運動会のドーピングに役立つものをマジで教える

スポンサーリンク

運動会の時期がやってきました。そこで、学生や大人までも想像するかもしれませんが、運動会に向けてドーピングを行ったらどうなるのかということを書いてみたいと思います。そもそも、これらの情報を参考にする方はドーピングについて知らないこともあると思います。よくある一般的な勘違いと共に、今回は運動会でもできる安全なドーピングについて紹介してみたいと思います。そこまではしないとは思いますが、実際に検査があっても今回は余裕ですり抜けることが出来る方法です。

運動会とドーピング

運動会とドーピング

運動会のドーピングを考える上での一般的な勘違い

さて、あなたは運動会にドーピングをしてどうなるのかと考えて、これから知識を得るかもしれません。今回は、運動会をより厳格なものと考え、ドーピング検査があったとしましょう。そして、あなたは運悪く、運動会の前に軽い咳と微熱がありました。そこで、恐らくこれらを解消するお薬を飲むかもしれません。

はい、あなたはドーピング違反です。スポーツ選手ならば新聞沙汰で世間から叩かれまくるでしょう。

「え?それだけで?」と思うかもしれませんが、実にスポーツ関連のドーピング事情というのは厳しいものです。現役アスリートは、そういったものを飲んだことがないという方も少なくはありません。また、運動会ではなくボディビルダーとかも、そういったものを飲むと失格になることがあります。そして、ドーピングというのにも様々な種類のものがあります。やる気がアップするドーピング、筋肉がつくドーピングなどなどありますが、いずれにおいても本気でトレーニングの類をしなければ、成果は出ません。ドーピングについて、勘違いしている方は、恐らく運動もしなくとも筋肉などはみるみるうちについたり、脂肪が筋肉に変わるというような、とんでもない勘違いをしていることが多いですが、あれは嘘です。様子をそう言っているだけで、脂肪が筋肉に変わることなどありえません。

「じゃあ、そこまで言うお前は何なの?」

そう思われる方も居るかもしれません。筆者がこの記事を読んでいたら、同じことを思います。一応、平均的な体格で言えば、それなりの体格はしていると思います。これらの話題を出す上で、証拠にもなりえると思いますので、筆者の画像を貼り付けておきます。言うまでもありませんが、ドーピングは行っておりません。リスクはもちろんのこと、メリットは感じられないからです。ただ、これから紹介するドーピングは行っているかもしれません。

解説させて頂く筆者の体です

解説させて頂く筆者の体です

運動会でも使えるドーピングテクニック

恐らく、運動会とドーピングを考えた場合、大半の人は運動会までにはすでに1ヶ月もないかもしれません。そんなときにドーピングを行ったとしても、体格はさほど変わりません。筆者も正直なところ、こういった話題に興味がないわけではありません。だからこそ、一般の方よりも調べたり、実際にドーピング経験がある方の話は、よく聞きます。そんなことはさておき、運動会でのドーピングのお話です。これはあなたもすぐに手に入るものですが、カフェインを利用しましょう。運動会の競技の30分前~1時間前にコーヒーを1~2杯飲むだけです。それだけで、かなりの効果を出すことが出来ます。コーヒーを飲んだことがある方は、そこまで効果がないように思えるかもしれませんが、実際にそれを体感するのは簡単です。試しに、腕立て伏せを限界の数までやってみてください。10回もいかないうちに限界、むしろ現役で何かしらの部活をしていて、腕立て伏せは100回いけた方もいるかもしれません。いずれにせよ、限界の数を把握できたでしょうか。

それでは、日を改めてコーヒーを運動30分~1時間前に摂取した状態で、腕立て伏せをやってみてください。恐らく大半の方は、スコアが伸びたはずです。このように、運動会の競技前にこういった効果的で、比較的安全なドーピングを行うことが可能です。また、その他のお薬を使用してまで、ドーピングをしようとはなるべく思わないでください。単純に運動会で勝つということを理由にあげるならば、体への負担がかなり大きすぎるものです。場合によっては、腎臓や肝臓に大きな障害を残したりすることもあるかもしれません。

これがスポーツ選手となれば、生きるため、給料のため、不正でありながらもそういったことをやって、なんとしてでもお金を稼がないといけないという気持ちは分かります。普通のサラリーマンにせよ、生きることには必死です。自分は悪いことをしていなくとも、会社の悪事に加担していることもあるでしょう。そんなことから、ドーピングが完全に悪いことだとは言いません。だからといって、やるべきだとも言いません。運動会で勝つだけの目的ならば、あまりにも無駄すぎる目的です。

そして、多くの方は本当にドーピングできるお薬を手に入れたとしても、本気で運動しようとは思っていないので、筋肉がついたり脂肪が減ったり、持久力がびっくりするほど上がるというわけでもありません。ドーピングをしているといえど、やはり狂ったように限界になるまで運動をする必要があるのです。ドーピングはゲームでいうところのチートみたいな世間の扱いですが、そこまで素晴らしいものではありません。また、これらのお薬が悪いというように、一般的に取り上げられており、果てには事情がわからずに、こういったものは危ないと指摘する人もいます。

危ないことは間違っておりませんが、例えばこういった良い活用方法もあります。例えば、火事で体全身をやけどしてしまいました。そういったとき、人間は想像を絶する痛みがくるのです。そういった苦しみをすぐに回復させるために、一般的にドーピングと呼ばれているお薬を使うことがあります。必ずしも悪者扱いはしないでください。

運動会をきっかけに、少しでもドーピングに対する知識欲を満たせたり、良い方向で活用していただければ幸いです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告