バレンタインの手作りは衛生的にヤバいことが多い

スポンサーリンク

バレンタインの手作りについて、考えてる方で衛生を考える人が多いと思います。日本の衛星の価値観についても、以前よりびっくりするくらい向上してきました。そこで今回は、バレンタインの手作りについて、実は衛生について大半は危険な水準で作成されているということを紹介してみたいと思います。また、これから手作りで衛生を考えて作りたいという方も、一度参考にしてみてください。これらの行為を否定するわけではなく、それぞれの方に注意喚起という形です。

バレンタインの衛生について問いかける

バレンタインの衛生について問いかける

バレンタインで手作りは衛生から考えてヤバい、そして本命にしても重い

バレンタインの手作りを考えているだけに、一番動かす場所は手です。大半の方というのは、実は衛生を考えると好ましい状況で作っているわけではありません。トイレに行っても手を洗わない方、手を洗う方でも、洗ったつもりでも指の間や爪の先が洗えていないことが多いです。手荒れをしている方であれば、その間にまで雑菌が入っていたりします。工場などで働いたことがある方ならば、すでにご存知かもしれませんが、手の衛生さについてはチェックツールを使って、汚いのであれば、指導されるなんてことがあります。人によっては、どれだけ真剣に洗っても菌がついていることがあります。手の表面を洗うだけではなく、指の間、手首、爪はなるべく切っておく、できれば前腕すべてを洗うくらいの勢いではないと、手先という意味では、工場レベルの綺麗さにはなりません。いくら手先が綺麗でも、腕や肘に水がついていると、いつの間にか汚いものが、チョコレートなどのお菓子の中に入ったりします。衛生という観点から考えても、まずはここまでしっかりしなければなりません。しかも手先に限っての話です。大半、それだけ徹底して作っているかというと、いくら女子であれそうはしていないことが多いです。おまけに、本命などに手作りなんて考えていると、衛生から考えても汚い上に、重かったり素直に喜べなかったりします。

バレンタインの手作りは衛生を怠るあまり、食中毒も

バレンタインというのは、何も先ほど書いた手ばかりではありません。手作りは調理器具だったりにも問題があります。それどころか、調理する環境に問題もあったりします。それによって、実は毎年のことながら、食中毒になったという事例も少なくはありません。全国的に多いかというと、そうではありませんが、やはり手作りによって汚染されてしまったチョコを食べた方で、気持ち悪くなったり、腹痛を起こしたり、吐き気を感じる方も多いです。衛生というのは、こうしなさいというような基準などはあっても、実際には守れていない方が多い傾向にあります。筆者も油断をすると怠ってしまうこともあります。それで、食事を人に提供しようとは思いませんが、衛生を考えるのであれば、嫌というほどしっかりしておかなければなりません。下手をすると、それによって相手から治療費を請求されたり、友達程度であればいじめの対象になってしまうこともあります。

バレンタインは手作りより市販が中学生にもおすすめ

なんだかんだの話、バレンタインは手作りよりも義理でも本命でもですが、市販のものを配ることをおすすめします。相手が求めているのであれば、手作りが良いですが、求めていないことも多いです。いざ、相手が食中毒を起こしても、責任を取れなかったりする方も少なくはありません。楽しかったり、それで喜んでもらうことが楽しいというのは、筆者も十分承知しております。可愛らしいチョコを作ったりするのも、楽しい時期があります。ただ、なるべくそれは自宅内で済ませるか、本当に付き合ってからにしておきましょう。

ここまで読んで手作りの衛生について大丈夫そうだと感じた方へ

「まー、でも、大丈夫なんじゃねぇの?」そう思う方もいると思います。このサイトには、神経質なくらいのことが書かれていると感じるかもしれません。事実、そうおっしゃる方が居てもおかしくはないと筆者は思っております。実は、衛生や食中毒の関係を考えた場合、人によってなりやすい、なりにくいなんてものがあったりします。それだけに、根拠がないけど自分はとにかく大丈夫そうだと感じているのであれば、比較的耐性は高いと思われます。ただ、自己責任で手作りをバレンタインに食べてみてください。

大人になれば、やはり大半の方はバレンタインの手作りは衛生から考えて汚いと感じる方が多いです。学生と違って、体力が落ちてきたり、それにともなって、抵抗力も落ちてきたりします。それによって、そういった食中毒にかかるリスクは高くなってしまいます。筆者も学生時代は、バレンタインの手作りについてなんとも思っていませんでした。これら、前述の知識があってもです。ただ、大人になるにつれて神経質だと言われるくらいになってきたので、そういった男女の方は、やはりバレンタインの手作りには衛生という意味でも気をつけましょう。

バレンタインの手作りで衛生を向上させるテクニック

ここに書くことはすべてというわけではなく、本来もっとやるべきこともあると思います。しっかりと、まずは手先の消毒を怠らないようにしてください。バレンタインにおける手作りの基本です。スマホなどをレシピを見ながら、作るなんて若い子らしいこともあると思いますが、ラップに巻いたり、ジップロックに入れたりなど、スマホを保護しつつ、手先の衛生も保ってください。スマホは思っている以上に汚れています。そして、調理器具は綺麗に保っているでしょうか。できれば、作る数日前から、しっかりと洗って、しっかりと乾燥させておく必要があります。場合によっては、漂白剤で消毒した後、熱湯で分解しながら洗い流して、しっかりと乾燥させましょう。乾燥という順序も大事なのです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告