バレンタインに彼氏にお菓子だけってあり?なし?【本音】

スポンサーリンク

もうちょっとで、バレンタインを迎えそうなのですが、そんな中でもバレンタインに彼氏にお菓子だけというのは、ありなのかなしなのかということについて、男性筆者が紹介してみたいと思います。どちらかというと、彼氏は実はそのあたりは気にしていない傾向にあります。バレンタインといえど、ちょっと合理的過ぎるくらいの考え方でもありますので、本音部分で知りたい方も参考にしてみてください。

男の本音的なものをまじえながら

男の本音的なものをまじえながら

結果的に書くとバレンタインに彼氏にお菓子だけはあり

すでに、ここで結論的なものを書きますが、バレンタインに彼氏にお菓子だけというのはありです。もし、彼氏がバレンタインのチョコなどを、あまりもらったことがなかったり、反対に手作りのチョコやお菓子をあげるのが初めてならば、それを渡してみましょう。ぶっちゃけ、バレンタインにお菓子だけってちょっと、ケチなのではないかというような思考になってしまうかもしれませんが、物の値段自体は、ほとんどの彼氏は気にしない傾向にあります。無論、市販であれば、もらったものの金額などを考えてお返しなどはするかもしれません。しかしながら、気持ちさえあれば、100円程度の市販のお菓子だけでもまったく問題ありません。数千円、数万円くらいのお菓子であったとしても、それはがんばればいつか買える話です。かかっても、数万円程度のものですが、あなたの気持ちには価値のつけようのない大切さを彼氏は感じていることです。それに、もっともらしいことを書いてみれば、バレンタインにお菓子だけで済ましておいて、後はもうちょっとおいしいディナーを食べに行ったり、デート代に回すというほうが、バレンタインでほかのことも楽しむことができます。例えば、バレンタインの彼氏へのプレゼントはちょっとしたお菓子だけにしておいて、後は映画を見に行ったり、焼肉を食べてみたり、ケーキバイキングをむしろ一緒に楽しんだりなどのほうが、チョコレートなどに数万使うよりは、かなり有意義な時間がすごせるはずです。そんな視点からも、バレンタインにお菓子だけなんてことがあっても、ケチだとかそういうことは思いません。

それに、年齢によってはバレンタインにむしろちょっとしたお菓子だけしか渡せないなんてこともあります。小学生や中学生どころか、高校生や大学生なんて、アルバイトをしていても、かなり経済的に厳しい生活を送っていることもあります。特に学生であれば、背伸びした生活など、さらに社会に出てお金だけを稼ぐようになれば、今よりはもっと経済に自由のきく生活ができるようになります。それほど裕福ではなくとも、100円や200円に困る生活はしないと思います。そんなこんなで、特に学生の方でバレンタインにはそれなりのものをプレゼントするべきであって、お菓子だけはケチくさいなんて思わないでください。むしろ、それくらいの方が良いです。

その他、彼氏が社会人だったとしてもですが、バレンタインにめちゃくちゃ高級なスイーツを渡されたとしても、彼氏はドン引きしてしまいます。甘い物好きであれば、それなりに価値を感じてくれることだと思いますが、特に興味がなければ砂糖と油の塊くらいの印象です。まだまだ社会に出たてで経済的に厳しかったり、しばらくは下積み期間だったり、その他の支払いでお財布的にしばらく厳しい状況が続く彼氏も少なくはありません。それだけに、むしろ社会人であったもお菓子だけというようなやり取りのほうがお気楽でもあります。

バレンタインに気持ちさえあれば彼氏にお菓子だけというより無しでも大丈夫

先ほど似たようなことを書きましたが、これは大事なのでもう一度伝えておきます。バレンタインにお菓子だけかどうかというのは、世の中の大半の彼氏にとっては、大きな問題ではありません。男性筆者も同じく考えるのですが、バレンタインにお菓子だけかどうかというよりは、自分を愛してくれているかどうかというのが問題になってきます。お菓子などは、社会人であれば今すぐにでも買えるものです。しかし、あなたからもらえる愛には価値のつけようのないくらい大事なものです。そういったところは、実は世の中の彼氏は乙女より乙女な心を持っているのかもしれません。値段だったり、物は重要ではなく、本当に必要なのはあなたからの愛です。本当にそうであるのかどうかというようなことも疑問になるかもしれませんが、彼女や嫁からもらったラブレターを何十年たっても大切に保存してある男性を見かければ、それはもう明白な話でもあります。自分の彼氏は本当にそうなのかわからないというような場合は、あなたから心をこめたラブレターをお菓子だけではなく、付け加えてみてください。特にこのあたりは、負担になる金額でもないと思います。それを大切に読んでくれたり、保管してくれる彼氏は多いはずです。

もっともっと本音的なものを考えてみれば、むしろお菓子だけというより、お菓子の類はなしでも大丈夫です。何もプレゼントなしでも大丈夫です。本当にバレンタインになにかくれるというならば、筆者は愛がほしいです。その表現は単純にハグをするだけであっても、ラブレターであっても何でも大丈夫です。こう書くと、リアルで何か彼女や嫁に不満があるのかと思われるかもしれませんが、そうではないことを書いておきます。そんなこんなで、ある程度はバレンタインにおける彼氏の本音的な部分も覗けたのではないかと思います。

お菓子だけで、申し訳ないならばお手紙を付け足してみてください。もしくは、お菓子などなくとも大丈夫なので、愛をプレゼントしてみましょうというお話でした。ここまでお読みいただき、ありがとうございました。今年はカップルそろって、幸せなバレンタインにしてみてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告