ホワイトデーのお返しを聞くのってあり?女性の意見!

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しというと、男性側はネットの記事などを参考にしても、中々良いものが見つからないというようなことはないでしょうか。そんなときにホワイトデーのお返しを聞くのはありなのかというような疑問も浮かぶかもしれません。これは聞く相手によって正解が異なってくるため、自分がお返しする彼女や義理などのことに当てはまっていないか考えながらお読みください。

ホワイトデーのお返しを聞くことについて

ホワイトデーのお返しを聞くことについて

ホワイトデーのお返しを実際に聞くのはOKなのか

実際にホワイトデーお返しを聞くかどうかと迷っているのであれば、まずはお返しする相手が問題になります。彼女なのか義理なのかということにもよりますが、まずは義理であればホワイトデーのお返しは聞くというよりは、とりあえずはお返しするというような感じで、お菓子など残らないものを選んでおけば問題ありません。こういった場合に聞くといっても、親密な仲ではなかったらどうしても遠慮してしまいがちです。それだけに、とりあえずの形で大丈夫です。

次に、彼女にホワイトデーのお返しを聞くのはどうなのかという方も居ると思います。これについては、まずは彼女がサプライズが好きであるかどうかです。もし、これに該当しているのであれば、ホワイトデーのお返しを聞くというのは、ちょっとがっかりさせてしまうかもしれません。なおかつ、何かしら一番考えないといけないです。以前からほしいと言っていたものだったり、食べたいなというものがあったらそれを思い出してサプライズにしてみましょう。特にそういったタイプではなく、ホワイトデーのお返しは何が良いかという場合であれば、素直に聞くのはおすすめです。むしろ、趣味に合わないアクセサリーを渡されたり、思ってもないものをプレゼントされてしまうよりは良いというようなポジティブな考え方です。また、聞くというだけではなく、ホワイトデーのお返しのプレゼントを一緒に選んでほしい女性もいるので、そのあたりの気持ちは汲み取って、めんどくさがらずにデートに行きましょう。

また、義理や彼女へホワイトデーのお返しは何が良いか聞いたり、プレゼントの予算の参考としては、大体もらった金額と同じか、もうちょっと上くらいの出費になることが多いです。これは、年代などによって異なるかもしれません。ホワイトデーのお返しで聞く場合でも、3倍返しを求めていることは、若い方であれば、現代は少ない傾向にあるのでご安心ください。そういった方はどんな方なのかと興味が出てきたならば、それを記事にしてみましたのでこちらも参考にしてください。

ホワイトデーに3倍返しは必要なのか【朗報】

思ったよりホワイトデーのお返しについて聞くのは問題ない

そんなことから、思ったよりは女性は全体的にホワイトデーのお返しを聞くということについては、否定的な意見を持っていない傾向です。むしろ、聞いてくれるほうがいいというような考え方が増えてきました。あらかじめ聞いておけば必要な予算も分かったりします。聞くならば、前もって早くしておきましょう。予算の準備の関係もあったり、いきなり想定外の値段を言われても困ると思います。また、言われたとしても「たけーよww」というような感じで、ジョークでその場を流しておくか、それはまた今度にしようという感じで、その場を切り抜けても大丈夫です。たまに3倍返しを本気にしている方が居ます。居ても問題はないのですが、あまりにも早く付き合っている1年以下の場合ならば、お互いのことを知るためにもっと予算を別のところに使うべきです。あまりにも高すぎたり、お互いの考え方が違いすぎるとホワイトデーは特にどちらかがどちらかに不満を持ったり、実際にトラブルになりやすいです。それをどう解決していくべきなのか、聞くということができたならばもう一歩前に進んでみましょう。

ホワイトデーのお返しを聞く?もし、カップルなら話し合いも必要

毎年のことながら、バレンタインにホワイトデーということに、疲れている男性も居ます。いずれにおいても特別な気持ちがあれば、そうは思わないかもしれません。しかしながら、イベントに対して興味がない男性の方が多いのです。何せ、チョコなどのスイーツやファッションの興味がないのに、バレンタインにプレゼントされ、お返しにまでそれなりの予算を使わないといけないというのは、女性と同じく男性も不服な部分があるかもしれません。それだけに、やはりバレンタインやホワイトデーはお返しを聞くことで不快にならないような仲であれば、もうちょっと簡素なものにして、誕生日や普段のデートをちょっぴり豪華にしたいなど言い訳にしておけば、女性も不快には思わないはずです。また、これらの相談をするにしても、一旦は今年のホワイトデーのお返しは聞くものとして、後日話しやすいタイミングで、相手がホワイトデーやバレンタインデーに対してどのような価値観を持っているのかということを知っておきましょう。温度差がありすぎると、喧嘩になってしまうこともあるため、まずは、彼女であれば価値観を理解してあげましょう。話し合いで、序盤から「ホワイトデーってなんかいやしいよな」みたいな否定だけ早めてください。あくまでも「バンタイン、ホワイトデーについてどう思う?」と彼女の意見を聞きだしましょう。その上で、お互い今後どうしていくかというのを決めてみてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告