ホワイトデーがわからないあなたに本気で解説!【男性必見】

スポンサーリンク

ホワイトデーについて、いろいろとわからないという男性に向けて、今回はホワイトデーに関する極意を筆者がお伝えしたいと思います。そういう筆者も男なのですが、過去の経験だったり、実際に調査してみた結果から得られたものです。さらに、やっぱり書き手で男性が男性に伝えること、女性が男性に伝えることで何だか意味も違ってきます。それだけに、なるべく男性には不快感を与えない男性向けの言葉で書いております。女性はホワイトデーがわからない男性の記事を読んでも起こらないでください。もしくは、ブラウザのバックボタンをどうぞ!

ホワイトデーがわからないあなたに

ホワイトデーがわからないあなたに

ホワイトデーがわからないあなたに1から10まで教えます

■一般的なホワイトデー特集サイトは参考程度に
さて、すでにもう検索したかもしれませんが、なんとなく無数に広がるホワイトデーの特集をわからないなりに眺めたかもしれません。すでに、あなたにとって立派に映るチョコなども発見したかもしれません。しかしながら、そこで選んだとしても特にそのホワイトデーのお返しをする女性が親しければ親しいほど、あなたに不満を持つかもしれません。理由は、考えて選んでいないからということです。それでは何を選べば良いのか、彼女や友人が前から食べてみたいと言っていたチョコなどを選んでみてください。

■お返ししないのだけはやめとけ
すでにめんどくさいと思ったかもしれません。わからないからやめたというのは、義理でも本命でも彼女でも最悪な結果を生み出してしまう可能性があります。それだけにお返ししないということだけは絶対にやめておきましょう。おそらくここを読んでいる方は、お返しの意思があるかもしれません。そうではないならば話は別で、それなりに対処法もあるのですが、基本的にはお返しは行っておきましょう。それがマナーであると考える女性も多いです。男性はそのあたりは気にしないことは多いのですが。

■彼女ならばぶっちゃけ聞くのはあり
ホワイトデーがわからないので、彼女に聞いてみるのはどうなのかということもあるかもしれません。これは意外にもありです。いらないものをプレゼントされるよりは良いということで、あなたがホワイトデーにお返しをする相手が彼女であれば、どうしても考えてもわからないということで、伝えて一緒に買いにいきましょう。これが義理だったり本命だったりであれば、あなたなりに選んだほうが良いです。何にせよ、女性へのプレゼントというのは意外にも難しいのです。だからこそ、疲れている女性も実は世の中に多いです。

■3倍返し?4倍返し?
ホワイトデーのお返しは金額として3倍返しなのか、4倍返しなのか、そういったところもわからないかもしれません。基本的には義理や本命ならば等倍返しくらいで大丈夫です。こういった価値観があるのは、昔は事実として女性が社会に参加しにくかったり、収入にもかなりの開きがありました。現在でも、やはり様々なリスクを考えて、つける役職の差もあります。しかしながら、女性も声を上げ社会に参加しやすい時代がつくられたので、これらの理由から3倍返しでも4倍返しでもなくても大丈夫です。それでも何か文句を言うのであれば、同じ声を上げた女性か社会を恨んでもらってください。

■高すぎるのはいまどきNG
ホワイトデーのお返しは、わからないなりに高かったりするものを選ぶかもしれません。しかしながら、それはNGです。重苦しく感じることがあるからです。前述のような3倍や4倍のお返しは、比較的昔の女性が持っている価値観でもあります。現代の感覚であれば、あまり高すぎるものをもらっても恐縮してしまうというような女性も少なくはありません。それだけに、高すぎるものだけはやめておきましょう。本当にNGです。下手すると、今夜は帰してくれないのだろうかと思われたりします。

■アクセサリーとかもやめておこう
ホワイトデーがわからないということで、アクセサリーや香水、バッグなど選ぶこともあるかもしれません。高けりゃなんでもいいというようないやしい考えをもった女性も居るには居るのですが、同じ女性から見てもなんだか敵のような存在になっているようです。また、必然と高くなってしまうので、わからないならばアクセサリーを選ぶのもやめておきましょう。これが彼女であったとしても同様で、特にあなたがファッションに詳しいというような場合を除いて、そういったものをお返しに選ぶのは不満をもたれてしまいます。

■手作りはOKだけど気をつけろ
わからないということで、ホワイトデーは手作りにすることもあるかもしれません。もしくは、彼女の関係を超えて嫁に出すこともあるかもしれません。共同生活の場合はまな板や調理代を指紋1つ残さない勢いで拭いて後片付けをしてください。また、翌日のことを考え、にんにくたっぷりの料理などは控えておきましょう。やはり、体の構造もあり、免疫力もあります。それで、女性が綺麗好きというのは当然のことでもあります。そこは、男なりに理解してあげると本気で喜んでくれるはずです。

■残るものは義理にはやめよう
ホワイトデーがわからないということで、残るものをお返しに考えているのであればやめておきましょう。これが親友であったり、彼女であったりならば問題ありません。しかしながら、趣味ではないものをプレゼントされたりすると相手も反応や置き場所に困ったりします。このあたりは男女間でのお返しのマナーとなっているので、本気で気をつけたほうが良いポイントです。男同士ならば、これが物であったとしても喜んでくれることは多いのですが、今回は男女間ということで、女性の価値観も理解する必要があります。

■実用性のあるものは女性ウケしないぞ
なんとなくお分かりいただけたかもしれませんが、ホワイトデーにするお返しで、実用性のあるダイエットグッズだったり、日持ちする食料だったりもあります。いろいろな意味で野生的な考えに基づいた、男性としては間違っていない行動なのですが、ホワイトデーのお返しでそういったものは実は女性は嫌う傾向にあります。ムードや見た目、何より気持ちを大事にすることがほとんどです。だからこそ、冒頭で特集サイトは参考程度にと書きました。わからないということで、男性の価値観で行くと思わぬ反応をされてしまうことになります。また、ハンドクリームなども良いのですが、考えすぎる女性にはむしろ手が汚いと言われていると暗に受け取ってしまう方もいるので、そういった女性には要注意なのです。

■アレ系のものは彼女でも渡すな
さて、これは思ったより重要なことです。彼女ととても仲の良い感じで、あなたにベタベタだったとしても、アレ系のものは渡さないでください。わからないなりにでも、彼女はこういったものを喜ぶかもしれないと思ったら、ここはちょっと違います。男の感覚では、もちろんそういったものを解消するものをもらえたらうれしいと思います。それに関連する身につけるものもやめておきましょう。いずれにせよ直球では書けないものばかりですが、ここはそれ以外のもので気持ちと見た目の両立を目指して選びましょう。

■総合的にわからないなりにしっかりと選ぶ方法
結局何が言いたいのかわからないと頭を抱えだす男性も出てきたかもしれません。問題はとてもシンプルです。上記のことを守って、前からその女性がほしいと思っていた物を彼女に、スイーツだったりは義理や本命にということでお返しをすれば良いのです。また食べ物の好みも知っておいてください。あとは、それなりに考えたというのであれば、問題ありません。ここができれば考えていることにもなるからです。男性と違って、わからないしめんどくさいと思うのも仕方のないことですが、なるべくここで学んだことをホワイトデーでのお返しに活用してみてください。少なくとも彼女が怖い顔にはならないはずです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告