1週間で腹筋を割る方法を中学生女子に教える

スポンサーリンク

今回は、1週間で腹筋を割る方法を中学生女子に向けて解説してみたいと思います。本当に出来るのかと中学生女子は思うかもしれません。筆者も、場合によっては難しいと思いますが、人によっては可能なレベルであることもあります。また、残念ながら今回の記事を読んでいて自分には出来そうにないかなというような場合にもコツコツとした積み重ねを的確にやっていくことが大事だということを書いております。恐らく1週間で腹筋を割る方法を知りたいのであれば、何がどう転んでも知っておかなければならないポイントです。

方法を紹介する筆者の体

方法を紹介する筆者の体

中学生女子に向けた1週間で腹筋を割る方法

■大前提として
まず、1週間で腹筋を割る方法の大前提として知っておかなければならないのは、これから書くことについて一切の妥協は許されないことになります。特に中学生女子だからこれくらいは甘くしていいよなんて、優しいことを書きたいわけではありません。本当に1週間という短期間を目指されるのであれば、体型は一般的ならば、かろうじていける場合もあるのではないだろうかというお話です。守れなかったら、もちろん1週間は難しいです。また、体脂肪率が多いような場合には、むしろ1ヶ月かかることもあるかもしれません。

■1週間ずっとこの食事ね
さて、1週間で腹筋を割る方法を知りたい中学生女子へ、毎日この食事で固定しましょう。それは蒸し鶏です。鶏肉をゆでて、皮は剥いで、あとはきゅうりでも添えておきましょうか。何せ、1週間で腹筋を割る方法なので時間がありません。また、調味料にポン酢ではなく、お酢としょうゆをほんの少し混ぜましょう。通常のポン酢であれば、糖分が多すぎます。写真撮影前やテレビに出る女子のボディビルダーも似たような生活をしております。ここでこれはOKなんていう、甘い妥協は一切出来ません。また、体重×2gまでのたんぱく質によるカロリーくらいの摂取をおすすめしております。一般的な中学生女子の体重が46kgなので92gのたんぱく質が摂取可能です。鶏肉を1日に450gくらいまで食べることが出来ます。案外大量に食べることが出来ることに気づけたと思います。

■ラスト2日は塩分を制限しよう
ある程度、中学生女子は腹筋を割る方法に向けた食事が済んでくると、もちろん終わりが見えてきます。そして、ラスト2日は塩分の摂取を制限しましょう。1日あたり2gまで下げます。1週間で腹筋を割る方法といいますか、これは本格的なプロレベルでもやっていることが多いです。塩分は体に水分を蓄えてしまうので、ラスト2日くらいは最低限だけの摂取を行っているだけのことが多いです。ちなみにこれ以外だと、日常的に力がでなくなったりすることもあるので、それ以外は絶対にやらないでください。

■筋トレをしてみよう
中学生女子はもちろん筋トレをしてみましょう。1週間で腹筋を割るトレーニングなんて、ネットで紹介されていますが、ぶっちゃけクランチだけで問題ありません。その代わり、本気で腹筋に効かせるクランチをしましょう。ここは掘り下げすぎると、うんざりするほどの文章量を書けるので、他のサイトなどで方法だけ調べておいてください。また、同時にスクワットです。なぜ、スクワットに着目したのかというと、普段腹筋が隠れてしまったりしやすいのは、脂肪の他、水分です。その水分は糖分によって蓄えられます。そして、それは筋トレによって消費できます。スクワットは脚のトレーニングですが、筋肉の全体の割合だけでいくと50%を占めております。そこを動かすのが手っ取り早いというわけです。

■トレーニングより何より食事が大事
あなたは恐らくこれまで何度も自分にとって満足のいくようなトレーニング動画、きつそうな動画を見て、こんなに頑張らなければいけないのかと思ったかもしれません。ただし、それ以上に重要なのは食事です。筆者は、腹筋を割るトレーニングは無いと思っております。それを何十年と続けようと、食生活が疎かであれば、腹筋は永遠に割れることはありません。中学生女子の体を構成しているのは、間違いなくこれまでに食べた食事です。

■しっかりと睡眠は取ろう
中学生女子向けに1週間で腹筋を割る方法をざっくり上記で重要なことを紹介して来ましたが、もちろんここで睡眠もしっかりとっておく必要があります。あまりにも、眠いのを我慢してスマホをいじっていると、ストレスになったり、睡眠時間が下がると減量効率が落ちてしまうことがあります。それだけにしっかりと、睡眠はとっておきましょう。受験シーズンには向かないかもしれません。また、眠れなかったとしても、少しでも横になりましょう。これは大事なことです。しっかりとした計画を立てて過ごしてください。

■お風呂にも入ろう
お風呂にも入りましょう。中学生女子であれば、これはお風呂が好きになる方も多いかもしれません。理由は、汗をかくからです。特にどれだけ嫌いでも、ラスト2日だけは入ってください。汗をかくということは、塩分が排出されるのです。また、完全にやるのであれば、場合によっては頭が「ふわ~ん」となってくるかもしれません。恐らく、それは限界を意味しているので、すぐに塩をなめてください。結構中学生女子にしては、ハードすぎることをやっているという自覚も同時に持っておいたほうが良いです。

■出来れば、有酸素運動をしよう
そんなこんなで、出来れば有酸素運動をしましょう。筋トレをした後に、有酸素運動が1週間で腹筋を割る方法としては効率が良いです。筋トレの前にやってしまうと、どうしても筋トレの集中力が続かなくなります。反面、歩くことならばよほどのことがない限りは可能なので、30分くらいを目処に行いましょう。恐らくここまでやった時点で、相当お腹がペコペコかもしれません。さすがのダイエットに慣れた筆者でも、減量完了1週間前は、そこそこ腹が減っていました。とはいえ、慣れないわけでもありません。意外と慣れてくるのです。

■ストレスはためるな
1週間で腹筋を割る方法は以上ですが、中学生女子はその間になるべくストレスをためすぎないようにしましょう。これまた、イライラしすぎたりすると、太るための物質が体内で作られてしまうのです。人間の体は思った以上に優秀なので、ここだけは気をつけておきましょう。多少たまってしまうくらいであれば、気にされる必要はありませんが、これまでよりは少なくして、ポジティブに生活するようにしましょう。腹筋を割るといっても、そこそこ大変な作業であることがお分かりいただけたかと思います。

1週間で腹筋を割る方法は中学生女子はあまりやらない方がいい

こんなことを書いておいて何なのですが、1週間で腹筋を割る方法なんてものは、中学生女子はあまりやらないほうが良いです。そもそも腹筋が割るレベルの体脂肪率や水分のなさというのは、異常な状態なのです。それに加え、1週間で腹筋を割る方法を中学生女子が試されたとして、実際に成功したとしましょう。その頃にはかなり空腹だったりすることが多いので、いっきに食べてリバウンドしやすくなります。これは、どれだけダイエットに慣れた筆者でも同じことです。だから、万年腹筋を割っているわけではありません。好きなものは食べたいです。反対に、それだけ甘えている筆者でも腹筋を割ることが出来たので、やることさえしっかりとやれば、しっかりと腹筋は割れるのです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告