ホワイトデーの告白を高校生に向けて解説する!

スポンサーリンク

今回はホワイトデーの告白について、高校生に向けて紹介してみたいと思います。どんなタイミングで何をどう言えばいいのか、高校生であれば告白について初めてで分からないことが多いと思います。また、告白のために設けられているホワイトデーでもありますので、じゃんじゃんそれをうまく活用していきましょう。筆者も同じく初めての時代がありました。勇気をつけるという意味でも読んでみてください。

ホワイトデーの告白を考える高校生へ

ホワイトデーの告白を考える高校生へ

ホワイトデーの告白は高校生はLINE?直接?

まず、ホワイトデー告白についてLINEで行うのか、直接行うのかといったところが、疑問になると思います。面と向かって言うのは告白でも緊張してしまいますが、それだと女の子にとっての男としての魅力が少なくなってしまい、成功率も下がってしまうので直接が良いです。恐らく、高校生の方にとっては期待はずれの回答だったかもしれません。男のつらいところでもありますが、こういったホワイトデーの告白というのは、男の役割でもあるのです。本当に相手のことが、あなたも好きであれば、一度勇気を出してみてください。そして、それはあなたにとって、良い経験になること間違いなしです。慣れてもくれば、告白して付き合うことなど、あまり難しいとは思わなくなります。また、慣れることによって、どうあなたにとってプラスになるかは、後述してみたいと思います。

ホワイトデーに高校生が告白するとうまくいくタイミング

さて、高校生がホワイトデーに告白を成功させるには、何よりもタイミングがものを言います。朝一で告白したいところだと思いますが、下校時間くらいまでもうちょっと待ってみてください。一緒に帰ろうということだけ、LINEで伝えておけば、女の子もそれなりに気持ちを受け取る準備をしてくれるはずです。なぜ、下校くらいのタイミングを選ぶのかというと、大体はこのくらいに落ち着いたり、高校生がちょっと寂しくなるタイミングでもあります。もっというと、夕方あたりが高校生かどうか問わず、告白の成功がしやすい時間帯でもあるのです。そこをダイレクトに狙ってみましょう。これが、仮に朝告白するとどうなるのかという話ですが、多くの場合は人は朝はとても冷静すぎます。昨日書いたポエムだったり、Twitterだったり、ブログだったりの内容を思い出して削除したくなるくらいには、落ち着いているのです。それを狙うというのは、わざわざ告白の失敗を狙いに行っているようなものです。どれだけ、告白のタイミングが大事であるかはわかったかもしれません。そして、そのときのセリフなども気になってくると思いますので、そちらも紹介してみたいと思います。

高校生におすすめなホワイトデーの告白のセリフ

高校生がホワイトデーに告白をするのであれば、やはりセリフというのは大事です。素敵なセリフをお求めかもしれませんが、それは超イケメンだったりドラマチックな展開を練りに練って準備したときに初めて効果を発揮するのです。しかも、緊張のあまり噛んでしまったら、それこそ告白が台無しです。それではどのようにすればいいのかというと、告白のセリフはあなたなりに伝えてみてください。「好きです、付き合ってください」この一言でも大丈夫です。本当にこれは女の子の心が響くのかと思うかもしれません。反対に考えてみてください。恥ずかしそうな思いをしながらも真剣に好きという気持ちを伝えようとしている女の子が目の前に居たとします。かなり可愛いと思わないでしょうか。ホワイトデーの告白で男女の意識さはあれど、言葉に詰まりながらもしっかりと告白してくれる男の姿を見た女の子は、誠実さすら感じることが多いです。それだけ緊張して伝えているのです、あなたのことをバカにしようなんては思わないはずです。もし、したとすればそれは最低の人間ですし、むしろそれが分かって良いと思いましょう。そういうよりも、ネットで見るような酷い言葉をかけられるケースなど、ほとんどありません。事故に近いレベルです。イケメンでもない筆者もこれまでに無かったので、安心してください。

高校生はシャイが多い!告白の失敗など気にするな!

ホワイトデーに必要な告白のセリフやタイミングで高校生向けのものは以上です。意外とあっさりとしていると思うかもしれませんが、そんなものです。これだけ準備をしてもなお、高校生はホワイトデーの告白で失敗してしまわないだろうかと思うかもしれません。もちろん、失敗してしまうこともあるかもしれません。しかしながら、高校生は男女ともシャイなので「男から告白してくれないかな、女から告白してくれないかな」どちらも、お互いに期待していて付き合うこともできなかったなんて、甘酸っぱいエピソードといえば甘酸っぱいのですが、情けなくもあります。それだけに、失敗を恐れず前に進んでみてください。もし、その方と付き合えなかったとしても、次に素敵な人が現れたら、それこそ前回の反省点や、改善すべきポイントを自分でも実感できるはずです。それに、高校生がホワイトデーに告白するどころか、結婚しようと思う相手も、出会いや別れの中で出てくるかもしれません。成功も重要ですが、失敗も体験しないと、それこそ自分の心があっさりと崩壊することになります。未来はSNSで異性について文句を垂れ流しまくるアカウントの人になってしまう可能性もあります。少しジョークが過ぎてしまいましたが、成功も失敗もどちらも良い経験です。失敗は次にうまくやるための機会にしか過ぎません。そういった恥ずかしさがありながらも、勇気を持って告白した高校生の男子こそ、筆者は真の男であると讃えたいです。

それでは、高校生の方はこれらを肝に銘じながら、ホワイトデーに告白をしてみてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告