庭でのバーベキューの楽しみ方を伝授する!

スポンサーリンク

庭でこれからバーベキューを行う方に向けて、今回は楽しみ方を教えたいと思います。色々とこれはやっておいた方がいいよということを庭で筆者がバーベキューをした上で教えてみたいと思います。楽しみ方のほか、最近のバーベキューに対する周囲の家の見方も変わってきておりますので、そちらも注意点として書いております。とにかく、順繰りに読んでいくことで、あらゆるトラブルを防いだり、楽しくすることが出来るはずです。

庭でのバーベキューの楽しみ方講座

庭でのバーベキューの楽しみ方講座

庭でのバーベキューの楽しみ方の手順

■バーベキューコンロの選択
まずは、でのバーベキューの楽しみ方の前提として、バーベキューコンロの選択から始まります。特に地方であれば、庭でバーベキューをしていたとしても、迷惑になったり、苦情を出されることはほとんどありませんが、住宅街だったりするとバーベキュー自警団のようなものがやってきます。そうなってしまっては、楽しいバーベキューが台無しです。まず、通常の七輪やバーベキューコンロを使うのがベストでおいしいのですが、迷惑になりそうであれば、スキレットとガスコンロの組み合わせにしてください。バーベキューコンロや、七輪は安い肉でもおいしく食べることが出来ますが、スキレットとガスコンロであればステーキなどの高い肉が向きます。実はそれぞれでメリット、デメリットがこのようにあるのです。

■荷物は準備できたでしょうか
庭でのバーベキューの楽しみ方としては、なるべく準備する箸やコップなどは多めに準備しておきましょう。また家に入るというのは、かなり面倒でもあります。だからこそ、荷物などは多めに持っておきましょう。どの道片付けで家に出入りしなければならないので、庭に多少多く持っていくというくらいが丁度良いです。また、ゴミなどの問題も庭で発生しますが、調べてみると土のう袋1つあたり数百円で処理してくれる業者もあったりするようです。片づけが面倒な方はそちらも考えてみてください。

■家族や子供との楽しみ方
庭での家族や子供との楽しみ方をしていて、バーベキューをするのであれば、基本的にはサプライズ要素だったり、会話を楽しむようにしてください。庭でのバーベキューのメリットといえば、親子の会話だったり、家族と親睦を深めるためのものです。家の中だとみんなスマホだったり、パソコンだったり、会話は少ない家族が増えてきました。だからこそ、なるべく庭でのバーベキューでつながりを楽しんでください。それが何よりの楽しみ方です。また、子供が飽きて道路で遊ぶこともあり、親はすでにベロンベロンの状態もありますが、それはなるべく避けてください。また、夜間行うのであれば声の大きさには注意です。お互いの家に配慮ができる楽しみ方をしましょう。

■焼き方はじっくりと行こう
何よりバーベキューの楽しみ方といえば、まったりの時間を過ごすことです。同時に焼き方もじっくりでいきましょう。いきなり高火力で焼いてしまうと、肉も実はおいしく焼けません。それだけに、本当にじっくりとが基本です。とはいえ、それで日が暮れてしまうというような方であれば、大人だけであればスマホなどを持参して、すきなサイトを見たり、こちらのバーベキューカテゴリを参考にしてみたり、色々な時間のつぶし方、楽しみ方をしてください。もちろん、子供が居たら会話を楽しみましょう。

■ご飯ものはなるべくラストに
バーベキューでいきなりご飯ものから食べ始める方もいますが、これはあまりおすすめしておりません。すぐにお腹いっぱいになるので、経済的かと思いきや、すぐにお腹が減ったり、体脂肪になりやすかったりします。また、食後のだるさの原因にもなるので、庭で片付けという問題を考えれば、なるべくラストに回すのがどの道賢いです。なるべくこういったご飯ものはラストに食べるようにしてください。お手軽さでいうとピザやナンがおすすめです。もしくは、ホットドッグを作ってみたり、焼きおにぎりといったバリエーションもあります。

■火事には気をつけよう
庭でのバーベキューにありがちなことですが、危うく火事になりかけるというようなことがあります。そういうのも、火消し壺などを持っているのであれば、気にする必要はあまりありませんが、そのまま炭に少し水をかけただけで放置してしまうなんてこともあり、これが火事になってしまう原因にもなります。バケツにしっかりと水を入れておき、1つ1つ丁寧に突っ込んでいくようにしてください。そして、消火してもしばらくは水の中につっこんでおいてください。それくらいバーベキューでの火の扱いは重要なのです。

■車で対策しよう
庭といってもウッドデッキや、遮蔽物がある場合ならば特に気にならないかと思いますが、開放的な庭の場合もあります。そういったとき、庭でのバーベキューというと、人に見られたりしてしまって、挨拶をしなければならなくなったりというような、プライベートな空間を邪魔してしまう原因を作ってしまうことになります。だからこそ、車などで、なるべく見えないようにガードしておきましょう。そして、車も煙に乗って油が飛び散ることがあるので、なるべくシートなどでガードしておいてください。

■子供がバーベキューに飽きた場合の楽しみ方
さて、色々な楽しみ方を考えても、子供はバーベキューに飽きてしまうものです。そういったときには、サプライズを準備してあげましょう。大層なものを準備する必要はなく、子供向けに200円でバラエティパックのお菓子が販売されていることが多いです。それを、配布して遠足のような気分で楽しんでもらいましょう。時間稼ぎはできるはずです。それでも、すぐに食べ終えてしまった場合などには、会話を楽しみたいところですが、そもそも相手にしてくれない場合もあったりするかもしれません。そういった場合には、仕方が無いので家の中でアニメだったりを楽しんでもらいましょう。

■一人の場合は
ここまで子供や家族が居るケースを紹介してきましたが、一人という場合もあるかもしれません。庭でのバーベキューの楽しみ方ではこういったケースもあります。もし、あなたが一人であれば周囲を気にする必要はありません。幸い、一人でも意外と日本は寛容です。韓国だと、そういった一人で行動するようなことがあると、物凄い目で見られることがあるようです。なので、そういった目で見られてしまった場合には、異国人が増えたなくらいに思っておきましょう。少しジョークがアレになりましたが、筆者は一人は不幸せではないと思っております。筆者は家族や子供が居ますが、それを踏まえても一人が良いなということを感じることもあります。もちろん、幸せなのは幸せですが、一人の幸せもあると思います。特にお若い方だと、この話題には敏感なので載せておきました。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告