バーベキューコンロを自作してみよう!100均で【簡単】

スポンサーリンク

バーベキューコンロが自作できるといいなというようなことを考えている方に今回はその方法を紹介してみたいと思います。特に工具なども必要としません。めちゃくちゃ綺麗なバーベキューコンロを自作しているサイトもいくつかありますが、あれはあれでいいものですが、どうしても一般レベルで考えると、削ったり、切ったり、穴をあけたりなんて工具がそろっていない方も居るわけです。だからこそ、身近にあるもので簡単につくってみればいいのではないかと筆者は感じました。参考になるものはこちらの画像です。

バーベキューコンロを自作しよう

バーベキューコンロを自作しよう

バーベキューコンロを自作するための手順

冒頭で上げました画像は、バーベキューコンロでも簡易的なものになります。そして、実用性もあり、個人でたくさん作っておけば使い捨てにすることもできます。そこで、準備するのはアルミ鍋もしくは、それよりもう少し広いアルミのもの、網、炭が準備するものとなります。かなり、簡単ですよね。もう、それを100均で買ってきたら、組み合わせるだけです。できれば、空気の通り穴ができるように、側面にピックなどで軽く穴をあけておいてください。これだけで、本当にバーベキューコンロとして、活用できるのかというような心配もあるかもしれませんが、管理人はこれを活用することも多々あります。ただ、地面に直接置くのは、ベランダであったりすると、地面が焦げてしまう可能性があるので、何かしらの台を準備しておいてください。これまた、100均で適当な金属の台もしくは、それなりに近場で平たい石を持ってきて、さらに安く解決することもできます。火を扱うので、安定性は重視しておきましょう。

もしくは、すでに使い古したバーベキューコンロがあって、足の部分だけ残っているのであれば、筆者はそこに100均で購入してきたアルミの頑丈なプレートに炭を置いて、皿の部分として使っております。バーベキューコンロが壊れた方であれば、こういった方法で補強してやるのも良いです。こういったやり方で、普通にバーベキューもできるようになります。

バーベキューコンロを自作するなら買うのも手軽

これを言ってはいけないとは思いますが、念のため書いておきます。確かにバーベキューコンロというのは、自作することに夢があったり、それで楽しむことそのものが楽しい、特に意味は無いけど、楽しい。そういった気持ちは筆者も理解しているつもりです。わざわざ面倒ながらも作るというのが、楽しいのです。ここまで書いたものは、実はインスタントバーベキューコンロとして、存在しております。もしくは、使い捨てバーベキューコンロなんて呼ばれることもあります。実際に、場所を取らずに、使うだけ使ったらあとは水をかけて、捨てるだけです。特に家の物置をすでに圧迫してしまっている方であれば、こういったものを自作するか、買うかの方がお得です。自作するよりは、買ったとしてそれはそれでデメリットもあります。もちろん、自作と変わらないほどの安価で済むことが多いですが、着火剤も同時に入っているため、あまりにも早いタイミングで焼くとなると、肉が少々、花火のような臭いになってしまう可能性もあります。また、それなりにしっかりとしたバーベキューコンロなどのグッズを販売している会社でも、実はそういったハズレな部分はあります。だからこそ、そのデメリットを解決した、バーベキューコンロを自作するというのは、賢い考えでもあると勝手に思っております。

バーベキューコンロを自作でやってはいけないこと

バーベキューコンロを自作しているサイトはいくつかあります。ドラム缶、ペール缶、石などあります。やはり、これらを切削するのであれば、それなりに労力や、工具は必要です。それに危険も伴います。そして、行き着く場所は石なんてこともあります。そんな石も場所によっては無かったりして、ブロックを活用することもあるでしょう。しかし、これだけは自作において絶対にやらないでください。コンクリートであれば、爆発してしまうこともあります。もちろん、爆発せず使えているものもありますが、強度においてFc80を超えるとそうなってしまうことがあります。ゆえに、バーベキューコンロを片付けるときに、一旦コンクリートの上に置いてということで、見事コンクリート製の地面が破裂してしまったなんてこともあります。また、そういった欠点があることから、それぞれの本来使うべきところでは、そういったものを防ぐものも入っておりますが、知識が無い方であれば場合によってはやめておいた方が良いかもしれません。そもそも、熱を伝えるために作られているものではなかったりもします。また、筆者が提案した、バーベキューコンロの自作にも欠点があります。特にバーベキューではそこまで気にする必要は無いと思いますが、酸性のものを調理するとなると、底が溶けてしまう可能性があります。こればかりは、どうしようもない部分でもありますので、そういったものを調理する場合には、気をつけておきましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告