ホワイトデーを忘れてた時の対処法【必見】

スポンサーリンク

ホワイトデーになってというより、過ぎたあたりでうっかり忘れてたというようなことはないでしょうか。恐らく、義理でも彼女でも内心はかなり怒っている傾向にあります。とはいえ、男性だとホワイトデーを悪気もなく忘れてたなんてこともあるというのは、筆者も男なので分かります。そんなときには、どうしていくのかということについて、しっかりと解説してみたいと思いますので、参考にしてみてください。途中、理解できない価値観もありますが、筆者も男なので乙女心ならぬ男の心、そこは理解しているつもりです。

忘れてた!?やっちまったなぁ!

忘れてた!?やっちまったなぁ!

ホワイトデーを忘れてたならば彼女だけには今すぐ返せ

まず、ホワイトデーを忘れてたというのであれば、今すぐ返すことをおすすめします。そういうのも、義理程度であれば「何なのあの人・・・」くらいで済むかもしれませんが、彼女が気合の入ったチョコレートなどを渡してくれたりすると、お返しがないことにがっかりするのです。もらったら返すということに関しては、男性よりシビアな考え方をしている傾向にあります。また、ホワイトデー含め、そういったものに興味を持っている彼女であれば、ものすごくがっかりしているかもしれません。忘れてたということは仕方ありません。それだけにしっかりとお返しをすることが必要なのです。とはいえ、場合によってはもうチョコレートなど買う時期が終わっていたりするかもしれません。そんな場合には、デートでちょっぴり豪華なランチやディナーだったり、そこでチョコレートも渡すというようなことも必要です。かなり立派なものではなくとも大丈夫です。それなりの愛情を見せてあげましょう。たまに、ホワイトデーがめんどくさいというあまりに忘れてたなんてこともあるかもしれません。そういったケースも最悪なことになってしまいます。悪気はなかったことはしっかりとお返しをすることで伝えておきましょう。基本的に、女性はイベントに興味がある方が男性に比べて圧倒的に多いです。しかも、あまり興味のない女性でさえ、お返しに関してはシビアなので、ホワイトデーのことを気にしている彼女ならば、どれだけ怒るのかということは想像にたやすいことです。

ホワイトデーを忘れてたことを誠心誠意、謝ろう

さて、ホワイトデーのお返しを忘れてたというのであれば、まずはそれについては言い訳なしで誠心誠意謝ることにしましょう。それだけで許してくれるのも、彼女の中でもあまりいないので、先ほど書いたようなディナーだったりのお返しが必要なのです。筆者の体験レベルからもお伝えしますと、ホワイトデーだけではなくイベントでのプレゼントだったり、お返しだったりは忘れていると、それなりの年齢になってもチクチク言われることがあります。筆者の当時の彼女は今は嫁でこの手のものにまったくといっていいほど興味がないのですが、やはりその当時の乙女心を伝えられることがあって、恐らく今年の筆者のホワイトデーも似たようなことを言われるかもしれません。めんどくさいと思うかもしれませんし、筆者はお読みの男性の気持ちを十分に分かっているつもりです。その上で、これくらいはやはり、どんな女性にも必要であるということはお伝えしておきたいのです。

ホワイトデーを忘れてたことで別れることもある

今の彼女だったり、もしかすると友達ということもあるかもしれませんが、ホワイトデーを忘れてたということで、本気で怒ってしまう人も居ます。男性の心としては、そこまで悪気はなかったり、ホワイトデーというイベントそのものに興味がなかったりというのが当たり前でもあるのですが、もらった以上は返してくれよというのが、やはり女性の総合的な見解でもあります。また、期待が大きければ大きいほど、ホワイトデーを忘れたというようなことで、別れることがあったりしますので、前述したような埋め合わせは大事です。また、お返しをするときには、なるべくチョコレートなりディナーなりは豪華な仕様にしてあげてください。男の心としては、お金だったりが大事ではないというのは筆者も分かっておりますが、その価値観はほとんどの女性に通用しません。それだけに、ホワイトデーを忘れてたというのは、女性からするとありえない話でもあるのです。本当に大事だと思っているのであれば、今からでも遅くありません。しっかりとお返ししてあげましょう。

質問サイトを見てみると、格安のチョコなりを買ったり、そういったものでお返しを済ませようとしている男性も居ますが、そういったことは絶対にやめておきましょう。忘れてたということに加え、そういったことがあると、本当に彼女は怒って、別れを切り出すかもしれません。忘れてたというのはこんなにも面倒なことになってしまうのです。

できれば、忘れてたというようなことにならないためにも、バレンタインのやり取りそのものをなしにしてみたり、お返しなど考えなくとも、むしろ彼女などにおねだりをさせるような苦労を男女ともにするよりは、ちょっとおいしいところにご飯を食べに行ったりというようなことをするといいかもしれません。男性によっては、チョコが苦手だったりするので、バレンタインには男性向けに肉を食べたり、ホワイトデーにはイタリアンというような、そういったデートの工夫などをしてみると、面白いかもしれません。次のホワイトデーやカップルでの立ち回りの参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告