サンタクロースの終わらせ方【これで完璧】

スポンサーリンク

サンタクロースの存在について疑い始めた子供、それよりもサンタクロースになるにしてもちょっと資金的な問題がそろそろ出始めたという方まで様々な方がいると思います。そこで気になるのが、終わらせ方です。やり方によっては、子供が絶望してしまうこともありますので、この問題に取り組む方は終わらせ方を最後まで念のため読んでみてください。また、これだというものや自分が納得したものを実行してください。そういうのも、あなたが納得したならば子供も同じ考え方をしているので、それでなんとなくでも納得してくれるはずです。

終わらせ方について

終わらせ方について

いろいろなサンタクロースの終わらせ方

■手紙を書く
一番多いパターンのサンタクロースの終わらせ方がこれです。お手紙を日本語もしくは英語で書くといった形でサンタクロースの終わらせ方をしている方が多いです。これだと、子供の夢を壊さずに卒業させることができます。内容については、親からというのではなく、あくまでもサンタクロースが書いたというような形でやってみましょう。英語は中学生あたりで卒業させたいならば、あえて使ってみてもいいかもしれません。こういった終わらせ方はなんとなく、大人になって感じもしていいかもしれません。

■強制終了(筆者の場合)
これは筆者の子供の時代のお話です。サンタクロースの終わらせ方なんてものは、関係なしにとにかく何も言及することもなく強制終了というような形です。なんとなくサンタクロースからのプレゼントを期待していたものの、ある日突然来なくなったので、何でだろうとは思っていました。そして、改めて大人になった時に聞いてみると「だって、あまり盛り上がってなかったから」という返答でした。筆者がここで親に伝わるわけでもなく弁解しておくと、すでに受験のストレスによって日常そのものがつまらなく憂鬱な状態なので、それが勘違いされてしまったのかもしれません。ともあれ、サンタクロースについての存在はすでに知っていたので、このあたりでも納得した覚えもあります。

■今年は親からプレゼントする
いきなりのサンタクロースの終わらせ方で、手紙などあっても子供にとってはうれしくないものです。どれだけ考えてみようとも、やはりクリスマスプレゼントなしは子供にとって落胆するのです。それならば、こういった終わらせ方はどうでしょうか。今年だけは親からプレゼントするというような形です。サンタクロースは来なかったけど、ほしいものは準備した、来年は来るかどうか分からないと覚悟させるか、親から真実を伝えるかどうかです。こういった終わらせ方が、親子ともにうれしいと筆者は思います。

■真実を問われたときに
サンタクロースの終わらせ方で、子供からこう聞かれることもあると思います。「サンタクロースって、お父さん、お母さんでしょ?」そう聞かれたときに、その真実を答えるのです。そんなことから、割と早い年齢でサンタクロースを卒業している方も居るには居ます。が、なるべく小学生の間くらいはサンタクロースの終わらせ方があれど、何かしら子供にプレゼントは準備したいと感じていたりします。このあたりは、親御さんの考え方次第なので、納得したならば、実行に移してみてください。

■むしろ親からバラす
これは女の子にはおすすめしませんが、子供にサンタクロースについてそろそろ知っていそうだなというようなタイミングで、終わらせ方の1つとして教えるということです。親からあえてというようなパターンもありますが、これまた子供によってはものすごくショックを受けてしまうことがありますので、あなたが納得するかどうかというところがポイントになります。簡単だからこれでいいやと思っていると、特に女の子であれば号泣してしまうこともあります。そういった話は筆者はよく聞くため、考えてから行うようにしましょう。

■しらばっくれる
強制終了というものに似ているのですが、サンタクロースの終わらせ方で特に何の前触れもなくクリスマスプレゼントはしないというような形で進めていきます。そして、子供にサンタクロースが来ないと言われても「何でだろうね?」なんて、あえて親は最後まで知らないふりをしておきます。子供がそろそろ良い年齢であれば、こういった方法も悪くはないなと思います。なおかつ、親の口からは真実は伝えないのです。子供の思考が発達するのにはいいかもしれませんが、それなりにちょっと落ち込むかもしれません。

サンタクロースの終わらせ方は本当に要注意です

子供がある程度の年齢になって、サンタクロースの終わらせ方を考えているかもしれません。それは、家庭によって異なるのですが、終わらせ方そのものが問題になってきます。子供が納得するかどうかというころに筆者としてはかかっていると思います。それだけに、ここまで読んだサンタクロースの終わらせ方で一番あなたが納得したものを行うべきです。これは前述しましたが、改めて書いてみると、血のつながりがある親子だけに子供もそれでなんとなくでも理解するからです。逆に、あまり考えずにサンタクロースを終わらせてしまうと、子供によっては大きくショックを受けてしまうことがありますので要注意です。特に男の子であれば、なんとなく年齢的に周りが暴露しだすので、それで納得しますが、女の子については真実を伝えたりすると、思った以上のショックになるようです。子供のころから持つイベントそのものの考え方だったり、むしろサンタクロースについての真実は知っているものの、信じていたいというようなケースだったりです。これについては、女性がお読みであれば感覚的に納得できるかもしれません。筆者は男であるので、このあたりについては分かりかねますが、そういった事実を他人のケースで目撃しているので、理屈としては理解しております。また、兄妹だったりするような場合には、まだまだプレゼントを贈る年齢で信じている方にはなるべくショックを与えずに、公平にやる方がいいかなと感じております。筆者の子供時代の場合は、弟も同じタイミングで終了してしまったために、しばらく弟に「お前はいいよな!」なんて言われたりしたこともあります。そういった場合は、片一方には秘密ねということで、年齢の低い方だけに同じ年齢までプレゼントをするのもいいかもしれません。いろいろと書きましたが、デリケートな問題でもありますので、今一度考えた上で、世の中のサンタクロースは実行してください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告