サンタクロースを信じる中学生の対処法

スポンサーリンク

サンタクロースを信じる中学生の子供をお持ちの方、もしくはそんな中学生を見た人、実際に伝えるべきかどうなのかということについて、お悩みだと思います。そんんなあなたに、実際にそれくらいの年齢の方のサンタクロースについての見解だったり、そのまま信じるのをやめさせるかどうかということについてなど書いてみたいと思います。一度は親が遭遇したり、見たりする出来事でもありますので、これを機会に特に当事者ではなくなんとなく当サイトを巡回していて、気になった人まで、意外な事実を最初にお伝えしてみようと思います。

サンタクロースを信じる中学生にどう向き合うべきか

サンタクロースを信じる中学生にどう向き合うべきか

サンタクロースを信じる中学生の現実

さて、サンタクロースを信じる中学生というものを見かけたり、実際にうちの子供がそうだという方まで居ると思います。大半の場合は、大体親に気づかっていたりすることや、中学生なりに頭はもうそれなりに回転する年齢です。そして筆者も中学生のころですが、サンタクロースを信じるふりをしていました。そうしないと、クリスマスプレゼントがもらえないからです。また、少し年齢の離れた弟も居たりしたので、そのためにあえてサンタクロースを信じる演出をしていました。だからこそ、周囲に聞かれたりしたとしても、あえて「サンタクロースは居るよ!」なんて答えていました。どこでどのタイミングで親に告げ口されるかわかったものじゃありません。中学生なりに、まだまだクリスマスプレゼントはほしいのです。それに加えて、筆者の場合は弟のためということもありました。そんなこんなで、うちの子は中学生なのにまだサンタクロースを信じるんだけどというような、親御さんは大抵そんな感じだと思ってください。そして、筆者が本気でサンタクロースを信じていたのは、小学校5年生くらいまでです。弟のために、親戚にまで信じているふりをし、そのたびにいじられたものですが、夢を壊さないという兄なりの宿命だと当時ながら感じました。

ただ、それが原因で友達関係で、中学生ともなると周りからちょっといじられてしまう要因にもなってしまうので、そのあたりは気をつけておきたいポイントかもしれません。もし、中学生本人の方がお読みであれば、よほど親が周囲の中学生にまでも詮索して、自分の子供のことを調べ上げようとしないかぎりは、バレることはありませんので、中学生同士の友達関係であれば、そのあたりは遠慮なく周りに合わせて「サンタクロースはいねーよ!」と言っても問題ありません。

サンタクロースを信じる中学生、真実を伝えるべきか?

ここからはサンタクロースを信じる中学生の子供をお持ちの方に向けてですが、結局のところそんな中学生の子供に向けて、サンタクロースは信じるという現実があるものの、そろそろ真実として「サンタクロースはいない」と伝えたほうがいいのかと思うかもしれませんが、それは親からあえて伝える必要はありません。というより、やめてください。もし、知らなかったら知らなかったで、それはいいことです。周囲と違って、それが原因で周囲からどうこうされてしまうなんてこともありません。まだまだ無邪気でもある証拠ですので、とにかく本人が気づくまでそっとしておきましょう。いわばサンタクロースというのは、大人で例えてみるところのアイドルみたいなものです。そして、大半の方はそのアイドルの真実については気づいていません。それはパソコンやテレビの向こうで起こっている出来事であり、可愛かったり、イケメンだったり、踊りがうまかったりすれば大半の方は良いと思うわけです。「アイドルはう●こする!」誰だってそんなことは知っています。ただ、あえて知りたくないことだってあるはずです。これはほんの一例でもありますが、そういったサンタクロースの現実については、特に本人が気づくまで、わざわざ夢を壊してまでというようなことをする必要はないと感じます。

そして、大人の筆者からお伝えしたいとがありますが、サンタクロースを信じる中学生かどうか以前に、サンタクロースは実は存在しております。家にプレゼントを運んだり、ソリで空を飛んだりというような超能力こそ持っていないものの、実際にサンタクロースと認められる人は居ます。そして、日本人でもその条件を満たすのは今のところ1名居るようです。ここまで来ると屁理屈レベルかもしれませんが、実際に居ることはいるし、体力検定だったり、体格だったり、障害物走をした後に、ミルクを飲み干してクッキーを食べるまでの本格的な種目に合格しないとなれません。おそらく、一般的な日本人の体格では無理な条件ではあります。もし、自分がなってみたいというのであれば、本格的に体作りをしてお父さん、お母さんはサンタクロースやでと子供に改めて伝えましょう。筆者は今のところ、受験基準にすら満たないようです。

まとめ:中学生の子供がサンタクロースを信じるのはそのままでOK!

ここでまとめですが、サンタクロースを信じる中学生を目の当たりにした方、もしくは自分の子供がそうだという方は、特に気にしなくとも気づくまで放置しておきましょう。夢を壊す意味もわかりません。また、これによって実は発達的な問題があったり、そういったことの病気路線まで考えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。正常です。心配するとすればサンタクロース向けに本気で罠を開発したりしているようであれば気にしたほうがいいかもしれません。また、割と男の子だけではなく、女の子は中学生どころか高校生くらいまでは、サンタクロースを信じる傾向にあったりします。指摘したら、取り返しがつかなくなることもありますので、冗談でも周囲の方、親の方はそのままにしておくようにしてください。また、近年は中学生くらいまで信じるというご家庭も少なくはありません。過去の常識で言えば、小学生あたりから暴露するような方が当たり前のように居ましたが、今時の中学生はピュアなのです。これだけネットが発達しているのにです。それはそれでいいけど、予算的にというような場合には、中学生に向けたサンタクロースを信じるかどうかというより、終わらせ方についても書いてみますので、そちらも参考にしてみてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告