父親の生活音がうるさいのは育ちだけじゃない【重要】

スポンサーリンク

父親というとなんだか、生活音がうるさいというような方はいないでしょうか。ドアも「バーン!」と閉めてみたり、歩くときも足が上がってるのか分からないような地面をこするような歩き方、とにかく生活音に関することは何でもうるさいことだらけであることが多いかもしれません。その理由は、育ちというより他にもあります。父親について気づけていないこともあるかもしれません。「自分の父親がまさかな・・・」なんて思う内容かもしれないのです。筆者の父親も実際に生活音がうるさいのですが、こんなことが裏に隠れていました。

父親の生活音がうるさい理由

父親の生活音がうるさい理由

生活音のうるさい父親は構ってちゃん疑惑

まず、一番着にすべきポイントは、生活音のうるさい父親について、大半の方が誤解していることがあります。なぜそんなにもうるさいような生活音にすることができるのか、これはもう一種のスキルと思えるかもしれません。最近父親の生活音が耳につくようになったのであれば、加齢を疑ってください。実際に40代後半になってくると、実は父親というものは寂しさを感じることが多いです。「そんな歳にもなって?」と思うかもしれませんが、かなり多いのです。筆者の父親も、かつては頑張って育ててくれているときはそういった父親としての弱い姿を見せることはありませんでした。しかしながら、大人になってくるにつれて、徐々に父親がだらしなくも頼りなくも目に映るようになりました。そのときに、父親の生活音がうるさいということにも、気づくようになりました。人によっては、この問題を神経質と捉えるかもしれませんが、それが原因でこうなっていると決定するかのような出来事は思い返せばいくつかありました。

それは筆者の祖父、つまり父親の父親ですが、年齢を重ねるたびにそういった寂しさを覚えるようになると言っていたのです。実際に、男性にはありがちなことでもあり、年齢を重ねるたびに男性ホルモンが減ってしまうのです。そして、単に無神経であるから、父親の生活音はうるさいんだと思っている方も多いですが、実際に親子や夫婦の交流を増やしてあげるだけで、生活音がうるさいというのが段々と少なくなってくることがあります。父親そのものは、自分のヘルプサインに気づいていなかったりすることもあります。なるべく、親子の交流を定期的に増やしてあげるか、最低限の夫婦仲は妻側が意識するべきなのかもしれません。年齢を重ねると、父親より母親の方が精神的には強かったりします。

また、父親といえば、自宅でアルコールを飲んでいないでしょうか。筆者も実はその父親のサイドでありながら、こういったものは苦手なのでまったく飲みません。会社でそういったことがあれば、仕方なしにというくらいです。そして、これを毎日飲んでいるという方は、依存をしております。特別、悪いことのように思われておりませんし、日本社会なだけに周りがそうであったら自分も大丈夫だろうという心理状態です。しかし、メンタルには良い影響を及ぼしません。本当の意味でも最後まで立派な父親で居てもらいたいならば、ここからなるべく抜け出してもらうことも考えなければなりません。こちらに逃げてばかりで問題の解決に向き合っていない、子供との問題にすらこちらに逃げているという父親も多いのです。そして、父親と息子や娘との関係がうまくいかないなんて、おっしゃっている方も少なくはないので「そりゃ当たり前でしょ」となってしまうわけです。

もちろん、育ちでも生活音がうるさい父親も

そんなことがありながらも、もちろん育ちによって生活音がうるさい父親も居ます。元々このあたりはしつけられていなかったり、日本では何事も音を立てるのは良くないというようなことを学んでこなかったのかもしれません。その結果、ドンドンと家の中を歩き回ったり、ドアも勢い良く閉めてみたり、そういったことをする傾向にあるのです。こればっかりは、母親(妻)側が徐々に教えていくしかありません。悪意なくやっていることが多いのです。

生活音のうるさい父親はがストレスになる場合

なんだかんだ、父親の生活音がうるさいのは理由を知ったところで、解決方法もわからないかもしれません。そういった状況であれば、実は改善策もあります。一番は、音が出にくい環境をつくるのです。例えばドアでも勢い良く閉めてしまう父親ならば、なるべくその間のドアの騒音を軽減するシートを貼り付けてあげるのです。足音がうるさいのであれば、カーペットは敷けるところは敷いても良いです。また、実際にその他の生活音がうるさいとしましょう。まだまだ実家に住んでいたり、生活の一部ながら介護をしなければならない部分もあるかもしれません。そういったときで、部屋も別で過ごしているならば、ドアの間に隙間テープをさらに貼り付けて音を軽減させたりする方法もあります。案外やってみると、完璧にではないものの音を軽減させて、少しはストレスが減る生活が可能です。いずれも100均で手に入れることが可能なので、学生も試すことが出来るかもしれません。

最終的にもう一度、お伝えしたいのですが、育ちが原因ではなさそうな場合には、父親の隠れた心のメッセージに気づいてあげてください。あまりにも、生活音がうるさいようであれば、誰かしらに構ってほしいというようなサインの現われでもあります。あれだけ過去には頼りになっていた父親も、年齢を重ねるとやはり、そうではなくなってくるパターンが多いです。勢いの良かった父親も年齢を重ねるごとに落ち着いてくるのです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告