バレンタインにゴディバをもらった!本命or義理の判断方法!

スポンサーリンク

バレンタインにゴディバをもらったという方も多いと思います。そこで、実際にもらったのはいいけど、これは義理なのか本命なのかということについて紹介してみたいと思います。ひとまずは義理で捉えておく方が、もらったにしても勘違いしなくとも済むパターンです。これをお読みの方はほとんどの場合は、男性だと思います。そんな前提で書いていきますので、バレンタイにゴディバをもらったことに対する考え方について知ってみましょう。

バレンタインにゴディバをもらったあなたへ

バレンタインにゴディバをもらったあなたへ

バレンタインにゴディバをもらった場合、義理か本命かは実はわかりづらい

実はとても難しい話題に今あなたは直面しております。バレンタインにゴディバをもらったとしても、実は義理か本命かは相手やシーンによって異なるのです。もし、最後に書くことでも実は義理か本命かは判断できないこともあります。これといったバレンタインに関するマナーや決まりが確立していなかったり、本当は本命なのに恥ずかしさのあまり義理と言ってしまったり、バレンタインにゴディバを渡す意味は、それぞれの女子の考え方によって違います。何もかも俺ルールなわけです。正直なところ、男としてはめんどくさいことこの上ありません。果てには気づけなかったら、無視されたとか言いやがる始末です。そろそろこのあたりのサインというのは、男性にもわかりやすいようにしっかりとすべきかななんて思っていたりもします。うだうだとこれ以上、もらったことに対する愚痴を書いていても仕方ありませんのでサクっ戸判断してみましょう。

バレンタインにゴディバをもらった際の義理と本命の判断方法

■義理パターン

・みんなもゴディバだった
ほかにもみんなに同様に配っていて、ゴディバをバレンタインにもらったなら義理と判断してもよいです。周囲の方にも、どんなものをもらったのかということを聞いてみたりしましょう。あなただけ違ったならば本命かもしれませんが、ゴディバのチョコ1つの値段もピンキリだったり、社会人になると、むしろ1粒で高級なものをプレゼントしたりする方向性に変えていたりなんてこともあります。箱単位で見れば高いものですが、ゴディバのチョコが数粒くらいであると、1コインで購入可能です。

・みんなの前で配られた
ほとんどの場合本命は、みんなの前で配ることはありません。職場だとフェイクで配ることもあるかもしれませんが、そういったケースに該当していたり、態度もこれまでどおりだと、義理と判断してもよいです。ゴディバをもらったと、一人浮かれていると後に、大きな勘違いをしてしまったと、落ち込んでしまうかもしれません。先ほども述べましたが、明確なマナーや基準がない以上、本命や義理にしても勘違いしてしまうのも仕方のない話でもあります。

・ハッキリ義理だと言われた
あからさまに義理だと言われたならば、そのとおりの可能性は高いです。ただ、バレンタインにゴディバをもらった場合で、義理だと言われた場合のいつもと違うなと思うポイントがあれば、もしかすると本命かもしれません。そのときのシーンや表情をしっかりと思い出してみましょう。そのままの言葉どおりに受け取って、義理だったんだと男子は落胆し、女子は本命だったのに義理と言ってしまったというような、体のよくわからないところが痒くなってしまいそうなエピソードも実は世の中にあります。

・特にめっちゃ仲良くもない
そもそもの意味で仲良くはないけど、仕方なしにみんなと同じように、配ったけどあまったのでというような感じでバレンタインにゴディバというレアケースもあります。残り物をよこしたのかと不快になる気持ちもあるかもしれませんが、女子は女子で生きる世界があるので、実はこのあたりで必死なのです。義理チョコすら配るのも経済的に難しい方だって居たりします。そんな中でもあなたに、チョコをくれたというのは、少なくとも悪い相手ではないと認識してくれている証拠です。

・手紙なし
バレンタインにゴディバをもらったとしても、女子は本命であれば気づいてほしいはずです。最大限の努力をして察してほしいアピールをするのです。そこに手紙を使わないというような手はありません。どこまでも女子は察してほしい人間なのです。男子は男子で言わないとわからないというような気分もわかります。仮にあなたが、結婚しても将来的に男女の考えの根底の違いに悩まされるかもしれませんが、ここに原因があります。ただ、手紙がそこになかったような場合には、義理である可能性はとても高いです。

■本命パターン

・二人っきりの場合に渡された
ほかの人には躊躇なく配っていても、あなたと二人っきりの場合に渡されることがあるかもしれません。そんなときには本命である可能性は高いです。おめでとうございますといいたいところですが、一番最後に書くことも注意しておきましょう。先ほども書きましたが、バレンタインの渡し方ではすべての女子が俺ルールなのです。

・以前からアタックのようなものは来ていた
バレンタインにゴディバをもらった相手の言動を振り返ってみましょう。あなたのことが好きであるような場合には、既に何らかのアタックはしてきていたかもしれません。冗談めいた感じで好意を伝えられたり、あなたの容姿の一部をほめてきたり、スキンシップがかなり多かったりなどもあったかもしれません。最大限に女子ができるアタックをしてきた可能性はありますので、そんなところに該当しているのであればゴディバは本命であると判断できます。二人っきりの時などをわざわざ選んだのであれば、さらに本命の可能性は高まります。

・渡すとき恥ずかしそうだった
渡すときの表情を確認してみましょう。あまり顔を見ない筆者のようなタイプもいますので、思い出せる範囲で大丈夫です。恥ずかしそうな顔をしていたりすることもあります。この程度では、ゴディバをもらったことに対する判断にはならないだろうと笑うかもしれませんが、意外と重要なポイントだったりします。あえて、フェイクで義理といってみんなの前で配ったりすることもあるからです。特に職場恋愛禁止だったりするようなケースであれば、わざとそのように振舞うケースもあります。

・遅れて渡された
バレンタインに恥ずかしくて渡せなかったというケースもあります。遅れて渡されたということもありますが、実はそれが本命サインだったりします。あなたがそもそも告白なりそれに近いような行動をしようと思ったとき、とっさの判断で好意を伝えられたら問題ありませんが、勇気が必要なはずです。相手も同じく勇気が必要で、渡せなかったというのは、当サイトの調べからもわかっていたりします。

★最後に
色々とバレンタインでゴディバをもらったということに対する考え方を紹介してきましたが、上記の場合に該当していても本命でなかったり、義理でなかったりというようなこともあります。しかし、上記2パターンの9割くらいに該当していたら、いずれかで判断しても良いと思います。それで無視するのか、告白するのか、お返しは義理なのかは自由です。むしろ、勘違いさせる女子も居たりします。本命を渡す相手が居るけど、振られた場合のキープ君みたいな考え方も残念ながらあります。また、初めて周囲に、それでは勘違いされると怒られて、反省する女子もこれまた居たりします。もちろん、もらったあなたの気持ちもありますので、気になるのであれば、わざと勘違いして告白してもいいかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告