バレンタインの手作りは付き合ってないけど渡していい?

スポンサーリンク

バレンタインの手作りを考えている方、付き合う前で、付き合ってないという状態の方はどうしたらいいのかとお悩みかもしれません。これは、渡す人の性格によって異なってくるところがありますので、1つ1つ確認していきましょう。そして、付き合ってない状態でも手作りにするかどうかというのは決めてみてください。なるべく子と細かく書いておりますが、こんな場合はどうすればいいのかというような質問がありましたら、遠慮なくコメントをしてください。それではさっそくバレンタインにおける手作りについての本題です。

バレンタインで手作りは付き合ってないけど渡して良いかというお話を書きます

バレンタインで手作りは付き合ってないけど渡して良いかというお話を書きます

バレンタインで手作りは付き合っていないけど相手が求めているパターン

さて、バレンタイン手作りは付き合ってないという場合でも、相手がそれに憧れを持っていたり、実際に手作りがほしいというようなパターンならば、遠慮なく付き合ってないとしても、渡してください。そういった方は、言うまでもなく喜んでくれるはずです。基本的に、大学生くらいまでの男性が手作りに憧れを持っていることが多いようです。インターネットで見かけたほっこりするエピソードだったり、アニメや漫画やドラマなどで、今後もそういったシーンが展開されていくかもしれません。根本的に、男性は手作りは付き合っていない相手でも未来を想像というよりは、妄想してちょっと楽しくなったり舞い上がったりするものです。もし、あなたがこれに該当していれば、是非ともその希望にこたえてあげましょう。しかしながら、そういったことがわからないというようなこともあると思います。そうだとすれば、手作りに対する意見はかなり変わってくることがあります。隠れた事情もあったりするので、このパターンに該当していない方は、次をしっかりと読んでください。

バレンタインの手作りを付き合っていない相手が求めているかわからない場合

バレンタインで手作りを付き合ってない相手が求めているかどうか、わからないこともあると思います。それならば、手作りはやめておきましょう。特に中学生や高校生くらいであれば、手作りをもらったとしても、親がそれを捨てることがあります。理由としては、どんな環境で作られたかわからないということで、実際に捨てる親も居ます。男の筆者の心としては、手作りが好きならば食べさせてあげればいいのではないかと思います。そんな気持ちがありながらも、付き合ってない相手で、付き合う予定もない相手であれば、むしろ警戒してしまいます。高校生くらいまでは、筆者も気にならなかったのですが、実際に作る環境によって食中毒を起こしたり、前日のバレンタインのチョコやクッキーなどの保管状況、そもそも相手が不潔そうであれば、ちょっと汚いかなと思ったりします。そういう意味での「付き合ってない」というケースに該当していれば、手作りはやめておきましょう。また、社会人になれば、多くの場合は衛生に関する知識が生活の上で身についてきます。また、学生時代と違って、体も必然的に弱くなってくるので、余計にそういったものが苦手になってしまうのかもしれません。

他、最近の日本はとても綺麗な環境で育てている親御さんも多いです。中には神経質すぎるのではないかというくらいです。それもまた愛情の1つだとは思うのですが、特にそういった方であれば、やはり手作りのバレンタインのチョコは付き合ってないのであれば、気にしてしまうかもしれません。それによって、若い方であれば免疫力が下がっているので、食中毒になりやすいなんてこともあるようです。若い方でも、親の育てた環境や教えがあるので、同じく手作りに嫌悪感を抱くことがあるかもしれません。実際に筆者の周りでも、バレンタインの手作りで食中毒が起こっています。なんだかんだ、読んでいるだけでも複雑な事情が絡み合っているということが、お分かりいただけたかと思います。せっかくあなたが、頑張って手作りしたのに、素直に喜んで食べてもらえなかったり、むしろ捨てられたら悲しい思いをすると思います。悪意を持って手作りをする方なんて、ほとんど居ないというのは筆者も承知しております。

基本的にバレンタインの手作りは付き合っていないならやめよう

相手の状況がよくわからないというのであって、付き合ってないという状況ならば基本的に手作りはやめておきましょう。男性によっては、本気で手作りを嫌うことがある方も居ます。それに、狙っている男性がそういったタイプであれば、そんなタイミングで告白しても、微妙な顔をされてしまうかもしれません。本命チョコであっても、なるべく手作りの方が最初は良いです。先ほども書きましたが、学生であれば、せっかく頑張って作ったチョコやクッキーなどを捨ててしまうことがあります。それに、学生であれば、最初から相手の親に良いイメージをもたれなくなったり、付き合ったとしても、しばらくは目線が痛かったりします。本命だからこそ、愛情や願いをこめたいと思うかもしれません。もし、本命を渡すのであれば、付き合ってない状況だとしても、おすすめの方法があります。それは、あなたの気持ちを伝えるメッセージを市販のチョコなどと共に渡してください。手作りに匹敵するほど、男としてはぐっと来るものがあります。学生であれば、女子同士で手紙などのやり取りは慣れているかもしれませんが、男子はそれに慣れていないです。しかも思いをこめた文章というのは、いつまでも保存しておきたくなるくらいに、うれしいのです。そんなことから、付き合ってない相手に無難という意味で行くのであれば、手作りはやめて、市販のチョコにメッセージをつけましょう。

読んでいると、そんな神経質な相手こそ私は願い下げだと思うかもしれません。それもまた、1つの考え方なので、あえて手作りのチョコをバレンタインに付き合ってない相手に渡してみるのもいいと思います。このあたりは、あなたの自由です。幸せの感じ方も人それぞれです。これはいいなと思ったやり方、考え方などを実行してみてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告