バレンタインの手作りって見せかけだけでも大丈夫?

スポンサーリンク

バレンタインの手作りを渡した方、渡そうと思っている方、もらった方のそれぞれについて、バレンタインの手作りを見せかけだけにするのはどうなのかということについて、紹介してみたいと思います。バレンタインの手作りというのは、愛情がこもっているように見えたり、いろいろと夢があったり、作っているほうも場合によっては楽しかったり、むしろ面倒だと思ったりさまざまです。複雑な事情が絡んでいますので、1つ1つ紹介していきたいと思います。

バレンタインで手作りを見せかけにすることについて

バレンタインで手作りを見せかけにすることについて

バレンタインの手作りチョコは見せかけがほとんど

すでにバレンタインで、手作りをしている方というのは、チョコの場合カカオなどを仕入れてからチョコを作っているわけではありません。場合によっては、本当にそうしている方もいると思いますが、大半はそういったことをしていると、時間もお金も無駄になってしまいます。そこで、準備されているものは、市販の手作りの見せかけのキットだったり、実際にチョコを溶かして、好きな形にしたりということがほとんどです。そういった意味では、見せかけがほとんどです。見せかけというのは、そもそも悪いのか、渡す方も文字通り見せかけにしていると、ちょっと罪悪感があるかもしれませんが、そんな感情を抱く必要もありません。嫌味で書いているわけでもなんでもなく、手作りを本格的にしようと思えば、それなりに労力はかかってしまいます。市販のものを溶かしたり、アレンジしたものがほとんどが手作りと言われているので、何かしらの手間を加えたり、ラッピングしたら、それはむしろ手作りと言っていいのではないかと思ったりもします。

バレンタインの手作りと偽って見せかけのものを渡していい?

結果から書いてみると、ほとんどの場合そもそもの意味で、見せかけを渡しているわけなので、特に気にする必要はありません。既製品を詰め込んで、手作りの見せかけにしたり、溶かすなどの労力を使っても、結局のところは見せかけなのです。さすがに偽って渡すとなると、ちょっと罪悪感を抱くかもしれませんので、その場合は、既製品を使ったということは、伝えておくといいかもしれません。本質的に料理ができる方はそういうことだと納得してもらえます。それに、渡す方が料理が苦手なんてことがあれば、手作りか既製品かなんて見分けをつけるのが難しい状況です。個人的に偽ってまで、手作りに見せかける必要はないと感じますが、あいまいなラインで渡しておけばいいのです。事実、そうやって渡している方も少なくはありません。

ところで、バレンタインの手作りの見せかけを作るにしても、やはりそれなりに時間が必要となってしまうわけです。それならば、ある程度楽に安くしたいと思う方がほとんどだと思います。特に気にするべきでもないということがわかったところで、市販で手作りからラッピングまで参考になるものを載せてみましたので、こちらを参考にしてみてください。

バレンタインの市販で手作り風に見せる方法を紹介♪

バレンタインのチョコやクッキーの手作りの見せかけを渡された人へ

バレンタインに、手作りだよと言われて、見せかけだけのものを渡された方というのは、騙されてしまったような気分になるかもしれません。事実、そういったものをもらって、げんなりしてしまっている方も居るのではないでしょうか。冒頭のものをお読みになった方ならば、すでに察しはついているかもしれませんが、バレンタインでチョコレートを1から手作りするのは難しかったり、市販レベルまでおいしくするのは難しかったり、本当に作ったとしてもチョコの味がわからない方がほとんどです。食べて、これはベルギー産のものだとわかったり、砂糖は何を使っているかなんて分かる人のほうが稀です。さすがに、見せかけのものを手作りと言って渡すことに、筆者も違和感を覚えてはいますが、仕方のないことでもあります。下手すると、1から作れるキットも存在しますが、しっかりとしたやり方をしなければ、4時間くらいがんばった作業が無駄になったりします。カカオから作るとしても、キットがあったとしても、かなり難しい世界です。それに、女子全員が料理が得意というわけでもない時代になっているので、そのあたりは友チョコをもらった女子にせよ、義理チョコや友チョコをもらった男子の方も、それでガッカリしたような気分にはならないでください。見せかけだったとしても、心がこもっていればそれでいいのではないかと筆者は思っております。反対に、見せかけではなく、本当の手作りだったとしても「仕方なく渡してやった」というような感情をむき出しにされると、いくら手作りでもちょっと落ち込んでしまうかもしれません。手作りのチョコやクッキーが見せかけであったとしても、本来のバレンタインはそれが主役ではなく、愛情や友情だと筆者は思っております。それをもらったということで満足しましょう。特に男子の方は、本質的にそういったことを求めている傾向に多いので、お読みのあなたが男子であれば、余計にそうです。

なんだかんだ、ここまで書いた筆者男ではありますし、手作りをもらうとしても多くは求めません。一般的な料理は作れても、スイーツは別格の難しさがあります。女子は気負いせず、楽に好きなものを手渡してバレンタインを楽しめば良いと思います。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告