バレンタインの男子の本音【中学生編】

スポンサーリンク

バレンタインの男子の本音が知りたい女子の方に向けて、男子の本音を男の筆者が紹介していきたいと思います。バレンタインに対してこんなことを言っているけど、本音ではどうなのか。中学生にとっては、すでに男女を意識し始めている年齢なので、昔仲良くしていた男子にすら聞きづらいなんてこともあります。そんなこんなで、もう自立心真っ盛りの中学生の男子が「恥ずかしいからやめてくれ!」と言いかねない本音まで、暴露していきたいと思います。

かなりの本音を書きます

かなりの本音を書きます

バレンタインにおける中学生の男子の本音

■チョコはもちろん誰だってほしい
まず、そもそも男子の本音として、中学生はバレンタインのチョコはほしいのかというところですが、義理だろうが本命であろうが、もらったらうれしいです。義理すらもらえない中学生の男子というのは意外に多いのです。テレビやネットでは義理や本命問わず、様々なところでやりとりをされ、それがあなたの目にも必然的に入ってきます。また、そこからいろいろなことは男女ともに妄想するので、バレンタインの現実はともかく、中学生にとっては輝かしいイベントに見えるのです。「バレンタインなんて興味ねー!」なんていいながらも、少しはやはり男子は興味あるものです。それが、高校、大学となると諦めがついてくるので、本当に興味はなくなるかもしれませんが、中学生はまだまだチャンスです。

■手作りはもうドキドキしてしまう
手作りをもらったらどうなのかというところですが、男子の本音としては、中学生あたりは大抵の方はもらうとドキドキしてしまうものです。筆者も中学生の時に、手作りのものはもらうことはありませんでしたが、もらったらもらったでかなりドキドキしていたかもしれません。大人になった今でも、心を許している相手であれば、それはもうとてもうれしいことでもあります。ただ、現実ちょっと難しい問題にも直面していくので、後半をしっかりと中学生の方はお読みください。そうしないと、最悪の場合食べてもらうことができないかもしれません。

■告白は「されたい」
中学生の男子の本音というより、これは女子もそうかもしれませんが、バレンタインでまだまだ異性との接し方がわかりません。どんな風に話しかければいいのか、考え方も小学生のころとはみんなまるっきり違います。そして、中学生の男子と女子はシャイなのです。好きで本命チョコを渡したけど、結局のところ告白できなかったなどの、甘酸っぱいエピソードもあります。もし、本当にこれから付き合いたいと思っている男子が居るのであれば、勇気を持ってみましょう。男子も男子で本音で好きであっても、中々言い出せないなんてこともあります。

■予想外の人からも期待している
実は思いを寄せている、中学生の男子が居るけど、そんな相手にバレンタインでチョコレートなどを渡しても迷惑ではないかなんてことを思うかもしれません。実は、予想外の方からも期待しているのです。それだけに、特にそのあたりは気にせずに勇気を持って机なり手渡しなりで、渡してみましょう。まだ、友達関係としては薄くとも、これから仲良くなっていけば良い話です。

■直接手渡しがベスト
中学生の方にとっては、渡す方もちょっと手渡しは恥ずかしかったりするかもしれません。しかしながら、男子の本音としては手渡しを希望していることが多いです。それでも、恥ずかしいなんてこともあります。それは男子も理解しているので、この場合は机の中や靴箱など、好きなところを選んでも大丈夫です。とにかくチョコを渡すことが目標ではなく、意思を伝えることがバレンタインの目標です。義理ならば、これからもよろしくなんてこと言いながら渡せばいいのですが、本命だとワケが違います。そんなときに、バレンタインのチョコというものがあるので便利です。

■でも、机や靴箱なんてのも夢あるよね
机や靴箱に入れることは、男子の本音としてはどうなのかと思われるかもしれませんが、先ほど直接手渡しがいいとは書いたものの、机や靴箱なんてものにも入っていたらそれはそれでうれしいものです。これから書きますが、実はもう中学生の男子の本音としては、登校したときの靴箱からちょっとドキドキしているはずです。いつも気にせず上履きを取っていたはずが、お化け屋敷のドアを開けているのかというくらいは慎重です。

■本命と義理はしっかりしないと気づかないよ
ここで重要なのが、本命と義理はしっかりしておかないと、中学生の男子としては気づきにくいです。チョコをもらっても、肝心のサインやメッセージがなければ、気づきません。中学生の女子に後学のためお伝えしておくと、男子に「察してくれ」は通じません。男子の本音は「良いことも悪いこともハッキリ言ってくれなきゃわからない」そんな感じの生き物です。中学生女子がお父さんが急にむかつく理由の1つです。これはあなたが、中学生であれば、大人になったときかなり実感することなので覚えておきましょう。そんなことからも、中学生の男女というのは中々コミュニケーションがとりづらいのかもしれません。

■まじめに彼女ほしい
なんやかんやの話、中学生の男子はバレンタインでは彼女がほしいなんて思っていたりします。好みの子が同じ学校にいるかどうかはさておき、恋愛などはすでにテレビやSNSなどで聞いたり見たりしたことがあるので、恋愛などに憧れを持ったりします。ただ、中学生の男子でも、まだまだ小学生っぽい見た目の人も居たりします。そんな方は、まだまだ恋愛などについては、未知の世界であるため、もしかするとそうは思っても居ない可能性があります。男子も、心身の発達具合によって異性にだんだん興味を持ち始めるのです。

■少数ながらどうでもいいとは思っている
不安なことを書いて申し訳ないのですが、バレンタインで興味ないといっているようなシーンを見て本当にそうなのかなと思っているかもしれません。特にそういった方はむしろ、気にしているくらいなのですが、本当に無反応な方はどうでもいいと思っている可能性は高いです。どうでもいいと書くと誤解を生むかもしれませんが、例えてみるならば、あなたは盆栽については興味はないと思います。興味がないのに、普段から盆栽について考えていないと思います。これと同じことで、そういう発想がないので、バレンタインをまったく意識していないというのが正しいです。そんな男子の本音です。

■手作りはなるべく避けてほしい
手作りに憧れはありながらも、ちょっと避けてほしいと思う中学生の男子の本音もあります。それを知られて、周囲からからかわれたりなんてこともあります。後は単純に市販ほどはおいしくなかったりです。意外とチョコ作りというのは、難しかったりします。それに、その男子のお母さんによっては、かなりきれい好きである場合もあります。手作りというのは、どんな環境で作ったかわからないという理由で捨てる鬼のようなお母さんも世の中に存在しますので、確実に食べてほしいならば、市販にしておきましょう。

■気にしていないふりをしながらも、慎重に様々なところを開ける
先ほど似たようなことを書きましたが、バレンタインは気にしていない素振りをしながら、机や下駄箱など様々なところを気にします。それはもう、丁寧に隅々まで、興味ありませんよオーラを出しながらも、何食わぬ顔で机の中に手を突っ込んだりなんてします。そんな男子の光景は、面白いといえば面白いですが、気持ちもわかるので、毎回筆者も複雑な気分になったりします。本音部分でも、やはりこういった行動に出ているので、そんなところで男子の興味のあるなしを発見してもいいかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告