本命チョコっていらない!?男性が解説するよ!

スポンサーリンク

本命チョコをバレンタインに渡そうと思っている方に向けて、今回は本命チョコは本当は男性はいらないのかどうかということについて、紹介してみたいと男の筆者が紹介してみたいと思います。実際にいらないかどうかということについては、それぞれの年代や経験によって違うので、あなたが本命チョコを渡す方が絶対にそうだとは言い切れません。ただ、傾向として参考になるものを紹介してみたいと思いますので、最後まで参考にしてみてください。

本命チョコっていらないの?

本命チョコっていらないの?

本命チョコがいらないパターン

■過去にもらいなれている男性
すでに過去に本命チョコをもらったことがある男性も少なくはありません。特に年齢を重ねると、そんなイベントを体験した男性も増えてきます。そろそろ30代に差し掛かるのであって、女性と付き合った経験もあるというような方は、本命チョコはいらないという可能性は高いです。反対に、学生やそこから本命チョコをもらったことがないような男性も一定数居ます。そんな方であれば、本命チョコはいらないどころか、むしろほしいという可能性が高まってきますので、事前に情報収集できる方は、お付き合いの経験なども聞いてみるといいかもしれません。

■イベントに興味がない人
筆者もそうなのですが、本命チョコが行き来するようなバレンタインというのには、あまり興味がありません。もちろん、告白などをされるのはとてもうれしいことです。ただ、バレンタインを含め、イベントそのものにナンセンスさを感じる男性も少なくはないので、そういった方であれば本命チョコは、これまたいらないと言うことが多いです。そして、バレンタインの本命チョコよりもっといいものがありますので、それは最後に記述しております。とりあえずはほかにもパターンがありますので、参考にしてみてください。

■義理チョコと勘違いしている人
社会人くらいになれば、バレンタインは当然のように義理チョコが流れてきます。そして、本命チョコを義理チョコと勘違いしてしまう男性も少なくはありません。ここは、義理チョコと勘違いさせてしまったりすることもありますので、渡し方などは考えれば解決する問題です。ただ、あまりにも毎年のごとく、義理チョコをもらっているのであって、メッセージも何もつけていないようであれば、義理チョコと思われてしまうので注意しましょう。うまく表現できたかどうかはわかりませんが、本命チョコなのに義理チョコと勘違いされると、いらないと思われることは多いようです。

■チョコがあまり好きじゃない
本命チョコがいらないパターンは、そもそもの意味で甘いチョコが好きじゃないというような理由があります。特に筆者も、今よりも若いころは本命チョコをもらっても、あまり食べることができないので困り果てていました。少なくとも、本命チョコを渡す相手が、チョコは食べることができるかどうかということは、あらかじめ調査しておきましょう。あまり好きではないというのであれば、チョコよりも塩クッキーだったりといったような、工夫が必要です。かといって、おつまみを渡しても、お歳暮みたいになってしまうので、難しいところです。

■バレンタインそのものに否定的な意見を持っている
本命チョコはいらないという方でも、実はバレンタインにトラウマレベルの体験をしたことがある方も居ます。今はそういったことは、あまり見かけませんが、バレンタインになると世の中のどこかでは起こっていることです。それは、チョコに髪が入っていたり、血が入っていたり、一種のおまじないのようなものを信じて、手作りで渡す女性が居ます。気持ち的なものは十分わかるのですが、それに気づかれて怖がられては本末転倒です。そこで、トラウマを抱えている男性も居ますので、女性ほど口は開かなくとも、深刻な問題に直面しているケースが多いです。

■「手作り」がいらないんだ
本命チョコがいらないという方でも、ちょっと潔癖な方は居ます。特に若ければ若いほど、昔よりも衛生のレベルが向上し、母親も神経質なくらいに綺麗に育てるので、その結果潔癖症の男性が増えてきました。それによって、女性と同じく手作りは汚いものかもしれないと判断することがあります。また、衛生という観点だけではなく、重く受け取るからという感じで、いらないなんてこともあります。

本命チョコがいらないってネットの記事はあんまり参考にならない

本命チョコがいらないという一部のパターンをここまで紹介してきました。結局、あなたが渡したい男性は本命チョコはいらないなんてどこの時点で考えているかわからないと思います。当サイトとは違った、ほかの視点で書いているところもありますが、結局のところそれが、あなたにとって納得する記事であっても、その本命チョコを渡そうとしている男性が、絶対にそうであるというような確証はもてません。それだけに、1つ目は、あえてそのあたりは気にせずに本命チョコを渡してしまうのもありです。それでも、気になるのであればチョコはあくまで今回おまけ要素として考えてくれと伝えましょう。もし、可能であれば、バレンタインに本命チョコがいらないかどうかというよりは、次のことを試してみてください。どちらかというと、傾向的に最後に書くことが男性は一番喜ぶはずです。

本命チョコはいらないってよりうれしいけど・・・

本質的に、バレンタインに本命チョコはいらないかいるかというよりは、男性が求めているのはチョコそのものではなく、女性からの純粋な心です。だからこそ、彼女や妻からもらったバレンタインの何気ないメッセージを財布に入れていたり、家宝のように扱う男性は多いのです。ここまでを踏まえた結果、本命チョコよりはメッセージカードを渡して、そのままデートに誘うほうがスマートだったり、告白をされるほうが、男性にとって例外なくうれしいことです。まとめてみると、女性よりは合理的な思考です。例外もあります。

もし、あなたがこれから本命チョコを渡そうとしているのであれば、むしろこうやって告白なりデートに誘ってみたりする方が、何倍もその男性にとってうれしかったりするので、本命チョコより気持ちをバレンタインにプレゼントしてみましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告