クリスマスに一人の男性におすすめの過ごし方と考え方

スポンサーリンク

クリスマスというのに一人という男性の方に向けて、今回は男の筆者がクリスマスの一人の過ごし方や、考え方について書いてみたいと思います。男一人でクリスマスというものはいかがなものかとマイナスに陥っている方に向けて、心が軽くなるようなことも書いてみたいと思います。というより、現実をお伝えしたいと思います。それを踏まえたうえで、クリスマスの男性ならではの過ごし方を考えて今年は実行してみましょう。

クリスマスに男一人なんてと思う方へ

クリスマスに男一人なんてと思う方へ

クリスマスに男が一人って寂しいことなの?考え方はこうだ!

まず、大前提としてクリスマスに男が一人ということで、世間的に見て恥ずかしいことではないのかと思ったりもすると思います。そして、男の筆者も以前はそんな考え方をしていました。そして、クリスマスが来るたびに「寂しい、切ない」なんて思いをしていた過去があります。そして、そんな時期も過ぎ、筆者には彼女などができて過ごすこともありました。「このリア充め」と思うかもしれませんが、必ずしもカップルで過ごすことがクリスマスに楽しいことだとは限りません。それはなぜなのかというと、まずはそれなりにお金が必要になってしまいます。プレゼントに食事代にです。もしかすると、旅行やホテルなどの料金もかかるかもしれません。それなりに、大切な相手であれば惜しいものではありませんが、クリスマスに付き合っていることで、むしろ喧嘩して別れてしまったなんて世の中のメシウマとも思えるようなエピソードもあるわけです。そんなことから、必ずしもクリスマスに男が一人だからといって寂しいことではありません。世間は幸せそうに見えますが、実はそうでもないようなカップルもいたり、色々輝いて見える表の景色にも裏事情があるわけです。そして、経験上、無理に相手を探す必要なんてありません。ネットでは、クリスマスに男一人でなんて無駄に煽っているような記事がどんどん増えてきますが、それもそういったサイトを焦らせて無理にでも利用させたいからです。また、男性が一人でクリスマスを過ごすことについてですが、特に本人が幸せならばそれで筆者はいいと思います。世間の定義する幸せよりは、自分が実感する幸せのほうが大事です。たとえば画面越しの二次元彼女とクリスマスに現実は、男一人でも楽しんでいる方は大勢居ます。それこそ、真のリア充であると筆者は考えます。そんなことから、男性の方、今年のクリスマスは一人だったとしても、幸せに楽しく過ごせるような過ごし方をこれから見つけていきましょう。

クリスマスの男一人の過ごし方について

■銭湯などで疲れを吹き飛ばす
一番おすすめなのが、男性一人であるのであれば、クリスマスの過ごし方は銭湯などに行くことです。特に現在のシーズン寒いです。そして、寒いと人間寂しいというような思考に陥ったりするのです。冷えは万病の元なので、まずは銭湯などに行ってきて、普段の疲れを癒してください。しかも、行ってみるとわかりますが、意外と男性の方でも一人というのは、世の中に多いということに気づけると思います。例外なく暗い顔をしているわけでもなく、むしろ幸せそうにしているところだって発見できるはずです。

■まったり家で映画もいいじゃないですか
男性が一人ならば、やはりお手軽に経済的に、あまりお出かけもしないように済むためにということで、まったりとクリスマスに映画を見まくるような過ごし方も最高です。クリスマスらしい食事とお菓子などを片手に、とにかくスマホやパソコンで映画を見まくりましょう。特に社会人であれば、忙しすぎて映画どころではなかったはずです。クリスマスだからこそ、一人でできる贅沢な過ごし方です。これが、彼女が居たとしたらジャンルもあわせなくてはならないので、ちょっと面倒だったりしますが、一人の自由は最高です。

■ネトゲ三昧も楽しい
現在楽しんでいるネトゲがあれば、クリスマスにはとにかくレベル上げに専念したり、クリスマスイベントを楽しんでみたり、一人の方同士で集まってあれこれと騒いでみるのもおすすめです。筆者も一人の時代は、なんだかんだネトゲを楽しんでいました。その時間は、寂しいとも無駄とも思わず、むしろ楽しい時間を提供してくれてありがとうと思える出来事ばかりでした。例外なくネトゲの中はクリスマスらしい装飾だったりイベントだったりがされていますが、雰囲気に飲み込まれず、幸せな時間を過ごしてください。15時間廃人レベル上げコースなど筆者は組んでクリスマスに楽しんでいました。男性ならではの体力をここで活かしてやるのです。

■友達を集めるのも楽しい
特に趣味もなく、やることもない。しかしながら、男性が一人ここにいるものの、友達は呼ぼうと思えば呼べる。そんな方であれば、突発的にクリスマスは友達と集まってみましょう。何だかんだいいながらも、集まってとにかくダラダラしていたり、みんなでディナーを楽しむというだけでも、安心できたりするものです。こういう過ごし方は、年齢を重ねるごとにできなくなっていきます。周りが既婚だらけになるという意味ではなく、体力的な問題が重なってきます。若いうちにやっておきましょう。

■完全に一人ならばジムに行こう
クリスマスに男が一人だというような場合で、社会人というような場合。必ずしも今住んでいる近くに友達が居るとは限りません。働くようになって、県外に引越ししたなどの、理由もあったりします。そんな一人の方は、市営ジムなどに通ってみてください。ワンコインくらいで楽しめるはずです。わからなくとも、とりあえず体を動かして、筋肉を使うような作業をしていると、この過程でポジティブになれるホルモンが出てくるのです。筆者は、一人での過ごし方で、大人になってからはジムに通いました。その後、大食いを決め込むのです。

■クリスマス関連のものを大食いしよう
クリスマスに男が一人ならではの過ごし方。それは、クリスマス関連のものを大食いすることです。カップルだとおしゃれすぎて、大食いどころではないようなディナーに行かなければならなかったり、もしかすると緊張して食べれないかもしれません。一人だからこそ、のんびり気楽に大食いできるものです。筆者は、先ほど書いたジムを終えて、クリマスケーキを前もって予約しているので、チキンとともに1ホールすべて食べきります。サイズは6号です。幸せ満点のクリスマスでした。

■好きなものを買おう
考えてみるとクリスマスです。そんなときの過ごし方で、誰からプレゼントももらえるわけでもなく、一人というような場合には自分にプレゼントをしましょう。特にこの社会はまだまだ、男性に厳しかったりするわけです。それに、生活のために何かしら我慢して過ごしてきたかもしれません。せめて、今年のラストくらいは、不自由なく過ごせるように、心に余裕を持てる過ごし方という意味でも、自分の好きなものを何か1つ購入してみる過ごし方もおすすめです。意外とこれは、ジョークのように思えますが、生きるモチベーションにもなりやすいです。

■完全に正月ムードにしてやろう
さて、何だかんだ、魅力的な男性が一人の場合の過ごし方が見つからなかった。そういう場合はもう、開き直りましょう。完全に正月ムードにしてやるのです。もはや新年がはじまったかのような琴がメインのBGMでも流しながら、掃除をしてみたり、年賀状を作成してみたりするのです。日本人はこちらがメインです。しかも年明けまで少ししかないのです。「日本人何やっとるんじゃ!」という話だったりもします。気持ちを切り替えていくことも重要です。ただ、筆者はでありながらも、クリスマスは特別なイメージがあるので、先ほど書いたようなことで毎年のごとく楽しんでおりました。

■寂しいならとにかく肉食べて体温めて
それでも、なんだか寂しいとくよくよしまくっているのであれば、とにかくクリスマスに男性一人というような事実に圧倒されてしまうのではなく、おいしい肉を好きなだけ買ってきてください。そういうのも、そういった悩みなどのストレスを抱えている状況下で、消費されるのがたんぱく質なのです。これが圧倒的に足りないので、日本人というと、世間的に見ると、落ち込みやすいイメージがあったりします。おいしいお肉を食べて、体を温めてゆっくりとクリスマスは寝ましょう。そして、明日の活力をつけて、フルパワーでがんばりましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告