友チョコの手作りは嫌なのか本気で解説【よくある声】

スポンサーリンク

友チョコの手作りは嫌なのか知りたい方、そんな記事を読んで共感したい方に向けて、今回は友チョコの手作りについて書いてみたいと思います。ここで結論じみたことを書いてみると、嫌な人も、もちろん居ます。そして、実際にこれから友チョコを手作りしようかなと思っている方も、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことになりますので、気をつけておきましょう。それをもらった親の方にもこのあたりには触れてみたいと思いますので、学生の方から保護者まで参考にしてみてください。

マジでみんな気をつけろ

マジでみんな気をつけろ

実際に友チョコの手作りは嫌な人が多い

友チョコというと義理チョコと同じような意味合いで渡す方や、同性である女子にこれからも仲良くしようねというような意味合いで渡すことがあります。主に女子同士での友チョコの交換ですが、これは嫌だと思う方が大人子供問わず多いです。理由としては、汚いと思ったり、気持ち悪いと思うことがあるようです。そもそもを考えてみると、友チョコをくれた相手はどのような環境で作っているかもわかりません。トイレに行った後手を洗わない女子が居るのも事実です。ここまで読んでみると、神経質すぎるのではないかと思われるかもしれませんが、綺麗か汚いかなんていうことは、個人の考え方によって違います。例えば筆者の場合ですが、特に手先はかなり綺麗にしておかないといけないと思っていたり、キッチンなどの蛇口に手垢ひとつ残さないくらいは毎日掃除をしています。ここについて「えぇ!?」と思う人も居れば、分かると思う人も居るかもしれません。さすがに神経質すぎると思った方でも、特定の部分においてはかなり、綺麗にしておきたいなんてこともあったりします。本人にとってはそれが当たり前ですが、周りにそれを何の悪気もなく話してみると、ドン引きされたりです。

友チョコと話がそれてしまいましたが、そんな感じで相手の衛生面の価値観の違いというところで、友チョコの手作りは嫌だと思われたり、気持ち悪いと思われたりすることがあるようです。実際にごみ屋敷に住んでいる友達が居たとして、そんな方から手作りの友チョコをもらうのは誰でも嫌なはずです。これが極論にしても、綺麗か汚いかというのは、前述したように個人によって考え方が違うので、できれば市販のチョコを友チョコで渡すのが良いです。

また、近年とても若い層でも衛生面が向上してきております。それによって、免疫力が低下し、アレルギーになってしまう方が増えてきているというニュースがありました。それだけ、衛生面に気遣っている若い方も増えてきているので、友チョコの手作りが嫌であるというような割合も必然的に増えてきているかもしれません。

友チョコをもらった子供が食べているのを見るのが嫌

子供がバレンタインのシーズンを終えて、手作り友チョコをもらってきていることも見かけるかもしれません。相手はどんな衛生環境で作っているか不明なため、特に母親は嫌と感じることが多いようです。そして、結局子供がもらった友チョコを捨てたというようなこともあります。実際に、お腹を壊したりすると大変です。ただ、その場合は出来るだけ、子供に判断させましょう。それも親の役目です。子供が嬉しがっているのに、友チョコを捨てるというような行為は最低です。前述したように、最悪の場合はお腹を壊すことがあるかもしれません。ただ、そうやって人間学習していくのも事実です。親に言われたところで全て言うことを聞く子供は、見かけ上はとても良い子なのですが、社会に出ていろいろ難儀することになります。何か一言伝えたい場合は、友チョコをもらったタイミングはあからさますぎるので、別のタイミングで手作りチョコに対する親の見解で嫌ということををしっかりと伝えてあげましょう。

友チョコで体調不良を起こすこともあるので嫌な人も

なんだかんだ、友チョコに関するニュースは個人サイトから大手のメディアなどで見かけるかもしれません。良いニュースも見れば、悪いニュースもあります。今回は後者の方を書きますが、実際に少なからず友チョコで体調不良を起こしている方も居ます。それは、先ほどでも一部触れたように、食中毒になる方、入っているものに対してアレルギーがある方があったりします。それを知ってか知らずか、ほとんどの場合は善意ですが、友チョコを渡したりすると思わぬトラブルにつながったりします。特にアレルギーが重いのであれば、ショック症状を起こすことになります。別件で筆者はショック症状(出血)を起こしたことがありますが、それはもうあの世が見えてしまうレベルでパニックを起こします。場合によっては、本当に倒れる人もいます。そこまで考えた上で、手作りの友チョコを渡すことが出来るかというと、大半はNOだと思います。手作りの責任はかなり重いのです。神経質すぎるという考えだけで片付けば、それはそれで良いのですが、こういったことも手作りの友チョコを渡す方は考えておきましょう。それを踏まえた上でと言っている人は多いのです。

ここまで書かれると手作りを特に何の悪気もなく作っていて、不快な思いをしたかもしれません。しかし、友達を大切に思っているならば、やはりそういったリスクは避けるべきことです。これがきっかけで、友達関係が壊れてしまったということもあります。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告