ホワイトデーに3倍返しは必要なのか【朗報】

スポンサーリンク

ホワイトデーというと、ところどころでお返しについて調べている方は、「3倍返しが常識でしょ!」なんて書いている方も見かけます。本当に3倍返しがホワイトデーで必要なのかということを書いてみたいと思います。もちろん、結果だけさくっとここでお伝えしたいところなのですが、様々な要因が絡み合っていて、あなたが相手にする年齢によっても常識が違ってきたりします。最近の傾向と共に、ホワイトデーについて男性の方は考えてみてください。また、個人的な調査を行った結果も書いております。

ホワイトデーの3倍返しについて

ホワイトデーの3倍返しについて

ホワイトデーに3倍返しは必要か?

さて、ここで総合的な結論を書きます。ホワイトデーにおいては3倍返しは現代においては必要ではありません。そういうより、3倍返しをホワイトデーに求めている女性はかなり少ないです。特に義理においては、むしろ同じ値段で返してくれたらいい、3倍返しはやりすぎだという意見が多かったです。本命においても同じような意見である方が多く、ホワイトデーには3倍返しはしなくとも良いというような意見でした。ただし、ちょっと世の中の彼女は違う意見を持つこともあります。ホワイトデーには3倍返しとはいかなくとも、最悪の場合でも同等の金額程度、もうちょっと出してほしいかなというような意見が多かったです。好きな男性だから、いっぱいホワイトデーにお金を使えというわけではなく、多少の見栄は彼女に対して張ってほしいなというような納得のいく考えもありました。そんなことから、ホワイトデーには、義理や本命チョコをもらった人にはなるべく同じ金額であること、彼女にはもうちょっと特別な感じを演出するために、少しは張り切ってほしいかなという女性サイドの意見でした。間違っても、バレンタインにもらったチョコやプレゼントが1万円程度なのに、1000円程度というのはやめておいた方が良いです。

ただ、ここまで書いたことはある程度社会に出て稼いでいるという前提の話です。これが学生であれば3倍返しどころか、同じ値段でホワイトデーにお返しをすることも難しいかもしれません。まだまだ、親元で育っていて正社員だったりアルバイトだったりをしている方は少ないかもしれません。なるべく同じ値段で義理や本命にお返しはしたいところですが、気持ちがこもっていれば良いです。また、彼氏彼女のカップル関係であったとしても、ホワイトデーに3倍返しはやりすぎです。本当にやるとしても、それなりに自分が稼ぎ出してからでも良いです。

それでも、ホワイトデーに3倍返しを求める層も居るよ

それじゃあ、何でインターネットではホワイトデーに3倍返しを求めるのかと疑問になるかもしれません。実は、男の筆者もこのあたりは疑問でした。実はホワイトデーには3倍返しは基本であって時代も確かにあります。それはなぜ言われていたのかというと、日本は昔に比べて女性が社会に参加する機会が少なかったり、実際に男女で収入の格差というのは今よりびっくりするくらいハッキリと出ていたこともありました。だからこそ、ちょっとでも不公平を無くしたり、そういった景気の良かった時点の名残で言われているのかもしれません。年齢にして40代後半くらいの人がそういった意見を持つ傾向にあります。つまるところ、質問サイトやSNSで3倍返しは当たり前でしょと言っているのは、言い方は悪くなってしまいますがおばさん連中が言っていることになります。その時代で育って今までホワイトデーがやってきたので、それが常識なのかもしれません。また、実は若い方でも似たようなことを言うことがあります。それは、インターネットに影響されすぎた女性、そういった考えのもと育った女性です。ただ、現代においてはホワイトデーの常識は貸しとは違うので、3倍返しの常識を気にする必要はありません。

ホワイトデーを3倍返しと言っている人は女性から見てどう思われるか

さて、時代が変わり、ホワイトデーも3倍返しをする時代は終わったと書きました。それでもなお、インターネットやリアルを含め、ホワイトデーに3倍返しを平気で求める小数の方が居ます。実はそれに対して、同じ女性はどう思っているかというところも気になることだと思います。はっきり書きますが、かなり同じ女性に嫌われている傾向にあります。筆者もアンケートをとっていたり、3倍返しは基本ではない、むしろ恐縮してしまうという方に、それでもなお3倍返しを求める女性が居るのはなぜだろうかと聞くと「あれは同じ女から見ても寒いですよ・・・(苦笑)」とのことでした。

ただし、これは男性もよく考えてほしいのですが、恐縮してしまう反面、ホワイトデーではなくバレンタインで高価なものをホイホイもらったら、それはそれでうれしいことだと思います。同じく恐縮してしまったり、後から何かあるのではないかと勘ぐってしまうかもしれません。うれしいけど複雑な気持ちというのが、男性の意見だと思います。それは、現代のお若い女性でも同じ意見だったりします。さらに、ホワイトデーやバレンタインデーに関しては、企業がそろって無駄なことはやめようと言っていたり、そういった何の根拠もなく広まった常識でスイーツ関連の業界の評価も下げたくなかったりするのかもしれません。

最後にですが、ホワイトデーがそれでも3倍返しと言われる根拠を考えてみました。これは、恐らく売り手の策略ではないかと考えました。そして、この手の情報を信じさせやすいのは残念ながら女性です。それを聞いた男性も真に受けたりしやすく、我々は情報に流されやすいのかもしれません。そして、ホワイトデーというのはバレンタインと比べても関連業界の売り上げが悪かったりします。だからこそ、こういった根も葉もないような情報を広めたり、サイトで何かしらアフィリエイトリンク経由で売りたいのでそうしていることもあるのかもしれません。そう考えるとホワイトデーの3倍返しというのはちょっと闇の深いものです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告