ホワイトデーにご飯のお返しは脈ありか?【男が解説】

スポンサーリンク

ホワイトデーがやってきて、ご飯のお返しがされることもありません。そんなときは脈ありなのかどうなのかということについて、書いてみたいと思います。結果からちらっと書いてみると、ホワイトデーにご飯のお返しはちょっと期待してもいいかもしれません。ただし、いくつか注意しておくこともあります。それらについて書いていきますので、前半だけ読んで舞い上がってしまうのはやめてください。世の中実際、ニュースレベルで残念なこともありますので、良い面も悪い面も把握してください。

ホワイトデーのお返しがご飯は脈あり?

ホワイトデーのお返しがご飯は脈あり?

ホワイトデーにご飯のお返しは脈ありなことが多い

まず、実際にどうなのかというと少なくともホワイトデーのお返しがご飯である場合は、あなたに興味を持っていることが多いです。筆者を含め、男性というのはびっくりするほど女性に対して正直な反応をする生き物です。それだけに、ホワイトデーのお返しがマカロンだったり高級チョコだったりというよりは、ご飯でお返しをして、あなたの様子を見ていたり、告白を考えているかもしれません。義理でもホワイトデーのお返しがご飯であった場合には、義理だけど自分にもチャンスはないかなということで、お手軽にご飯に誘っている方も居ます。少なくとも、大半の場合のホワイトデーのお返しがご飯というのはマイナスなイメージではないのでご安心ください。ホワイトデーだから特別というような感情は男性にはありません。つまるところ、ここを女性にわかりやすく書いてみるのであれば、なんでもない日に脈ありでもなんでもないような男性をご飯に誘おうと思うでしょうか。多少は何かしらの好意があると思います。それと完全ではないですが、似たような感覚です。少なくとも、いやな相手とご飯を食べようなんては思いません。そうすると、ちょっと気分も上がってきたのではないでしょうか。しかし、ここであまりにも期待していると落ち込むこともありますので、大半の男性がホワイトデーのお返しをご飯にして、起こることを紹介しておきます。

ご飯がホワイトデーのお返しでもその後は・・・?

まず、ご飯がホワイトデーでのお返しだったとしても、基本はそれ「だけ」がホワイトデーのお返しであると思ってください。その後に花束やチョコなどは出てくることは少ないです。これが彼女であれば別の話かもしれませんが、脈ありかどうかということを考えている時点で、基本的にはホワイトデーのお返しはご飯のみです。特にこのあたりは慣れていなかったり、実際の大半の男性について知らなかったりすると女性側が落胆してしまう可能性があります。それに、女性といっても十人十色の考え方を持っており、ホワイトデーにディナーなどのご飯のお返しの他、チョコにアクセサリーに花束なんてことになると、やりすぎだと感じることもあります。お読みのあなたもそうかもしれません。実際にドン引きしてしまうこともあると思いますし、何より重い感じもします。そんなことから、ホワイトデーに過度な期待を抱いているのであれば、基本的には脈ありかどうかもわからないという程度の相手であれば、ご飯のみのお返しであることを知っておきましょう。

ただ、そんな中でもやはりホワイトデーのお返しはご飯に加え、花束だったりアクセサリーだったり、高級チョコだったりプラスして渡してくれることもあるかもしれません。実は、そういったときほどかなりの警戒をしておきましょう。相手も見た目があまり悪くはなく、むしろ過去に1人~2人程度は女性と付き合ったことがあるだろうなと思う方は、次に該当します。むしろ、女性そのものと付き合いなれていなかったり、ホワイトデーが初めてだったりすると、ネットに書かれた意見をそのまますべてホワイトデーに詰め込むなんてこともあるかもしれませんが、その場合は例外です。何にせよ次に書くことがあなたの身を守るためにとても重要な考え方です。

ホワイトデーにご飯のお返しと見せかけて実は!?脈ありではないこと

ホワイトデーのお返しで、あまりも素敵過ぎるディナーだったり、プレゼントだったりがそろっていて、それなりの雰囲気も考えてくれる良い男性が居たとします。もちろん、そんなホワイトデーというのは女性にとって恐縮ながらもうれしいという感覚もあると思います。筆者も男ですが、そこまでされると自分が女性ならば前述したような考えを持つかもしれません。しかしながら、その雰囲気でごり押しして、実はあなたと付き合ったり、脈ありというよりはアッチの方が目的だったりすることもあります。事実、プレゼントやご飯だけに反応しやすい女性というのは、慣れている方ならばすぐに見抜いて、ホワイトデーにわざとそういったものを準備して狙いにいくことがあります。そして、女性もそんな男性の汚いところを見て、引くに引けなかったなんてこともあります。筆者はこのようなことはしませんが、似たようなエピソードを聞いたときには、ゾッとしました。ホワイトデーのお返しにご飯に誘われたからといって、警戒する必要はありませんが、あまりにも女性の好みの雰囲気やプレゼントのパターンを的確に見抜いていたり、感覚的に怪しいなと思ったら、ご飯だけは食べて他は断っておきましょう。

また、その際に自分の情報交換などをするかもしれません。LINEやメッセージや電話番号、名前などです。これらについては、話しているうちにわかることもあるかもしれませんが、相手は偽名を使ったり、うその電話番号を教えたりすることもあります。そういった場合にはやはり足がつかないようにしているので、アッチが目的だったりします。最悪の場合には、素敵なディナーにちょっと一杯というところで、眠くなるブツが入っていたりすることもあります。そもそもの意味で、これまで自分に友達からでも興味を持ってくれていなかったのに、あれこれと尽くしてくる人で、女性の付き合いも少なからずありそうな方は本当に要注意です。

ここで、あなたがいくら自分の正当性を訴えたとしても、周囲は同情しながらも助けてくれることはありません。そういったことで、警察に相談に言ってもうやむやにされることもあったり、最悪の場合は被害にあったとしてもむしろ、あなたが責められたりすることもあります。そういったことを事前に見抜いておく必要があります。ここまで状況が揃っていれば、脈ありではないということにさすがに気づくと思います。どうしても引くに引けないような状態で怖いのであれば、さくっと帰ってください。また、なるべく人も多いような時間帯に帰ることをおすすめします。あまりにも深夜まで長引きすぎると、さらに助けてくれる人も少なくなります。通報したところで、到着まで数十分ということも当たり前です。ホワイトデーのお返しがご飯というのは、うれしいことです。大半の男性はそんな汚い考え方をしませんし、思っていたとしても実行はしませんが、本当にネジが外れたお猿さんも居るので気をつけてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告