本命チョコの断り方!好きじゃないのにもらった人に

スポンサーリンク

本命チョコを好きじゃないのにもらったという方のために、今回は断り方を紹介してみたいと思います。断り方で、まず気をつけておきたいことをいくつか書きますので、それを前提に読み進めてみてください。とにかく、あなたも好きじゃないのに、バレンタインに本命チョコをもらって困惑しているということもあるかもしれません。もちろん、それはそれでしっかりと伝えるのが男としての誠意でもあります。そんな、悩める男子諸君に、男の筆者がお伝えしていこうと思います。ある程度場数はこなしているので、お任せください。

本命チョコの断り方

本命チョコの断り方

本命チョコの断り方でまずはこれを気をつけろ

まずは、本命チョコの断り方だけで、これだけは意識しておけということを書いてみたいと思います。それは感謝の意思を伝えることと、相手の容姿などをいじったりしないことです。考えてみれば、バレンタインに本命チョコを渡しているという時点でもかなりの勇気が必要です。それに加えて、告白などもあれば、前夜はもう眠れないなんてことがある方もいるかもしれません。それだけに「冗談じゃねーよ、ブ○!」なんてことを言うのは絶対に避けてください。それでもいくつか本命チョコの断り方がいくらしっかりしていたところで、断られたという事実があるので、それなりにはショックです。相手が納得できる伝え方も必要なので、具体例を見ながら、最後に本命チョコの断り方を決めてください。

断り方を考えるのもいいのですが、本命チョコそのものはどうするのかというところも気になると思います。それは、受け取ったほうが良いです。せっかくあなたのために作ってくれたので、ホワイトデーで返さないことだったり、義理だったりのハッキリとした対応で返すのがおすすめの断り方です。

本命チョコの実際の断り方

・本当ならOKしたいんだけど・・・
本命チョコの断り方で考えておきたいのは、相手にトラウマを与えないことです。本当はOKしたいような魅力的な女の子なんだけどということは、前置きしておきましょう。ショックをうけるような、魅力がないというようなことに近い言葉をならべると、それだけで相手はショックをうけてしまい、場合によっては逆上し、あなたのあらぬうわさを流す方も少なくはありません。本命チョコの断り方というのは、案外地雷を踏まないか怖いものです。それだけに、ジョークでもそういったことは言いましょう。

・実はすでに彼女が居て
これはもう、すでに彼女が居る場合です。本命チョコで彼女にも相手にもしっかりと誠意を見せなければならない断り方です。これは、そのまま伝えてしまっても問題ないので、それを伝えましょう。本命チョコをもらったことはうれしいというような感謝の気持ちも忘れずに伝えましょう。反対に考えてみると、彼女が居るのにちょっと考えさせてなんて、言われてしまうと相手も、あなたに好きな相手が出来たような場合にも、同じ方法でふられたりしてしまうのかなとあなたや、異性に不信感を与えてしまうことになります。

・集中したいことがある
意外とスマートな本命チョコの断り方です。告白されたような場合には、集中したいことがあるといってそのままお断りしましょう。相手がまだまだ気持ちを汲み取るのが苦手な方であれば、仕事や学業をがんばらなければならないタイミングで、もし付き合ったとしてもおろそかになってしまうし、何より気持ちが定まらないということを伝えましょう。しかも、延々と終わらないかのような伝え方にしましょう。学生なのに、学業に集中したいということで、残り1年だったりすると、それが終わればOKがもらえるのかなんて、勘違いしたりします。

・男として成長したら、またな!
ちょっと男子も良い思いができる本命チョコのかっこいい断り方です。何せ、本当に好きな相手だったりしても、それなりの男になるのが必要です。いざとなっても責任が取れたり、好きな相手をしっかりと守れることが必要です。ただ、そんな男にはなれていないということで、本命チョコの断り方にそのまま活かしましょう。あまりうまい言葉が思いつかない場合にはおすすめしません。

・実は気になる人がいて
こういった断り方は、むしろ相手にショックを受けさせてしまわないかと思われるかもしれません。ただ、好きな相手が居るなりに、むしろOKの返事を出したとしても、相手からすると「私はそれまでのつなぎなの?」と勘違いされることもあります。断り方を考えている時点で、OKを出そうと思っていないと思いますが、そのような点で考えると、本命チョコの断り方としては、これがベストだったりします。

・勉強or仕事との恋愛との両立は難しいのです
たとえば、勉強や仕事が必要な時期は誰にもあります。そんな状況下で付き合っても「私と仕事どっちが大事なの!?」みたいな状態になってしまうわけです。それは、それを言いやすい女の子が一番心得ているので、そういったことを本命チョコの断り方の前提として使ってみましょう。私と仕事のくだりのあたりをジョークでも言うと、ショックをうけてしまうので、仕事や勉強と恋愛の両立は今の自分には難しいということを伝えるのです。

・もうちょっとデートしてから(迷っている場合)
本命チョコの断り方を考えていて、付き合おうかどうかというような状況もあるかもしれません。そんな場合には、もうちょっとデートをしてお互いの理解を深めてからと伝えるのが良いです。何もお互いのことをわからないまま、付き合ってもすぐに別れてしまうのです。それだからこそ、デートが必要というわけです。相手のことがまだまだ分からないというような状況であれば、デートをしてからお互い考えるのも良さそうです。好きではないというのであれば、ほかの理由を探す必要があります。

・大事だからこそOKできないんだ
これまでに友達として一緒に遊んできたような場合で、本命チョコなどももらうかもしれません。しかし、好きじゃないということもあると思います。どちらかというと、良き友達であってほしいこともあるかもしれません。実際に男女の関係になれば、友達という一線を越えてしまうわけです。筆者も実際に行った断り方ですが、大事な相手だからこそ簡単にOKはできない、付き合うのは簡単だけど、それ以前に戻ることがあったならそれはそれで難しい、これまでどおり楽しく一緒に会話したりしたいというようなことを伝えましょう。友達から男女の関係になり、そこからまた友達というのはかなり難しいです。

・恋愛のゴタゴタがあったばかりでな
すでに恋愛感情そのもので、以前ゴタゴタがあって疲弊しているということ伝えましょう。すでに、誰かしら女性と付き合った経験がある方であったり、相手も同じような状況を体験していると、別れて数ヶ月くらいの状況であれば、恋愛感情など起こらないことも分かっているはずです。そんな恋愛に関することがあって、今は恋愛お休み中なんだというような断り方もOKです。相手に魅力がないというわけでもなく、傷つけない断り方です。本命チョコを不意ながらも、もらうと正直なところ困ることもあります。

本命チョコのどっちつかずの断り方は絶対やめろ

これだけは、伝えておきたいのですが、バレンタインの本命チョコをもらったときに、どっちつかずというような状況をやめましょう。散々長引かせた挙句、振るというようなこともやめておきましょう。いざとなれば、女の子も似たような断り方をしてくる場合もありますが、あれは男女どちらとも行うと、ちょっと人間として疑ってしまいます。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告