バレンタインのチョコって何日持つ?【要注意】

スポンサーリンク

バレンタインにチョコをたくさんもらった方で食べ切れなかったという方もいると思います。そこで、バレンタインにもらったチョコというのは何日持つのかというところが疑問になってくると思います。それについて、今回は紹介してみたいと思います。あくまでも目安の1つとして参考にするようにしてください。しかも、今回はかなり安全な基準で書いていたりします。サイトによっては、もしかすると季節上こんな条件だとそんなに持たないのではないかというような解説もあったりします。

バレンタインのチョコは何日持つか

バレンタインのチョコは何日持つか

バレンタインのチョコは何日持つ?手作りの場合

基本的にバレンタインのチョコがおいしく食べられるという賞味期限的な意味合いであれば、残念ながら1日程度しか持ちません。生チョコ、トリュフ、ブラウニー、カップケーキなどなどいろいろあると思います。大抵それらは1日程度しか持ちません。そういうのも、一般的な手作りと考えた場合、どうしても衛生的な環境が一流のスイーツメーカーのところに追いついている環境はほぼ皆無です。ましてや、バレンタインのチョコを手作りにした方はエアーなどで埃を完全に飛ばして、しっかりと消毒された服を使っているというわけでもありません。また、手もしっかり洗っているとも限りません。洗っていたりしても、実は手に菌がたくさん残っているというのはありがちなことです。それだけに、基本的にバレンタインのチョコは何日持つかというと、基本的には1日程度とお考えください。

次に、安全が保障されそうな消費期限という意味合いで書いてみたいと思います。これは、先ほど述べたスイーツの例だと、2日程度が限度になります。生クリームやフルーツなどが使われている場合には、1日程度とぐっと日数も下がってしまいます。何日持つかという点で述べてみると、正直なところこれくらいが筆者は限度かなと感じております。

そういうのも、常温で保存した場合は○○日と解説しているところもありますが、そもそもの話で屋内のどこに置くのかなんてところもキーポイントになってきます。特にバレンタインのチョコをもらった方で寒がりの方の家の中だと、部屋の温度もかなり高めです。温度が高かったり、加えてチョコに含まれている湿気などで雑菌が繁殖してしまいます。それだけに、屋内で保管するときにも、このあたりに気をつけましょう。廊下までも、暖房をきかせているというご家庭は少ないと思いますので、保管はなるべく自宅の冷える場所などで行っておきましょう。

また、冷凍庫で保存した場合バレンタインのチョコは何日持つかということについて解説してみたいと思います。冷凍保存をしたような場合については、うんと期間も延びて1ヶ月近くは持つことになります。しかしながら、冷凍による成分の変化、そして冷凍庫から出した時の温度の変化などで、味が変わってしまったり、おいしくなくなってしまうこともあったりします。

例外として、バレンタインに手作りの飴やクッキーをもらった方もバレンタインにいると思います。手作りした場合などは、いずれにおいても当日内に食べることを安全面では推奨しますが、どうしても食べきれないということもあると思います。これまた同じく、常温保存しているのであれば、数日程度で食べきるようにしてください。クッキーでも、有事のときに作られているハードタック(噛むのにも苦労するほどの硬さのクッキーみたいなもの)なんてものがバレンタインにもらわない限りは、バターやミルクなどたくさん使って、食べやすくおいしいようにしていると思います。それだけに、何日持つというわけでもありません。

バレンタインのチョコは何日持つ?市販の場合

基本的に市販の場合はチョコやクッキー1ヶ月程度、気合を入れた環境だと年単位持つことが多いですが、バレンタインにもらったチョコは何日持つかはパッケージに書いてありますので、そちらを参考にしてください。どうしてもわからないというような場合には、これまた当日に食べきった方がいいのですが、大抵はしっかりと記述してあるはずです。しかしながら、これはいたって普通の市販のパッケージに梱包されている場合です。この梱包された過程までが、企業が指定している賞味期限だったりします。しかし、開封してバレンタインにラッピングしなおしたものを配られるなんてこともあると思います。そういった場合は、日持ちしなくなってしまいます。人の手に触れたりしたり、一度置かれた場所が不衛生だったり、もしかするとラッピング途中で落下したものをラッピングしたかもしれません。そういった場合は、やはり当日内になってしまいます。

バレンタインのチョコなどが何日持つかは、実は人による

さて、バレンタインのチョコなどを含め、何日持つかという明確な基準は実は人によって異なります。例えばの話、食べ物で腐ったものを生きていれば一度は嗅いだことがあると思います。それを嗅いで「うわ!臭い!」と思う人もいれば、「まだいける!」と言う人が居るのも事実です。細菌などに対する耐性は個人によって違ってきます。そんなことから、実は平成初期までは賞味期限や消費期限なんてものは、食品のパーッケージに記載されておらず、基本的に臭いで判断してくださいというスタンスでした。それで何とか生活ができているのも事実でした。

ただ、賞味期限や消費期限が存在していてそれにしたがって、生きている私たちはその真似をしない方がいいかもしれません。元々の免疫力だったり、そういった環境で育ってきた方は、食あたりもしやすいです。このあたりを真似する方は、自己責任でしてください。筆者は、数日消費期限が過ぎたあたりであって、臭いも大丈夫であれば、そのまま食べたりします。生物だったりは、さすがに加熱したりしますが、自己責任の下です。

そんなこんなで、バレンタインのチョコは何日持つのかということが、お分かりいただけたかと思います。心配な方は、先ほど述べた基準で食べきれば、問題ありません。チャレンジャーは筆者と同じというより、昭和基準くらいで自分の感覚、つまり野生の勘を最大限に発揮してください。人間以外の動物も、やはり腹を壊したりすることはありますが、賞味期限や消費期限などを理解しているわけでもなく、完全に野生の勘です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告