ホワイトデーのお返しでNGなことを集めてみた【男必見】

スポンサーリンク

ホワイトデーは、バレンタインに対するお返しのシーズンでもあります。そんな時NGなことをしている男性が居ますので、それを紹介してみたいと思います。これは、実際に男の筆者が体験したことだったり、何とか男が言うことで説得力もあると思いますので、そんな視点からNGを書きます。途中、お読みの男性が気に食わないところもあると思いますが、理由がありますので具体的に何がNGなのかということも、ホワイトデーでのお返しを選ぶ前に参考にしておいてください。きっと役立つはずです。

こんなホワイトデーのお返しはNG

こんなホワイトデーのお返しはNG

ホワイトデーにお返し!NGなことはこれだ!

■そもそもお返ししない
まず、ホワイトデーのお返しでNGなことは、そもそもの意味でお返ししないということです。めんどくさい、恥ずかしいといったお返しをしない状態でいると、あなたが思ったより女性は本気でブチキレます。それだけに、これから書くNGなことにめんどくさいということは感じても、お返ししないというような選択肢だけは絶対に避けてください。それでも次から次へとホワイトデーには無理難題を吹っかけられるのは男の筆者も承知済みです。だからこそ、男性諸君はうまくやっていきましょう。

■小さなものにもお返ししないとNGになる
例えば、数十円程度のバレンタインのチョコなどをもらうこともあると思います。実は、女性はそういったことに対してお返しを求めていたりします。「本当か?」と思われる方は、職場や学校での女性同士のお菓子のやり取りを見てください。何かしら小さなものでも、やはりお返しはしています。果てにはラッピングなり、ちょっと見栄を張ったりというような、黒いものが見えるかもしれません。それくらい、重要視されているので、小さなものであってとしてもホワイトデーにお返ししないとNGになってしまいます。

■紹介サイトを真に受けるな
なんだかんだ、前述二つは当たり前のことでここからが本番です。あなたは、恐らくこのサイトを含め、ほかのサイトでもホワイトデーのお返し特集なるものをたくさん見たかもしれません。あれこれ良さげなことが書かれていたりします。事実、良いものもありますが、紹介を真に受けてはいけません。女性はどれだけ考えて選んでくれたかを重視します。例えば、有名なチョコレートが販売されていて、それがホワイトデーのお返しにおすすめと書かれていても、それを選ぶと不満を持つ女性が居ます。それは好みだったり、好きなものを考えてくれていないということで、むしろ嫌がる方も居ます。いつの間にかNGパターンに入っていることです。

■あなた自身はホワイトデーのお返しにならない
カップルだと「ホワイトデーのお返しは俺や!」と言う方もネタだと今まで思っていましたが、本当に居るようです。お互い見栄えで付き合っていたりするようなパターンじゃない限りはやめておきましょう。試しにジョークで、そんなことを彼女に言ってみてください。作り笑顔はしてくれるかもしれませんが、一瞬顔が強張るかもしれません。本当にNGなので、これはやめておきましょう。何かしら立派なものではなくともいいので、考えたものをお返ししてみてください。本当に実行すれば、後の対応でNGだったということが分かるはずです。

■高すぎるもの
ホワイトデーのお返しで、それなりに高いバッグやアクセサリーを求めている方がほとんどというわけではありません。あれは一部の卑しい女性が広めた噂です。そして、何より現代は男女が平等に生きるべきと言われている世の中でもあります。そんなことから、高すぎるものは必然的にNGと認識している女性も居たり、恐縮したりするので、やめておきましょう。義理であってもそんな高いものを渡してしまうと、むしろ友達としてでも距離を置かれたり、アッチ目的なのかと思われてしまったり良くないことだらけです。

■花、ぬいぐるみ、アクセサリーは要注意やで!マジでマジで!
さて、ホワイトデーのお返しでNGなのはアクセサリーやぬいぐるみ、花です。もちろん大好きである確証があったり、お互いそれが趣味だったりで価値も分かっていたり、意味もあるというのであればホワイトデーのお返しにはむしろ良いですが、雰囲気だけで選んでしまうとNGになったりします。女性もなんだかんだ花より団子です。男性よりは、綺麗だと思ったり、素直にうれしいということもあるかもしれませんが、割合として多いだけの話であって、女性でも少数だったりします。よほどの趣味ではない限りはやめておきましょう。花はプロポーズするときくらいにしてください。

■実用性のあるものは男にしか受けないんやで
ホワイトデーのお返しで、NGになってしまうものはほかにもあります。これならば、お返しする女性も喜ぶだろうとチョコやクッキーなどのお菓子以外で選ぶと、嫌がられてしまう傾向にあります。また、ダイエットグッズなどホワイトデーも含めてお返しする方もいますが、これまたNGになってしまいます。女性は怒ってしまうかもしれないので、そういったプレゼントは現実主義の男性くらいの間にしておきましょう。われわれの常識は女性には通じないのです。

■義理のお返しは物はNG
義理でのホワイトデーのお返しは、物を渡すのはNGです。具体的に置物だったり、アクセサリーだったり残るものと言い換えたほうが分かりやすいかもしれません。ホワイトデーのお返しは、基本的に食べたりしてすぐになくなるものだったり消耗品にするようにしましょう。会社の関係で、チョコとか難しいのであれば、おしゃれなコーヒーとかだったりもおすすめです。以前どこかの記事でおすすめしましたが、イニックというオーガニックコーヒーは見た目も綺麗で、それなりに評判もあったりします。

■高校生以下だと意味も考えよう
さて、ホワイトデーのお返しで高校生以下、高校生もちろん含みます。そうであると、意味も考える必要があります。女性は占いのようなものが好きなこともあるので、このあたりでホワイトデーのお返し内容によっては、告白していると取られたり、義理であると解釈されたりすることもあります。もちろん、大人になったらそんなことはめんどくさくなって、考えなくなる方も少なくはないです。好きでバレンタインに渡しているのに、ホワイトデーで俺も好きだよってお菓子で表現したところで、何も進展はありません。

■本命は場所を考えてお返ししよう
ホワイトデーのお返しで、本命に告白も考えているのであれば、あまり考えられていない場所はNGです。さすがに、ドブ川の横で告白されてしまっては雰囲気もなにもありません。せめて、ちょっと景色の良いところだったり、落ち着けるような時間を選んでください。ホワイトデーのお返しで、本命に渡すのであれば、二人っきりというところも重要です。人が見ているような場合だと、お互い落ち着けなかったりします。さすがに、そこまでのことはしないと思いますが、何せ場所とタイミングは考えておいてください。

■ブランドに気をつけろ
ホワイトデーのお返しでNGなことはまだあります。それは、ブランド物です。ゴディバだったりすると、脈ありなのかなと思わせたりしてしまうこともありますので、なるべくほかのメーカーを選んだりしましょう。ジョークと思われるかもしれませんが、毎年のことながらここで悩んでいる方も居たりします。明確な決まりがないところがホワイトデーの面倒なところでもあるので、男性なりにNGなことを把握しておいて、うまくやっていくしかないのが現状です。めんどうかもしれませんが、今年もうまくやっていきましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告