バレンタインの手作りは会社では迷惑?

スポンサーリンク

バレンタインがやってきております。なんだかんだ、今年も時間が経つのが早いです。そんな中、会社に持っていく方も多いと思います。そして、会社のバレンタインでは手作りが迷惑ではないのかどうかということについて書いてみたいと思います。結論から書いてみると、多くの場合は良いイメージを持たないことが多いです。それでは、会社のバレンタインはどうすればいいのかということについても、書いていきたいと思いますので、紹介してみたいと思います。

バレンタインは会社で手作りのものを渡すのは迷惑?

バレンタインは会社で手作りのものを渡すのは迷惑?

会社でのバレンタインで手作りは迷惑なことが多い

さて、会社でのバレンタインでは手作りは実は、ほとんどの場合は迷惑になってしまうことが多いです。1番の理由は衛生にあります。あなたも相手も普段どんな環境で過ごしているか、どれくらい清潔さを保っているかなんてことは分かりません。手作りとなると衛生の問題もかかわってきますので、それでバレンタインの手作りをもらっても結果的に迷惑になってしまうことが多いです。女性はほとんど、男性に比べて綺麗好きは多いのですが、男性から見てぎょっとするような衛生概念をお持ちの女性も少なくはありません。筆者の周りでも、それがきっかけで食中毒になったというエピソードがあります。昔に比べて、清潔感のある男性が求められているので、必然的に世の中の若い男性までもちょっと神経質になっているのが現状です。そして、それだけが理由ではありません。会社でもすでに妻がいたり、彼女がいたりすることも珍しくはありません。そこで、手作りを義理としての意味合いでもらったとしても、付き合っている相手が疑い深ければ、それでカップルや夫婦の喧嘩になってしまうこともあります。場合によっては、男性も十分疑いをかけられる状況にしているケースもあるのですが、あなたはそんな裏事情など知らないのが当たり前です。こういった意味でも、良かれと思ってバレンタインで会社で手作りをプレゼントしても、迷惑になることが多いです。ただ、ここまで書いたことで実は例外もあります。あなたが、パティシエだったり、そんな環境を使えたり、お店を持っているならば、ここまでの話は例外ですが、ほとんどの場合そうではありません。また、会社でも相手から手作りが求められているというような場合は迷惑にはなりません。ただ、あなたが会社でバレンタインの手作りを渡すことについてのデメリットがあります。それは、女性からとても痛い視線を飛ばされることがあります。上司などにすりよって、よからぬことを考えたり、ひいきをしてもらおうとしているのではないかなんて、目線で見られることがあります。実際にそのようなケースもありますが、純粋に料理を楽しんだり好きな方で、会社のバレンタインに手作りを持っていこうとしている方ならば、意外な話かもしれません。疑われる可能性があります。

会社でのバレンタインが必要ならば手作りではなく市販

そんなことで、会社でのバレンタインが必要であるならば、なるべく手作りではなく市販の安いものを選ぶ必要があります。場合によっては手作りが安くなるかもしれませんが、やはり衛生という点から市販の信頼性に勝てる個人はそうそういません。また、あらぬ誤解を招かないためにも、あえて安いものを選んだり、お返しの負担にならないようにするのが、会社でのバレンタインの最低限のマナーです。できれば、義理チョコでお返しも求めないのであれば、会社でのバレンタインは「これからもよろしく」という意味合いで使われることがほとんどなので、休憩時間に一口サイズのメッセージつきチョコを渡すので男性にとっては十分だったりします。極論、キットカットなどのメッセージ欄に、応援メッセージや、挨拶を書いておくと、箱に入ったチョコをもらうよりはうれしかったりします。休憩時間にお茶菓子を出しているのであれば、そのタイミングで渡すのも良いかもしれません。それくらいの出費だと、出費は出費なのですが、大したことない金額なので、返ってこなくとも女性も納得できるはずです。女性社員同士で、数十円くらいずつカンパすれば、そもそも買ったことすら忘れそうな金額です。それくらいお互い気楽なほうが、会社でも良いです。

会社でバレンタインの手作りができないならばやめたい?

いろいろな関係があって、正直バレンタインについて制約が多すぎて疲れてきたのではないでしょうか。会社でのバレンタインを渡すというのは、異性だけではなく同性の目も考えなければならなかったり、気を使うことばかりです。おまけに、特別イケているわけでもない上司に渡さなければならなかったり、むしろ顔も見たくないような嫌味ばかりぬかす上司や同僚に渡さなければならなかったりなど、会社でいくらバレンタインの義理といっても、面倒なことだらけなのです。良かれと思ってやろうとしている、手作りであっても、捻じ曲がった考えを持つ方も多いです。そして、それならばやめたいと思うかもしれません。それについては、個人の自由です。そのままやめても問題ないと思いますが、現実会社だと女性の先輩上司もいたり、その他の無言の圧力もあったりと大変です。しかしながら、一般的に会社でのバレンタインについては、ネガティブイメージを半分以上持っている職場が多いので、そういった方と組みましょう。そして、声を上げれば会社でのバレンタインはやめたいならばやめることができます。こちらについては、ちょっと話題が変わりそうなので、詳しい方法は別途解説してみたいと思います。一応筆者の体験談もついておりますので、そういった視点からも、会社にお勤めの方は役立つ情報です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告