バレンタインを彼氏のあげないのはありかなしか

スポンサーリンク

バレンタインが近づいてきておりますが、そんな中でも彼氏にあげないという選択肢について迷っている女性に向けて、そもそも彼氏にバレンタインをあげないのはありなのかなしなのかということについて、書いていきたいと思います。そのまま結論をポンと出して、納得していただければ、幸いなのですが、場合によってあげないかどうかは決まってきます。もし、自分がそうだと思うところがあれば、今年のバレンタインは彼氏にあげないかどうかということを決めてみてください。

一緒に考えよう

一緒に考えよう

バレンタインにチョコなどを彼氏にあげないのはあり

さて、ここで筆者なりの結論を書いてみると、バレンタインに彼氏にあげないのはありだと考えます。似たようなことも後述しますが、結局のところ男性のほとんどはバレンタインなどには興味がありません。そして、さまざまな理由であげない、もしくはあげたくないと思っているのであれば、世の中の女性自身もストレスになってしまうので、あげないのはOKです。これを書いている筆者は、男ではありますが、無理して彼女に作ってもらったチョコレートなどうれしくもありません。作るにせよお金がかかります。それに、買うにしたって女性は彼氏のためにかなりの時間を費やすことになるかもしれません。おまけに、チョコでつながっているだけのようなカップルというのもなんだかなと感じます。それだけに、無理してあげようと憂鬱な気分になっているのであれば、世の中の女性はバレンタインに彼氏に無理してあげないのが良いです。

世の中の女性が彼氏にバレンタインをあげない理由

■バレンタインの文化に女子はうんざりしてる
先ほどは筆者の見解を書いたので、女性の意見をこれから書いていきます。考えてみれば、男性と違って女性は小学生のころから、バレンタインの良い面もありますが、悪い面にも巻き込まれた経験が多く、トラウマを持っている方も少なくはありません。それだけに、バレンタインといっても、世の中の男性が想像するほど、華やかなイベントではなかったり、むしろ無言の圧力などが働くこともあります。ある程度、砕けた関係の彼氏にまで、それを求められるのは嫌という方は、バレンタインは彼氏にあげないというような選択をしているようです。

■そもそもチョコでしか愛は伝わらないのか
そもそもの話、バレンタインにチョコをあげたところでどうなるのでしょうか。彼氏にバレンタインのチョコを渡して、ほとんどの方は愛を伝えると思います。しかしながら、それだけでしか伝わらないというのもおかしな話です。普段から「好きだよ」「愛してるよ」の言葉、もしくは態度などでそれらは十分に伝わるはずです。それだけにバレンタインのチョコレートなりをあげることの意味を考えてしまうわけです。その結果、彼氏にバレンタインをあげないのでもいいのではないかと考える女性も増えてきました。

■お返しがない
彼氏といえど、関係はイーブンに。ギブアンドテイク。そう考えている女性も居ます。こう書いてしまうと、男性はなんだかケチくさいなと思うかもしれませんし、乙女心ならぬ男性心がわかってないと呆れるかもしれません。ただ、一方的な奉仕というのは、奴隷と同じです。そんな意味でも、お返しがないということで、バレンタインに彼氏にあげない彼女サイドの意見もあります。しかも、それに対してなんだかもやもやしてしまうという女性にとってのつらいエピソードもあります。

■単純にめんどくさいよね
単純にめんどくさいという理由で、彼氏にあげないという方も居ます。冷たいななんて思う方も居たりするかもしれませんが、手作りにするにしても、買うにしても、女性は男性の何倍も時間を変えて良いものを選ぼうとします。それに、多少なりともお金も時間も費やしているわけです。こう考えると、女性にとってはめんどくさいなんて思われても仕方ないです。そして、同じことを述べる女性を筆者も見たことがありますが、これについてはむしろ同感なので、めんどくさいという単純な理由であれど、あげないというのはありだと筆者は思います。

■バレンタインに興味がない
バレンタインにもともと興味がないということで、一貫して彼氏といえどあげないという女性も実は居ます。少数派ではありますが、むしろ男より男らしい考えの自立した女性もこの世の中に増えてきました。クリスマスだから、バレンタインだからと、周囲と同じようにチョコレートを渡すということに、意味を感じません。そういった方こそ、バレンタインの起源を調べて、余計に意味がないと思うのです。結果、彼氏にバレンタインをあげないという方も居ます。

■むしろ、お返しが申し訳ない
バレンタインを彼氏に渡すと、9割くらいの女性はお返しは「当たり前である」という意見です。しかしながら、お返しのためにバレンタインを渡しているわけでもなく、お返し目的でバレンタインを渡すのはとても卑しい行為であると考える女性も居ます。筆者としては、これには大賛成です。しかし、そんな目的ではなかったとして、お返しがないのは寂しいという女性の気持ちを否定しているわけでもありません。両者とも気持ちがわかるのです。そんなこんなのことがあって、彼氏にはあげないという女性も居ます。

こんな場合はバレンタインのチョコなどを彼氏にあげないのはやめよう

ある程度、前述のことで納得して、バレンタインは彼氏にあげないでおこうかなと思うかもしれません。そういった決断もありです。しかしながら、筆者として女性へのお願いです。これは、一人の男の意見として聞いてください。全員がそうであるというわけでもありませんが、世の中の男性の8割くらいは義理チョコはもらったことがあれど、本命チョコだったりをもらったことがなかったりします。そういった経験のある男性であれば、やはり彼女からバレンタインにチョコをもらうことは、ちょっとした夢だったりもします。もし、1回くらい求めているだけであれば、気持ちに答えてみましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告