は、サプリなどに頼ろうとするかもしれません。もしくは、無駄に走ったり、筋トレをしたりするかもしれません。ただし、体を変えるには何よりも食事が重要です。たまに、Twitterなどで、腹筋を割る筋トレ♪なんて紹介されていて、たくさんの反響を呼んでおりますが、デマもいいところです。むしろ、ダイエットはきついものであってほしいという願望にすら思えます。そうではなく、何よりも食事です。そこから、体型を変える筋トレがはじまるのです。栄養も何も考えることが出来ないのであれば、その体型は一生そのままです。

お腹だけ太る高校生はこうして対策せよ

上記のことから、やっと対策に乗り出ましょう。基本的にはおやつ類は、ジュースやパンなどを摂取していたかもしれませんが、お腹だけ出るのをなんとかしたいのであれば、これらのおやつはするなというわけではなく、卵を食べましょう。本格的に糖質を制限するのであれば、最初の1ヶ月くらいは腹いっぱい食べても問題ありません。マヨネーズも好きなだけかけてください。ジョークかのように思えますが、しっかりと痩せていきます。受験勉強をしているのであれば、食後の眠気もこれで解消されます。そして、筋トレをするのは、たんぱく質が摂取できてからです。「おすすめのプロテインは?必要なんでしょ?」と思われるかもしれませんが、答えは必要なしです。プロテインは、たんぱく質の摂取を手軽にするものです。卵や肉、魚で取れているのであれば問題ありません。また、お腹だけ出るのをなんとかしたいのであれば、腹筋ではなく、スクワットをしましょう。毎日の必要はなく、5日に1回程度本気でやるだけで問題ありません。スクワットの方法については、解説サイトやYouTubeなどで参考にしてみてください。それがやれたら、腹筋はやりたいならばやってください。やらなくとも問題ありません。一般的な高校生が想像し、体力測定でもやる腹筋はシットアップと呼ばれますが、クランチをやる方が効果的です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告