生チョコが食中毒になるか心配な方へ判断方法など紹介

スポンサーリンク

そろそろバレンタインも近づいていてきたり、その他の機会で生チョコをもらったりする方も多いと思います。そこで、生チョコは食中毒になるかどうかということについて紹介してみたいと思います。買ったものにせよ手作りにせよ色々な視点から書いてみたり、実際に自分は生チョコを食べて食中毒になってしまったのではないかというような疑いがあるような方は読んでみてください。特に今回は手作りだったりに注意をするためのことも書いております。

マジで気をつけて!

マジで気をつけて!

結果的に書くと生チョコは食中毒になる可能性がある

さて、すでに結論じみたことを書いてみますが、生チョコ食中毒になってしまう可能性はあります。市販のものであっても、冷蔵庫で保存することが推奨されているにもかかわらず、常温で保存をしていると必然的に雑菌など繁殖してしまう可能性があります。特に寒い冬などのシーズンに部屋で常温で保存していたとしても、少なくとも人が快適に暮らせるような温かい環境だったり、むしろ暖房をかけまくっている環境だと、市販であっても食中毒になってしまう可能性は非常に高いです。市販でもこれだけの可能性があるということは、手作りは食中毒の可能性はぐっと上がってしまいます。

例えば、バレンタインやホワイトデーなどで生チョコをもらう機会などがあるかもしれません。しかも、皆さんかわいらしい手作りでラッピングまでしっかりとしていたりします。見た目はとても可愛い感じで綺麗だったとしても、ここで注意すべきことがあります。その人が作った環境は衛生的であったかどうかです。そもそも生チョコなどは水分を多く含むので雑菌などにとっては最適の環境だったりします。材料などを購入して、それらの製品がとても綺麗な状態であったとしても、個人の家庭に持ち込まれると、その衛星さは失われてしまいます。どういうことかというと、例えばフライパン1つ洗うにしても、取っ手からフライパンの裏までしっかりと洗うのが衛生的なのですが、そもそもフライパンの調理した面しか洗わなかったり、洗ったとしてもこびりついている状態が平気な方も居たりします。衛生的に暮らしている方が、衛生的ではない環境で作成した生チョコを食べると一発で食中毒になってしまう可能性は非常に高いです。

そんなに汚い人は居ないだろうと思うかもしれませんが、実は筆者の祖母は鶏肉をまな板で調理しても、ぞうきんのようなものでまな板を拭いて、そのまま片付けをしようとします。家族レベルでもそんな方が居るので、周囲の状況を考えるとゾッとしてしまいます。

そんなこんなで、かなり言い方は悪くなってしまうのですが、生チョコで食中毒の心配をする方で、手作りのものをもらった方は相手が衛生的な環境で作成したかどうかということにはかなり気を配っておきましょう。もらった相手が女の子だから綺麗なんてことにも限りませんし、実際女の子同士の生チョコなどの交換だったりで、毎年どこかで食中毒は起こっていたりします。これが生チョコどころか、クッキーでもチョコでも汚い環境で作成すると食中毒になってしまう可能性がありますので、かなり気をつけてください。

また、ネットに書かれているようなおまじないのようなことをする方も居ます。唾液を入れたり、経血を使ったりなんてこともあります。いずれにせよ、これによって食中毒などを引き起こしてしまう可能性もありますので、実はそういった点にも気をつけておかなければならないのです。ジョークか何かだろうと思うかもしれませんが、これを書いている時点でまだまだ本気でやる方も居ます。

生チョコを食べて食中毒になったと心配な方への判断方法

現時点で、生チョコを食べてまさに食中毒になってしまったのではないかと思われる方は、これから書くことを参考にしてください。そもそも生チョコを食べ過ぎていないかどうかです。普通の方より食べる量が多い方は、生チョコに含まれている油分が多いので、大量に取ると吐き気がしてしまうこともあったり、嘔吐してしまうこともあります。また、生チョコというより、油そのものが体質に合わない方も居ます。油の摂取によって頭痛が発生したり、吐き気がしてしまったりなんてこともありますので、焼肉やファーストフード店の臭いで似たような症状になる方は注意です。このあたりに該当していたのであれば、食中毒ではありません。

もしくは、季節柄や体調の関連で胃腸炎や食道炎などになっていることもありますので、そういった点も疑ってください。いずれにも該当しないような場合には、食中毒を疑ってみましょう。正直なところ、病気の流行などもあったりするので、まだまだこうやって読んでいる余裕がある場合に、病院に行ってみたりして判断しましょう。生チョコで食中毒になる可能性などいくらでもありますし、基本的には今後は同じ人からもらわないようにしたり、そもそも手作りなどは食べないことが大事です。また、その後はお薬などで症状をおさえながらの治療が基本となっていくので、生チョコに入っている成分によっては数日は苦しいことを覚悟しておきましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告