クリスマスパーティーの筆記体の書き方をわかりやすく教える

スポンサーリンク

クリスマスパーティーを筆記体で書きたいので参考にしたい方、うまく書こうと思っても、クリスマスパーティーを筆記体で書けないというようなこともあると思います。そんなときにどうやっていけばいいのかということを書いてみたいと思います。まだまだ書けない方は良い暇つぶしになったり、勉強になったりもするかもしれません。特にいまどきの学校では教えられなかったり、筆者もゆとり教育の影響を受けた人間なので、習ってはいませんが書けるようになりました。そんなことはさておき、筆記体の書き方をさくっと見ていきましょう。

実際に書いてみた

実際に書いてみた

クリスマスパーティーの筆記体の書き方は分けて考える

まず、クリスマスパーティーの筆記体をうまく書こうと思えば、意外と難しいことに気づいたのではないかと思います。ただ、これは連なっている文字列を見てみると、筆記体としてかなり難しそうに思えますが、クリスマスパーティーの筆記体を今回のように分けてみて書いてみました。そうすると、1つ1つの文字がなんとなく見えてきたのではないかと思います。

分けて見てみよう

分けて見てみよう

アルファベットの文字列がわからない方であれば、100円程度で販売されている筆記体も記述された学校で使うような英語のノートを買って練習することをお勧めします。いわば、バランスみたいなものをまずは把握する必要があります。それ以前に、クリスマスパーティー用に筆記体が書けたら良いだけの話であるというような場合には、最後に書いてあることを真似すると、チートではありますが、筆記体はひとまずは書けたということになります。また、さらにおしゃれに書く方法などは、過去に筆者が書いた筆記体が参考になるかもしれませんので、こちらもお読みください。

メリークリスマスの筆記体の書き方を分かりやすく解説!

クリスマスパーティーの筆記体がうまく書けないときの考え方

おそらく先ほどのことをそのまま試してみても、大半の方はクリスマスパーティーという筆記体がうまく書くことができないのではないかと思います。筆者も単純にかっこいい、おしゃれだからというような理由で筆記体の練習を学生時代に始めましたが、書くことが最初はとても難しかったです。それもそのはずです。あなたがこうやって、日本語が読み書きできているのには練習があってのことだと思います。バランスが取れるように文字そのものの練習をするときは、四角の枠に1文字ずつ書いて練習していた過去を思い出したでしょうか。まさに、筆記体という点で見ると同じレベルに戻っているのです。そして、ある程度バランスが取れるようになれば、クリスマスパーティーどころかさまざまな筆記体で書けるようになります。読むこともできるようになるので、この機会にぜひともチャレンジしてみてください。

クリスマスパーティーを筆記体で書くためのチート

これはあなたが何かしらを印刷できる環境にあることが前提ですが、クリスマスパーティーの準備として目次を書いたりなどで取り急ぎの準備が必要になるのであれば、さくっとそのあたりのサイトの画像をプリンターなどで印刷してみてください。そして、それを透かして上からなぞるか、透かせないレベルで厚い紙に書くのであれば、筆記体の裏を鉛筆やシャーペンなどで黒く塗っておいて、そのまま紙に転写します。カーボンペーパーみたいな方法です。ただ、そういった手法を取ったことはわかるレベルの転写レベルになるので、うまくマジックやボールペンなどで清書しておきましょう。もしくは、現代らしくPhotoShopやillustratorを使いこなせるようになると、いいかもしれません。これまた面白いので、クリスマスパーティーの筆記体とは話が違いますが、こちらが使えるほうが実用性は高いので、好奇心旺盛な方はチャレンジしてみてください。

クリスマスパーティーを筆記体で書く人へのアドバイス

最後に解説しておきたいのは、クリスマスパーティーという文字列を通して、筆記体をうまく書きたいという方へのアドバイスです。いろいろなお手本サイトなどを目にしたかもしれません。それぞれ、サイトやそこに使われているフォントによって書き方などは違っていたりします。そして、筆記体そのものの書き方には正解がありません。読めたらとにかくは問題ないというレベルのものです。だからこそ、おしゃれにアレンジできるのかもしれません。日本語だとちょっと違ったり、おしゃれにして一部の記述を変えてしまうと、まったく違う意味になってしまいます。「太と犬」みたいな感じで点の位置が違っただけで、意味も大違いです。反面、英語での筆記体というのはそのようなところがありませんので、おしゃれに書きたいときは便利かもしれません。まずは、多少は適当でも大丈夫というような感じで書いてみるといいかもしれません。あとは、迷いもなくすらっと書いてみることです。まじめに書きすぎると、堅苦しい筆記体になってしまいます。筆者も何とか書けるようになったものの、スラスラと書いている人とはまったく違った筆記体になっていたので、まじめに書きすぎていたのが原因だったようです。

そんなこんなで、ここであえて開き直ったことを書いてみれば、書けなくとも普通の生活はできますが、もしかすると大学の板書や、医療系だと筆記体で書くことがありますので、そういった方は、この機会になれておくといいかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告