サンタクロースはどこから入るかと聞かれた場合の答え方

スポンサーリンク

サンタクロースについて、知識が深まってきた子供を相手にする親の方、「どこから入る?」と聞かれることがあって、回答に詰まっていないでしょうか。そんなあなた、そして子供の両方に向けてサンタクロースはどこから入るのかということについて解説してみたいと思います。最後に子供向けの解説をしておりますので、親ではない小学生や中学生くらいの方がお読みならば、最後だけ読んでください。実は、これって親も知らないケースが多いので、うまく説明できないこともあるのです。

知りたいなら教えよう

知りたいなら教えよう

サンタクロースはどこから入る?

■換気扇
昔のように煙突のある家など少ないです。暖炉だったりがある家でもそうなのですが、現代は現代のサンタクロースが居て、換気扇から入ってくるというような意見もあります。わずかな隙間ですが、確認してみれば確かに入ることができそうな感じもします。あまりにも小さいところもあるかもしれませんが、そんなときは別の場所を狙っているのかもしれません。サンタクロースもそれぞれの家でどこから入るのかということは、テクニックにもかかっております。それだけに、残念ながらクリスマスプレゼントが来ないところもあるのかもしれません。

■わずかな窓の隙間から
家の隙間を見てみましょう。窓と窓の間だったり、家は密閉されきった空間ではありません。それだけに、サンタクロースはどこから入るかというと、わずかの家の隙間を狙うことがあります。結局入ることが人間の大きさだったらできないのではないかと思うかもしれませんが、サンタクロースもそれなりにスキルを持っているのです。小さくなったり瞬間移動できるようなスキルはありませんし、実際のサンタクロースもそんなわけでもありません。ただ、そこを狙うということはヒントとして書いておきます。

■え?入ってこないよ?
これは後半でも解説することですが、サンタクロースはどこから入るかと聞かれると、そもそも入ることがないというようなケースも存在します。そんなことから、親の立場の方が聞かれたらこの回答がうそにならないのでベストかもしれません。絵本やアニメのようなサンタクロースで超人スキルをもっているのは、アニメと絵本の世界だけなのです。そもそもの意味でどこから入るのかという概念を覆す必要があります。結果、どこから入ることもありません。

■寝ているうちに見かけると
親の方であれば、すでにサンタクロースの存在は確認できているはずです。居ないというような嘘はやめておきましょう。ただ、サンタクロースは24時間活動しているので、子供たちが寝ているうちに見かけると回答しておきましょう。考えてみれば、ヤマトや佐川ですら、決まった時間に来てくれるわけではありません。何時何分まで指定するのは難しいです。サンタクロースも同じことです。ここにも大人のみぞ知る、サンタクロースのヒントが隠れていたりもします。寝ているときに見かけるとだけ答えておきましょう。どこから入るかというポイントには触れないのがベストです。

■実は渡されたんだよね
サンタクロースについて現実的な回答をすれば、実はサンタという存在に渡されているんだと真剣な顔で答えてみるのもありです。これまた、理由付けに後半に親までも納得できることを説明します。とにかく、どこから入るというのを考えてみると、法律など知っていれば、現実として難しい場合もあります。派手に行動していては、サンタクロースも存在が子供たちにバレてしまうのです。渡されたというようなことを子供に回答してみるのもありです。割と真剣に答えてみるようにしてください。

■毎年外に置かれてるから持ってきてるんだよ、困ったもんだわ
サンタクロースはどこから入るのかと聞かれたら、むしろ親は被害者面してやりましょう。「いやいや、枕元に置いたのは自分だ、でもな、プレゼントが外に毎年あるんだよ。それを持ってきているわけだ。」そのように回答してみるのもベストです。もし、その場を見たいというのであれば、サプライズで来年から使えるかもしれません。庭に放置できそうなプレゼントであれば、それを来年から実行してみてもいいです。このあたりは、サンタクロースが実際にどうするのかというような問題もかかわってくるので、親の方が読んでも仕方ない部分でもありますが。

■到底想像できないような能力で
サンタクロースはどこから入るのか、それは誰もが想像できないような能力を持っているかもしれません。考えてみれば、テレビ特集でも信じられないような能力を発揮する方も居ます。サンタクロース全員がそうであるとは限りませんが、もしかするとその子供の家はそういったサンタクロースが派遣されるようになっているのかもしれません。どこから入るかと聞かれると、具体的な回答は難しいものの、とにかく入ることはできるということを説明してみるのもおすすめです。

■親との相談の上で
かなり現実的な回答です。現行法では、これまた後述しますが、入ってしまうと不法侵入になってしまうケースがあります。だからこそ、親と相談の上で入っているのかもしれません。ただ、このあたりの合意や許可もなく入ったとすれば、それはサンタクロースに問題のあることです。もちろん、そんな悪質なサンタクロースは存在しないのでご安心ください。親との相談の上で入っていると伝えましょう。真実は親のみぞ知ることです。バラさないように言われているので、大人とサンタクロースの秘密です。

■泥棒の話にすりかえる
考えてみれば、サンタクロースはどのような方法をつかってもいいのであれば、どこから入ることも現実的には可能なはずです。鍵をかけたつもりが、うまく閉じきれていなくて、そんなわずかな隙間を窓をガタガタ揺らして、はずしてしまう方法、その他もろもろありますが、それがサンタクロースならばいいのですが、泥棒だったらどうなることか。怖いから戸締りはお父さん、お母さんが居ない間はしっかりとしておいてねと伝えておきましょう。いろいろな意味で教育になると思います。

で、本当はサンタクロースはどこから入る?

結局、ここまで並べたのは言い訳でしかありません。本当はサンタクロースはどこから入るのかというと、基本的には手渡しだったりします。それぞれの国の法律に従っており、日本だと住居侵入になってしまったりするわけです。そんなこともあって、いくらサンタクロースの格好をしていても、通報をされてしまってはサンタクロースも信用がガタ落ちになってしまいます。もしかすると、子供の方はすでに親が受け取っていたりするかもしれません。あわてんぼうのサンタクロースの歌にあるように、クリスマス前にやってきて、クリスマスイブに渡すように親は言われているのです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告