旦那がホワイトデーをくれないもの?詳しく解説!

スポンサーリンク

旦那にチョコなどのプレゼントをした方、ホワイトデーを迎えてみて、くれないというようなことがあるかもしれません。それは、世の中の旦那はホワイトデーでは、実際にくれないところが多いのかということを、男性筆者の意見もまじえながら書いてみたいと思います。実際に旦那と妻での意見のズレもあったりするので、そのあたりを詳しく紹介してみたいと思います。時には、これらの事態を深刻に思っていることもあるかもしれませんが、そうではないということだけお伝えしておきます。

ホワイトデーをくれない旦那について

ホワイトデーをくれない旦那について

ホワイトデーのお返しをくれない旦那は世の中に結構いる

まず、思ったよりホワイトデーにお返しはくれない旦那は世の中に多いです。これらについて、愛が冷めたのかと思ったりするかもしれませんが、大半の男性はホワイトデーのイベントには特別な思いを持っていなかったり、興味がなかったりします。つまるところ、ホワイトデーだからというような特別な意識がないことが多いです。それについては、今日はホワイトデーだからということで男性筆者も特別に思うことはありません。至って普通のご飯を食べたり、普通の生活をします。現在、結婚をしておりますが、ホワイトデーを重視する方にとっては寂しい生活と思うかもしれません。念のためお伝えしておきますが、ホワイトデーやバレンタインデーそのものを否定したり、プレゼントの文化が悪いというわけではありません。お互い気を使って物だけのやりとりなどになるのは、形だけの表現であり、本質的な愛ではないと考えます。これは、現在の妻も同じ価値観であります。だからこそ、筆者の夫婦はホワイトデーやバレンタインデーはありません。もちろん、女性の気持ちも理解しているので、もらったら筆者はホワイトデーを返します。

個人的なレベルのことはさておき、実際に旦那にホワイトデーを渡してくれないというような一般家庭も多いです。それについて、実際どう考えていくべきなのかというのは、それぞれのご家庭によります。ホワイトデーをくれない旦那というのは場合によってはちょっとヤバいことなのではないかなと思いますので、それについての具体例を紹介してみたいと思います。

ホワイトデーのお返しをくれない旦那ってヤバい?

ホワイトデーのお返しがない旦那は実際、世の中のレベルでヤバいのかということについてですが、これは娘が居たりするとまずいかもしれません。ホワイトデーのお返しの重要性だったりは、そういった経験も経て重要であったり、男性との距離感をまずは家の中で学ぶことが、世の中の女性には多いです。バレンタインに何か渡すことで「お父さんが何かお返しをくれる!」と期待をする部分もあるかもしれません。事実、娘として何かお父さんのためにプレゼントやお手伝いをしたりして、その分愛情としてプレゼントが返ってくるのはうれしかったりすることが多いと思います。教育面という意味では、ホワイトデーのお返しをくれない旦那というのは、そういった面でまずいです。夫婦間のやり取りであれば、そこまでまずくはないのですが、教育としてどうかという話です。

これまた、実は世の中難しい話がもう1点あるのです。ホワイトデーにお返しをする旦那だったとしましょう。その点は完璧だったとしても、母と娘が居たら、実はそれぞれで競合してしまうことがあります。母と娘で、その点で張り合ってしまうご家庭もあるのです。ホワイトデーをきっかけに親子の溝が深まっていくというようなお話も実はあります。また、そういった律儀な男性だと、親戚などからバレンタインにチョコなどをもらうことがあるかもしれません。もちろん、律儀なのでホワイトデーにお返しはしたりするかもしれません。そこでまた、嫁サイドがお返しそのものに嫉妬をしたりということもあります。ホワイトデーのお返しをくれないというだけの視点で見てしまえば、よくない部分が目立ってしまいますが、そういった点でも実は世の中で問題が起こっているのです。

これらを踏まえた上で、あなたはどちらが正解でしょうか。これは、ホワイトデーをくれない旦那と、後に相談すべきことかもしれません。

旦那がホワイトデーをくれないから離婚すべき?

ホワイトデーをくれない旦那、そういった方は誕生日プレゼントなどもくれない旦那かもしれません。そういったデリカシーのない旦那については、離婚すべきなのかと思うかもしれません。こちらについては、お互い将来的にもプレゼントを重視するべきであるという価値観の違いが旦那と生じてしまって、別れたいのであれば離婚はすべきかなと思います。ただし、筆者は一つ屋根の下で暮らす相手です。あまりお互いに気を使わない自由な生活を好みます。これは一人の男の意見です。ただし、そうではない方もいるのも事実です。そういった関係もあってか、お互いに価値観がある程度理解できないのであれば、他の点でも苦しむかもしれません。夢にまで見ていた結婚生活のはずなのに、ホワイトデーをくれない旦那という些細なきっかけかもしれませんが、あなたが苦しんでいるのであれば、離婚も視野に入れてみても良いです。また、改めて結婚をしていれば、その時はいくら完璧で魅力的な男性であっても、旦那になればやはり悪い部分は見えてくるかもしれません。そういった悪い面もあって、旦那を許せるのか、本気で許せないのか。繰り返しますが、ホワイトデーに旦那がくれないのは、些細なきっかけでしかないと思います。その点を含めて、改めて考えてみましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告