クリスマスに連想するものを片っ端から紹介する!

スポンサーリンク

クリスマスといえば、何なのか、これからブログやサイトのネタに考えている方や、連想するものを使ったゲームをしている方などなどさまざまな方に向けて、片っ端から書いてみたいと思います。実際に見慣れないワードもあると思いますので、クリスマスに連想するものと同時に解説してみたいと思います。特に食べ物については、海外の文化を取り入れていることもあるので、変わったものも発見できるかもしれません。

クリスマスに連想するもの

クリスマスに連想するもの

クリスマスに連想するもの一覧

■食べもの

・クリスマスケーキ
まずはクリスマスから、連想するものといえば、クリスマスケーキです。ネットやスーパー、テレビなどで「もういいよ!」と言ってしまいそうなくらいはクリスマスケーキの宣伝を行いまくっております。それだけに、日本では多くの方がクリスマスケーキを連想するものとして挙げる傾向にあります。しかしながら、いたって普通のショートケーキを食べるのは日本とお隣の国くらいの文化だったりします。その他の国は、もっと別のものを食べているので、最近それが広まってきているという意味でキーワードを紹介します。

・シュトーレン
そもそもこれは何なのかと思うかもしれませんが、特にスイーツ好きがクリスマスに連想するものかもしれません。見た目はパウンドケーキのようなもので、ドイツの菓子パンのこと指しております。見た目もクリスマスを連想するものが多かったりします。実際に食べてみると硬いという意見を持ったり、むしろこういったシンプルなものが好きで、食べ過ぎて太るのではないかというようなニッチなお悩みもあります。

・パネトーネ
これは主にアメリカで、クリスマスから連想するものかもしれません。クリスマスに入る前に、スーパーにはかなりパネトーネの山ができます。熟成させながら食べていく楽しみもあったりしたり、4週間くらい前からキリストの復活を待ちわびるというような意味で、食べ始める方までさまざまです。最近はコストコなどでも販売されているので、もしかするとそれらがある地域でヘビーユーザーの方は、クリスマスで連想するものにもなるかもしれません。

・ブッシュドノエル
見た目はおしゃれで作り方はめちゃくちゃ簡単です。ロールケーキに生クリームを塗りたくっているだけと書くと失礼かもしれませんが、本当にそれだけです。これはフランス語でノエルの部分がクリスマスにあたる単語になるようです。もしかすると、ご家庭でおなじみの方は、すでにクリスマスになると連想するものかもしれません。もし、あなたも今年はケーキは2種類食べたいけど、予算の面でも心配だなと思うような場合に、これを作ってみましょう。子供やカップルで作るとかなり盛り上がります。

・チキン
クリスマスで連想するものはチキンもあります。その中でも、フライドチキンだったりローストチキンだったり、七面鳥を丸々1つオーブンで焼いてみるという本格派までいろいろあります。そもそもの始まりは、アメリカで先住民が移民に対して、飢えている状況で七面鳥を与えて、そういった状況をしのがせたというような説があったような気がします。興味があれば、連想するものとセットで調べてみてください。

・ローストビーフ
クリスマスで連想するものはチキンのほかにも、ローストビーフもあります。毎年これくらいになると、ひっそりスーパーの牛肉コーナーが盛り上がったりします。しかも、意外とリーズナブルだったりします。クリスマスには恒例ながらローストビーフを食べるというご家庭も少なくはありません。

・ピザ
クリスマスといえば、連想するものとしてピザもあります。特に毎年のことながら、配達をしてもらっているところや、店舗に取りにいって、ピザを1枚おまけしてもらう若い方などさまざまです。筆者は若くもないのですが、たまたま会社の後輩から、取りに行くと1枚無料だということを聞いて、そんなこともなかった時代で、ひたすらピザは高いと思っていたことを思い出すとびっくりな時代になったもんだと思いました。

・寿司
クリスマスには意外な事ながら、寿司も連想するものとして挙げる方は多いようです。クリスマスには、チキンもビーフもピザもいいけど、年を重ねてみると脂っこくてということで、寿司に走る40~50代も少なくありません。いくら年齢を重ねているといえど、クリスマスらしい特別な過ごし方もしたいですよね。筆者も確実にその道を歩んでいるのです。

・ケンタッキー
クリスマスが今年もやってくるでおなじみのケンタッキーです。実は筆者は、生まれて20年以上ケンタッキーというものを食べたことがありませんでした。外食や、何かをテイクアウトするにしても、フライドチキンをわざわざ買う意味を感じなかったからです。しかしながら、そんなつまらない理由で食べないのもなんだかなと思って食べてみると、かなりおいしかったです。連想するものではなく感想になってしまったので、次々といってみます。

■人や物

・彼氏、彼女
日本でのクリスマスで連想するものは、やはり彼氏や彼女です。それぞれのプレゼントやデートプランは何にしようかということを考えていたり、反対にクリスマスまでに彼氏や彼女を作りたいというような意見もあったりとさまざまです。まだまだお若い意見も多く、少子化が叫ばれている一方で、そういった人は日本にとって良い傾向かもしれません。一緒に未来を作り上げていきましょう。

・サンタクロース
クリスマスといえば、もうおなじみのサンタクロースです。連想するものとして当たり前すぎて、このあたりまで出すのを忘れていました。チラシやケーキなどを見ても、例外なくサンタクロースがプレゼントを持ってこちらを向き、微笑んでいるようにも見えます。現実をお伝えすると、実はクリスマスにサンタクロース本人はプレゼントそのものを重要視していないという傾向があるようです。

・子供
クリスマスで連想するもので、子供を挙げる方も少なくありません。既婚の方であれば、何よりも子供の喜ぶ姿を第一に考えるのではないでしょうか。筆者も同じくそうです。プレゼントの渡し方はどうしようかなと考えたり、クリスマスケーキは何にして、どんな遊びをしてといろいろなことで、世の中の親は頭がいっぱいになるかもしれません。とても幸せな時間です。

・クリスマスツリー
クリスマスに連想するものは、クリスマスツリーもあります。子供がそれなりの年齢であれば、一時期はどのご家庭も持つかもしれません。まだまだ赤ちゃんがいる場合は、誤飲だったりを防ぐためにマスキングテープなどで作る方もいるようです。お読みのあなたが親という立場であって、新生児にクリスマスツリーを家の中でも見せてあげたいときにはこれが安全で喜ぶかもしれません。

・イルミネーション
クリスマスに連想するものは、むしろ外出すれば当たり前のようにあるイルミネーションです。この季節になると個人の家から企業までさまざまな工夫をしたイルミネーションを見せてくれます。見た目はきれいだなと思うのですが、個人宅で設置している方はまぶしくないのかなと思ったりもします。

・プレゼント
クリスマスで連想するものはプレゼントです。特に彼氏、彼女、子供、いずれかの方がいるような場合にはこれでメインに頭を悩ませることがあるかもしれません。筆者も現在進行形でそうです。今年のクリスマスプレゼントは何にしようかなと思ったり、調査したり、いろいろです。

■その他、事象など

・デート
こちらからはクリスマスに連想するものとして、その他の事象などのことを書いてみたいと思います。まずは、クリスマスで連想するものはデートです。プランを考えたり、寒くないところだったり、楽しめそうなところだったり、デートスポットまで様々です。筆者はそういった時代は過ぎましたが、いずれ子供が自立すると、デートはまた改めてやってみると新鮮な気持ちになれるかもしれません。

・喧嘩
これはどちらかというとネガティブに連想するものですが、クリスマスに喧嘩するという夫婦やカップルも少なくはありません。筆者のところはそういったことがなかったのですが、お互い仕事が忙しくなってきたころに、一時疲れからかお互い険悪ムードになったことがあります。お読みのあなたもそうなってしまわないように、気をつけておきましょう。

・パーティー
クリスマスで連想するものはパーティーをするところもあります。パーティーらしいことをするところもあれば、いわば子供会でクリスマス会をしたり、会場はどうやってレンタルするべきなのかと考えたりいろいろあります。ちなみに、筆者のおすすめをここで紹介してみると、自治体の公民館は子供会でやるときにはかなりおすすめです。

・半額ケーキ
クリスマスで連想するものとしては一部かもしれませんが、半額ケーキハンターなるものも存在します。SNSで一部の方が盛り上がっていますが、これは正直かなり楽しそうです。「暇すぎだろ、働けよ」なんて意見もあるかもしれませんが、旅をしているときにレアなものを発見したみたいな感覚になれるかもしれません。仕事帰りに筆者も似たようなことをしていますが、いまだ出会えたことがありません。

・クリスマスソング
クリスマスに連想するものの紹介は最後になりますが、クリスマスソングだったりで盛り上がることもあるようです。筆者も何気に作業しながら、現在クリスマスソングを聞いていたりします。切ない感じだったり、昔はやったソングだったり、ジャズだったり様々です。筆者は何を聴いているのかというと、オンラインゲームのクリスマスソングがかなりいい感じなので、エンドレスで流していたりします。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告