サンタさんのプレゼントはいつまで?終わらせ方も解説!

スポンサーリンク

サンタさんからのプレゼントはいつまでにするのかと、世の中で悩んでいるリアルのサンタさんに向けて、実際にいつまでにするのかということを解説してみたいと思います。世の中の傾向的なものにならっていきたいということもあるかもしれませんので、多くの場合はということについて書いてみております。そこに、ちょこっと筆者の考え方も書いております。また、それを知ってそろそろかなというサンタさんに向けては、終わらせ方なども書いておりますので、そちらも参考にしていただければ幸いです。

結局いつまでなのという方へ

結局いつまでなのという方へ

サンタさんのプレゼントはいつまで?世の中はこうしている!

サンタさんのプレゼントは実際にみんなどうしているのかな、そういったところを参考にしたいという方であれば、実は2パターンあります。大体は小学校3年生、中学校まではプレゼントというような形にしていることが多いようです。そういうのも、サンタさんに対して疑問を持ち始めたり、実際にサンタさんの正体に気づくのが、まず小学校3年生だからです。そのあたりで、終了させるという方も少なくはありません。前もって書きますが、筆者は中学生までをおすすめしております。

その理由としては、その年齢でサンタさんの存在について、周囲に吹聴していると恥をかくかもしれないといったサンタさんの考え方からです。しかしながら、あえて筆者がここに反論の意見を述べるのであれば、いつまでかと問われると、3年生はおすすめしません。そういうのも、サンタさんというのは夢のような存在です。いわば、子供たちにとってのアイドルなのです。夢を持ったり、希望を持つということは、それほど恥ずかしいことなのかと問われると、そうではないと思います。

小学生くらいだと、色々な夢や希望をあきらめたり、現実を知るにはちょっと早すぎるかなとも思います。だからといって、これまでに実行してきたサンタさんの行動を否定しているわけではありません。もしかすると、周囲の環境により、本当に恥となるかもしれないからです。可能性としての話を述べただけであり、ほとんどの子供は中学生くらいまではおもちゃなりゲームなりのプレゼントをクリスマスに求めているはずです。それはサンタさんの正体について知っていたとしてもです。親の前では良い子を演じ、今はやりのゲームやおもちゃ、服だってほしい。決められたお小遣いの中で生きているから当然の考えでもあります。あなたも当時は同じだったはずです。

では、サンタさんのプレゼントはいつまでと、書いて、筆者が中学生をおすすめしている理由は何なのかとなると思います。その答えは単純で、中学生になるとそろそろ勉強などに力を入れる時期で、ゲームだったりファッションだったりで遊びまくっている時間もないころです。受験だってあります。そうではないにしても、そろそろ世の中の現実を受け入れる時期が徐々にやってきているかもしれません。

そうしたことから、サンタさんのプレゼントはいつまでかと聞かれると、筆者は中学生を推奨しております。そして、筆者自身はいつまでサンタさんのプレゼントをもらっていたのかと書いてみると、中学生までです。そして、そのプレゼントが終わったときにも現実について自分の中で考える力もあり、受け入れる精神もできているということから、大人になった今の時点でも、それでよかったと思っております。ただ、プレゼントはまだまだ欲しかったのは当たり前です。まだまだ親の保護下で生きている状況で、お小遣いも限られておりました。これらを踏まえた上で、サンタさんはどのような意見を持ったでしょうか。そう思うという意見もあれば、反対の意見もあるかもしれません。それは、それぞれのサンタさんがいつまでかと決めるまでの参考の1つにしか過ぎません。そして、サンタさんの正体はここは子供が見ているかもしれないので、それ以上は言及しないものとし、実際の本人がどう思ったかが重要になります。幸いなことに、多くの場合はプレゼントをうけとる子供とサンタさんはあるつながりがあります。書くまでもないものですが、あなたが納得したらそれは子供も納得できることです。考え方は同じだからです。恐らく、このあたりでいつまでにするかはもうあなたの中で決まったと思います。では、次に課題となるのが実際の終わらせ方です。

サンタさんのプレゼントはいつまでか分かった!終わらせ方は?

■参考
サンタクロースの終わらせ方【これで完璧】

サンタさんのプレゼントをいつまでにするかということは、読まれているうちに決まったかもしれません。そして、課題となるのがサンタさんの終わらせ方についてです。これはあまりにも、取ってつけたようなやり方だと、子供の年齢や性別によっては大きなショックを与えてしまう可能性があります。リアルのサンタさんがお読みならば、それはなるべくそういう状況に陥って欲しくないと思うのは当然かと思います。筆者もサンタの一人として、そしてプレゼントをする子供が居るサンタとしてそう思うからです。先ほど書いたように、どれだけあなたが納得できるか、それに賛同できるかがこれから書くこと、読まれることで大きな基準になります。そして、正解もそれぞれの子供によって異なります。そのサンタさんのプレゼントがいつまでと決まった後の終わらせ方については、別のページで大きく分けてやり方を詳しく書いてみました。筆者のケースを書いてみると、強制終了という形でサンタさんのプレゼントの終わらせ方になりました。若干の不満がありながらも、やはりそれで納得はできました。ただ、これは当時の子供の筆者の考え方であり、あなたの子供に絶対的にそれが良いのかと問われると、そうではありません。だからこそ、あなたなりに答えを見つけてみてください。これまた、世の中のやり方、筆者がリアルに感じたことなども書いております。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告