バーベキューの焼き方の順番はこれが正解!【マニア直伝】

スポンサーリンク

バーベキューの焼き方の順番を知りたいという方に向けて、なるべく効率的な方法を紹介してみたいと思います。色々と一般論はありますが、こうやってやるのが一番だよということを書いております。そしてそれを学んだ上で、バーベキューでどう活かすかという重要な部分を焼き方や順番の問題の後にさらに重要なことを書いております。特にあなた一人であれば、問題ない部分もありますが、大人数となればそうも行かないことがあると思います。そんなときの考え方も書いております。

バーベキューの焼き方の順番

バーベキューの焼き方の順番

バーベキューの焼き方の順番

※その前にワンポイントアドバイス
焼き方の順番以前に網に肉がひっつくということもありますが、そういうときには網にお酢を塗っておきましょう。これでびっくりするくらいひっつきにくくなります。

1.まずは野菜を中心にならべてください
一番最初に野菜を中心に並べてください。これは、バーベキュー焼き方の順番でおいしく食べることに重要なことです。バーベキューになれていない方で順番どころか焼き方を知らない方は網にところ構わず肉を並べると思います。真ん中であれば炭火の真上ですが、そこで肉は焼くものではありません。特にホルモンなどであれば、そもそも焼き方としても間違っており、半生で出来上がる可能性もあります。ここだけは、一番重視してほしいことです。そんなこんなで、どんどん読み進めていきましょう。

2.その周囲にタレのついていない肉を並べます
先ほどの続きですが、その周囲にタレのついていない肉を並べます。理由としては簡単で、タレがついているものは網が焦げやすくなってしまいます。砂糖が入っていることが多いので、砂糖を焼けばそのまま焦げてしまうことは理科の実験などや料理をしたことがある方はご存知かもしれません。そんなことで、タレのついていない肉を並べましょう。基本的にはこの時点では塩コショウの味付けのもののみです。そして、肉は遠火でじっくりの焼き方が、バーベキューでは重視されるのです。

3.まずは野菜から食べましょう
そろそろ野菜の頃合もよくなってくるかもしれません。先に、場0べキューでは野菜から食べましょう。理屈としては、根拠はないものと、はっきり根拠のある2つのものを書きます。この順番で食べることでまずは、根拠が無いものとしては太りにくいというような言われがあります。食物繊維などで無駄な脂肪などを包み込んでくれるのです。腹に入れば一緒と思うかもしれませんが、元々胃腸が弱い方などは、先にキャベツなどの野菜を順番として食べることで、胃もたれが起きにくくなります。事実として、体感することなので、根拠の無い言われも実は少しはあたっているのではないかと筆者は感じております。そもそも、これらに不安が無かったとしても、バーベキューで食べ過ぎて、トイレと仲良しになることもあります。原因は油のとりすぎです。ここを、防ぐための順番としての意味もあるのです。ここでは、キャベツ、エノキあたりをおすすめしております。

4.肉がほどよくなってきたら食べてください
炭火で香ばしく出来た野菜を食べた後に、肉を食べてみましょう。遠火で焼いただけに、外はカリっと、中はジューシーになっていることだと思います。ちなみに、この焼き方の順番を守らずに、高火力で焼くとどうなるかというと、表面だけは焼けているように見えるのですが、中は生です。おまけにひっつきやすくもなるので、おすすめはしておりません。また、たんぱく質類はいきなり高温にすることによって、変化に耐え切れず、うまみ成分を逃がしてしまうことになります。バーキューをしてみたものの、あまりおいしくないと感じた場合はこれに該当している可能性があります。これは、注意しておきましょう。

5.そろそろタレつきの肉を焼きましょう
そんなこんなで、そろそろタレつきの肉でも焼いてみましょう。炭火も少し落ち着いてきているので、良い感じに焦げ目もつけることができます。タレつきの肉はバーベキューにせよ、ラストに近づくあたりで焼くのがおすすめです。理由は、先ほども説明しましたが網が焦げやすくなるからです。そんなこんなで、好きな感じに焼いてみてください。なるべくこのときも中心ではなく、外側に配置するような感じでの焼き方がおすすめです。このときに、焼き上がりの違いを比べてみるのも面白いです。

6.焼きおにぎりや焼きそばで締めくくろう
基本的に炭水化物類は最後です。これはバーベキューではなく、焼肉でもそう述べる方が居ます。マナーの問題以前の話で、基本的にお米、パンなどは体脂肪になりやすい食べ物です。即効のエネルギーとして重要視されていますが、恐らくバーベキューはまったりしているので、すぐに炭水化物が必要なほどのエネルギー補強うも必要ありません。食べ過ぎないようにという意味での最後にです。本当に書いているのが正しいことなのか。デマなのではないか、ダイエットカテゴリを見ていただければ一発で分かりますが、筆者の体がこれは証明していると思います。

なんだかんだでバーベキューの焼き方の順番よりこれがいい

ここまでバーベキューの焼き方の順番を紹介してきました。そして、この順番は多くの場合は守られないこともあります。そして、守りたいものの守れない場合もあります。まじめな方であれば、この時点でイラっとくるかもしれません。特に大人数でバーベキューをしていると、やはり豪快に並べまくる人も居ます。それもまたバーベキューの楽しみ方のひとつです。焼き方の順番はある程度守らなくても、実はおいしく食べることが出来るのがバーベキューの醍醐味です。もちろん、焼き方の順番を守った方が、さらにおいしいのですが、大人数であれば難しいこともあります。そして、知識をドヤ顔で語る場所でもありません。さらにバーベキュー好きであれば、ここでもまた違った見解は生まれるかもしれません。そんなことから、なるべく少人数だったり、一人だったりで主導権が握れるような場合にこの焼き方をしてみてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告