バレンタインをもらったらその後意識する?【男の本音を書く】

スポンサーリンク

世の中の女性が気になっているのは、バレンタインをもらったら意識するのかということについてです。具体的な意見がなかったので、今回はそれを男の本音として書いてみたいと思います。質問サイトを見ても「女ですが~」って「お前に聞いてねぇ!」という女性の憤怒もどこからか聞こえそうな感じもします。あくまでも、今回は男視点でバレンタインをもらったら意識するのかどうかという、総合的な意見を書きますが、特に前半だけ読んで判断するのはやめてください。

マジかよってこと書きます

マジかよってこと書きます

バレンタインをもらったら男性は意識するのか

バレンタインをもらったらまずは、男性は意識するのかどうかということですが、正直これは厳しい課題です。そういうのも、後述することも関係してきますが、割合としては意識する人としない人は半々くらいのイメージです。もちろん、本命チョコをもらったら、それなりに女性に意識が向くことはあります。もっと男性の本音を書いてみると、何か事が起こってから意識し始めるというのは、比較的少ない傾向にあります。反面、女性は何かしら告白されてから、デートをしてから、そういった事象があって好きにはなるかもしれません。そういった意味では、どちらかというと乙女チックな男性が、バレンタインにもらったら、その後は意識する可能性は高いです。そうではないような場合は、意識するというよりは、困惑してしまうことが多いようです。

チョコレートをもらったらバレンタインでも意識しないこともある

もちろん、バレンタインにチョコレートをもらったら意識しないこともあります。意識し始めたのは、前述のちょっと乙女チックな心も持ち合わせている男性ですが、バレンタインだから特別意識を抱いたりというのは、女性に比べて比較的少ないです。筆者もそのタイプであり、バレンタインに本命チョコをもらったら、そこから意識し始めるというパターンはあんまりありません。そうかといって、まったく意識しないのかというと、そうでもありませんが、もらったからといって好きになることは別物です。それもそのはずで、バレンタインっていろいろ本命チョコをもらったとしても、男性としては判断に困る要素が多いのです。しかも、勘違いなど起こしてしまうと、年齢や場合によっては周囲の女性からバカにされたり、袋叩きにされたりしかねない世の中だったりします。

バレンタインのチョコをもらったら、その後の意識や年代別の反応

■これって、本命なの?わからねーよ・・・
これは大多数の男性のバレンタインをもらったときの反応です。たまにどっちつかずなバレンタインのチョコレートを渡す女性も居ます。もちろん、あなたはそんな女性ではないとは思いますが、意外とこのあたりの暗黙の了解が人によって違います。例えばブランドのチョコを渡したから、手作りだからというようなものだと、女性は当然のように本命チョコだろうと思うかもしれません。しかしながら、そのあたりを意識しないで渡す女性も居たり、そもそも料理が得意だから手作りにするということだったり、義理と本命の区別がつかない状況です。そんな中、女性の察してよというような雰囲気をかもしだされると、男性は判断しにくくなります。その後、「本命っぽいけど、わからんから、まぁええか」そんな感じになってしまいます。あからさまに本命だよということを知らせるには、手書きのメッセージが必要です。それくらいしないと、困惑する男性は多いです。

■そもそも女性に興味ない
そもそもの意味で、女性に興味のない男性も居たりします。文字通り、女性が恋愛対象ではなかったりすることも、もちろんあるわけです。これについてはデリケートな話題なので、本当にそうであっても女性に伝えられることはありません。しかしながら、そういった意識といいますか、遺伝子といいますか、そんな違いもあるにはあります。たまにそれっぽい方から相談を受けることがありますので、筆者としてはとても難しい話題です。

■社会人で彼女持ちだけど
バレンタインのチョコなどをもらったら、その後男性は意識するのかというよ、反応的には彼女持ちだったりするとしない場合もあります。別の話で、多数の女性をたぶらかすような方は、ホイホイとついていくかもしれませんが、そんなリスキーなところに反応するかは男性次第です。男の筆者としては、すでに彼女持ちであれば、素直にそれを伝えてお断りしていました。これまた、愛だったり、そういったことに興味がある方も居ますので、それを否定するわけでもなく、そんなケースに該当すれば、喜んであなたに反応はしてくれるはずです。そういったことが嫌いな女性は、望む反応でもそういったことに気をつけてください。

■友達関係が長引いているならちょっと意外?
人によっては、相手が学生だったりして、普段からちょっとジョークをかますような仲であったり、友達関係が長引いているのであれば「あれっ、ちょっと意外かも!?」というような反応をすることがあります。もしかすると、それをきっかけに意識はしてくれる可能性は高いです。筆者も実は、そのパターンで学生時代、バレンタインにチョコをもらって、本命であることがわかって、とりあえずはデートしてみるかと、デートを重ねる中で、意識はしていくようになりました。

■お付き合いは当分いいかな
特に年齢を重ねた社会人男性であって、何人かの女性と付き合っては別れてを繰り返している状態。ある程度経験を積んだ男性は、女性に対しても余裕のある感じの対応だったり、そんな姿が女性にとっては魅力的にうつるかもしれません。しかしながら、これは男女ともにありえることなのですが、お付き合いして別れた直後であれば、「しばらく女の子はええわ、ほな・・・」となってしまう可能性もあります。これでは意識どころではないので、その点も注意しておく必要があります。

バレンタインをもらったら、その後意識させる方法

ここまでほとんどが、ネガティブな話題でした。男性の反応などをまとめてみると、バレンタインをもらったら意識するのも、状況によっては難しいのです。それだけに、はっきりと本命であることがわかるようなものを渡してあげましょう。ブランドや手作りだったりするだけではなく、メッセージをしっかりと添えてください。連絡先なり、遠まわしな愛の伝え方でも大丈夫です。良いお返事待ってますの一言でも大丈夫です。そのあたりの壁が、男性を困惑させてしまうので、まずはハッキリさせておく必要があります。

その後、デートや一緒の時間を作れるようにしてみれば、徐々にあなたのことは意識してくるはずです。そこから、男性が決める速度というのは意外と早い傾向にあります。すでに相手が好きであるというような確証がしっかりと、バレンタインで渡した相手の男性は、その後しっかりと告白をしてくれるはずです。それだけに、もらった後の運任せにしていては、狙える男性も狙えなくなってしまいます。一歩上の女性になるため、そして確実に相手の男性を狙って落とすには、シャイさを捨てましょう。告白されたい気持ちもわかりますが、それは男性も同じだったりします。若ければ若いほど、シャイvsシャイになっているので、告白してもらうにしても、わかりすいくらいのバレンタインのチョコレートなどを渡してみてください。

やることはもう決まったはずです。そして、長々と書きましたが、やってみれば意外と簡単です。あなたの恋愛が実ることを、筆者は応援しております。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告