クリスマスのリア充あるある!非モテ大勝利!

スポンサーリンク

クリスマスのリア充について、あるあるなことを書いてみたいと思います。ちなみに、非リア充の方は、このクリスマスでの出来事によって「まじかwwwざまぁwwww」と思えるような内容かもしれません。意外と、世の中のリア充のクリスマスを見てみると、幸せオーラ出しまくっているように思えます。そして、掲示板やSNSでそういった報告だったりで、リア充ではない方は複雑な思いをしているかもしれません。そんなあなたにとって、朗報かどうかは分かりませんが、真実をお伝えしていきたいと思います。

すべては妄想だったんだ・・・

すべては妄想だったんだ・・・

クリスマスのリア充あるあるについて

■男が完全クリスマス無視
これは女性サイドで楽しいリア充のクリスマスっぽいイベントを考えていて、当日リア充の男側はまったくもってやる気ないというようなことがあります。むしろ寝ていたりということもあったりと様々で、これについては筆者としても同じ男としてどうなのかなと思いますが、やはりリア充でも幻想とはかけはなれたクリスマスを送っていることもあります。これは非リアの方にとって意外な出来事ではないでしょうか。世の中リア充だらけのクリスマスと思ったら大間違いです。本当かと思うならば、質問サイトを見てみれば一発です。

■喧嘩する
クリスマスに限ってリア充というのは喧嘩してしまいます。理由については、そもそも年末シーズンで疲れていたり、知らずのうちにナーバスになっていたりする季節だからなのです。しかしながら、お若いリア充どもはそれを知っていません。そして、毎年むしろ恒例になっているのではないかというような喧嘩勃発イベントがあります。理由についてはプレゼントがしょぼかったり、前述したリア充の現状など様々なものがありますが、いずれにしてもしょーもない理由だったりします。リア充も大変です。

■そして別れ話になる
そして、別れ話になります。質問サイトで「私たちは別れるべきでしょうか?」なんて、リア充が質問をしはじめます。「しらねーよそんなこと」と言いたいことばかり書いているのですが、世の中思ったより優しい人も居るもので、真剣に返信していたりと、様々な光景が見受けられます。特にクリスマス当日に付き合ったばかりのリア充はそうなってしまう傾向が高いのです。そういうのも、クリスマスの幻想に引っ張られすぎて、特にお互いのことを知るわけでもなく付き合った結果、すぐにお互いの嫌なところを発見したというものです。

■某6時間なんてないこともある
クリスマスのリア充、そう、あの6時間があるわけです。あるあるかと思っていたら大間違いです。今年もネットですでに見たことがあるにもかかわらず、拡散されまくっていることかもしれません。しかしながら、男性はいつでもOK、女性はホルモンバランスの変動の時期があるわけです。それによって、クリスマスのリア充にありがちなあの6時間というのは、むしろ無かったりするところもあります。それによって、若いカップルであれば喧嘩になったりすることもあるようです。筆者からすると、これはどちらも未熟であるとは思いますが、非リアの方からすると、これまた意外かもしれません。ネットで見るたび、筆者は憂鬱になっていたのですが、現実はそんなものです。

■むしろお互い仕事で忙しい
クリスマスのリア充のイベントなんてなかったかのように、むしろお互いもしくは、彼氏が仕事で忙しいなんてこともあるあるなようです。これは季節そのものが原因となっており、やはり男性のほうが残業をさせられたり、日本人のこれからの本格的なイベントはお正月です。それだけに、世の中の仕事は忙しく、特にサービス業界であれば、むしろ正月も休めるのかというようなこともあったりするのです。「リア充のクリスマスなんてなかったんや」、働き盛りのときに付き合って筆者が分かったことです。

■プレゼントの資金で頭を抱える
これはクリスマスのリア充で男性側が抱えている問題かもしれません。かもしれないと書いたのは、そうではない女性もいるからです。クリスマスプレゼントに、例外なく高価なものや、旅行などを求めてくることもあります。筆者も過去に付き合って、やはりそういったことを求める女性も居ました。別にそれが悪いことだとは思いませんが、あからさまにそれ目的で付き合っているというようなこともあります。これは嫌なあるあるです。また、人によっては十分な稼ぎがなかったりして、プレゼント資金で頭を抱えることもあるようです。リア充ならないほうがいいかもしれません。本気で。

■デートめっちゃ寒い
クリスマスにイルミネーションなどを見ながらデート。すごく楽しそうです。しかしながら、現実を見てみましょう。この季節は大抵は寒いのです。特に年齢を重ねれば重ねるほど、体力も落ち、寒く感じやすくなります。それだけに幸せそうにイルミネーションを見ているカップルでも、むしろ寒さではやく帰りたい、車の中に戻りたい、ってかトイレ早く行きたいなんて思っていることもあります。女性はトイレかなり近いのです。男女のどちらかが一点を見つめていれば、たぶんそうだと思います。リア充のクリスマスの修行でもあります。

■付き合ってから気づく、すべては幻想だったと
特にこれは、初めてクリスマスにリア充になったという方が気づくかもしれません。おそらくかなり楽しそうなクリスマス、幸せそうなクリスマス。あなたの中でおもいつくかぎりのことをしているかもしれません。ネットやゲームや漫画で予備知識は得たことがあるのかもしれませんが、幻想だったということに気づきます。あなたが、今後、リア充になったとしても、このあたりの問題はつきまとうことになります。もしくは、クリスマスそのものの考え方について改めなければいけないというところもあるかもしれません。

■いまいち盛り上がらない
これはクリスマスを過ごすリア充にあるあるなことですが、いまいち盛り上がりにかけるというようなこともあります。お互いどうしていいかわからないということもあったり、どちらかがクリスマスそのものにあまり興味が無かったり、むしろどっちも興味が無かったりと様々です。その結果、いまいち盛り上がらないクリスマスを過ごしているリア充もいるのです。筆者もこのパターンは1度だけではありますが、ありました。

クリスマスのリア充については幻想パターンが多い

さて、一度も付き合ったことが無い方がこちらを見ているのであれば、現実に気づけたかもしれません。クリスマスのリア充に起こることについて、ほとんどの場合はあなたが想像しているものと違ったような結果が待ち受けております。もちろん、幸せと程遠いようなリア充生活を例外なくリア充がクリスマスを過ごしているとは限らないのですが、想像を絶する世界もあるわけです。それによって、筆者はリア充だから必ずしもそれが良いものではあるとは思いません。むしろ、付き合ったことがある方ならば、この意見については納得できるかもしれません。結局幸せにすごせるかどうかというのは、本人たちしだいでもありますが、どちらか一方だけが楽しくなるように努力しても、必ずしもそうなるとは限りません。ある種運試しの幸せガチャをリア充は毎年のごとくクリスマスに引いているのかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告