ホワイトデーをねだる方法!そもそもこれはありなの?

スポンサーリンク

ホワイトデーをねだる方法について、今回は書いてみたいと思います。その前に、ホワイトデーをねだるというのは、そもそも男性にとってありなのかなしなのかということについて男の筆者が書いてみたいと思います。また、やり方を間違うと相手に不快感を与えてしまうので、そのあたりは気をつけてください。悪用についても、厳禁なのでなるべく今回の方法は使わない方が良いです。なんだかんだで、興味のある方は特に後半の方を参考にしてみると結果的にねだることができるかもしれません。

ホワイトデーをねだる方法

ホワイトデーをねだる方法

ホワイトデーをねだるのはあり?なし?

まず、ホワイトデーについてですがねだるのはありかなしかと問われてみると、これは相手が義理なのかすでにカップルなのかということで、かなり意味合いが違ってきます。義理については、基本的にねだるのは良くないです。ここは、お返しが目的だったとしてもそれなりに条件が一致する相手を選ばなければなりません。チョコや何かをあげたからといって、それ以上何もなかったらねだると逆にうっとうしく思われたり、既婚者であれば相手の妻だったりが出てきて、最終的に女性同士のバトルに発展しているのも見かけたことがあります。義理はなるべく、相手を見てねだるなら渡しましょう。次に、カップルですが、この場合でもあからさまにねだるというのは、おすすめしません。なんだかいやしい印象を与えたりしてしまうからです。嫌われるというよりは、個人的な男の筆者の意見を述べてみるとなんだかちょっと可哀想になってきてしまいます。生活に苦労しているのかと思ったり、心ではなく物でつながったりの関係なのかと思ったりもしてしまいます。これは、個人個人の価値観があるので、ねだるのがダメだと書いているわけではありません。なんだかんだの話で、ねだるわけでもなく、ホワイトデーにお返しがあるのは女性もうれしいはずです。少なくともお返しがありかなしかで問われてみると、見返りを求めていないにしても、やはりあった方がうれしいと思うはずです。

ホワイトデーをねだる究極の方法はイイ女になること!?

さて、ホワイトデーをねだる方法というのは、実は簡単なのです。男性に、思いっきり言葉にしてみたり態度に出してみたりすると、大半の方はねだる行為をしているんだなというようなことは、察しがついています。ただし、前述したようにいやしい行為であるととらえられることが多いです。それではどうすればいいのかというと、ホワイトデー手前だけでもいいので、良い女を演出しておきましょう。これは、言い換えてみると老人に感謝の気持ちを持てと言われているのと似ています。本当に感謝をしているような老人であれば、恐らく誰に言われなくとも感謝は精一杯示すことだと思います。それと同じで、ホワイトデーのお返しをねだるというのは、直接的な表現をするのではなく、いかに相手にとって自分が良い女であるかということを最大限にアピールしておきましょう。そうすると、恐らくほとんどの男性はねだることなくホワイトデーのお返しをしっかりと考えて持ってきてくれるはずです。もし、ねだる状況じゃないといけないというような場合だと、カップルが成立して期間が浅すぎたり、信頼関係がまだ深まっていないのかもしれません。反対に落ち着きすぎても、ホワイトデーをお返ししない彼氏も居るので難しいところですが、いずれのパターンにせよ、相手にとって良い女であることを見せておきましょう。たったそれだけです。あなたは何も言わなくて大丈夫なのです。

義理で、ねだる方法は、良い女でも手前に条件がつきます。具体的な文言は避けるものとして、要するにギブアンドテイクが成り立つ、ホワイトデーのお返しを簡単に求めることができる都合の良い関係です。なんだか分からないというような、学生の方はあまり気にしなくて大丈夫です。このあたりには、ほかにも責任が生じてしまいます。ただし、義理であって、男の筆者がそれに乗るかというと、それはまた話が別です。だからこそ、ホワイトデーのお返しを義理で狙うのであれば、相手を選べということを書きました。このあたりは察しの良い女性ならば、なんとなく分かったかもしれませんし、あまり直球表現も好きではないので、ここで話題を終わりにします。

どうでもいいなら、強制的にホワイトデーをねだると良いよ!

そんなこんなで、付き合っている相手だったり、義理の相手に対して、今後関係性についてどうでもいいと思われているのであれば、むしろホワイトデーはこれがほしいとねだることをしてみましょう。その代わり、渋々お返しはしてくれたとしても、次はあるかどうかは分かりません。下手すると避けられたりすることもあるので、かなりリスクの高い行為です。ほかのサイトに書かれているようなことを試すのも良いですが、どれだけ控えめにねだることをしたとしても、やはりネガティブイメージを与えつけてしまう可能性はとても高いです。だからこそ、ホワイトデー手前だけでも良い女を演出するか、それとも都合の良い女を演出するかなのです。サンタさんが来る手前におりこうさんにしているのと同じ理論です。正直書いていて、所々まずいことを書いているなというのは、筆者も承知済みであります。だからこそ、悪用はしないでください。本来、ねだるようなことをしなくとも、お返ししたくなれるような女性になると良いです。今後は、本当の意味でカップルの方は愛を深めてみてください。義理は好きにやってください。以上です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告