クリスマスイブに別れる人の原因や心理

スポンサーリンク

クリスマスイブというと、なんだか別れるというようなエピソードを多く聞きます。人によっては、クリスマスイブという特別な日に別れることを伝える心理状況的なものが分からないなんておっしゃる方もいたり、その反面で別れる話を切り出す人などのカオスな状況です。まずは、そんな理解しがたい人になにがあったのか、そして、世の中のクリスマスイブでの別れる原因などについて書いてみたいと思います。

わざわざなんでと思う方へ

わざわざなんでと思う方へ

意外と知らないクリスマスイブに別れる心理的なもの

クリスマスイブは冒頭で書いたとおり、別れる人がなぜだか多いように見えます。それはなぜなのかと、まずは解説してみると、季節的に意識せずとも人間は落ち込みやすかったり、それによるイライラ、不安が増してしまう状況になっております。カップルだけではなく、むしろ別れることを話し出してしまう夫婦までいたりするのです。このあたりは、特に気圧などに弱い方たちがそんなことに陥る傾向が会ったりします。そして、女性が大抵そんな感じです。もともと男性に比べて、不安に陥りやすく、メンタルも変動しやすい季節です。ただ、ここまでだとこじつけのように思えるかもしれませんが、それに加え、事実としてクリスマスイブのシーズンになると、仕事や学校などが年末に向かって忙しくなったり、特別なクリスマスイブながらも、そんな裏舞台があるので、知らずとも皆ピリピリしている状況ということもあります。筆者も実際に、このシーズンになるとメンタルの変動が起こってしまいます。それがわざわざ、クリスマスイブに別れるきっかけを与えてしまっているのかもしれません。

クリスマスイブに別れる原因

■プレゼントがしょぼい、中古など
クリスマスイブに別れる原因としては、プレゼントにも潜んでおります。これは、プレゼントそのもので適当に選んだような感じが出ていたり、そもそも中古を買って渡されたなんていうようなこともあります。使い込みがあるほど良いと感じる人もいれば、そうでもない方がいるのも事実です。特にこれは、カップルでのプレゼントにおけるクリスマスイブの別れる原因となってしまうことがあります。

■お金の支払いで
クリスマスイブ、特別に過ごしたい日でもあります。それだけに、割り勘なんてもってのほかなんて考える方も少なくはありません。そんな考えがありながらも、クリスマスイブは通常のデートの感じでいたって普通に終わったとなって、どちらか一方がとても残念に思ったり、悲しい気分になることがあるようです。これは、もともと育った環境や常識などでも異なったりします。ただ、筆者は男ですが、クリスマスイブなどは特別な感情になるというのは分かります。それだけに、別れるとなっても仕方のない部分もあるのかもしれません。

■夜の関係で
クリスマスイブは夜から始まります。イブは夜の意味です。それだけに、カップルでクリスマスイブに起こることといえば、もう想像がついたかもしれません。場合によっては、どちらか一方の体調が悪いなんてこともあったり、そもそも気分ではないなんていうこともあります。彼氏がとくにそんな状況下でグイグイときてしまって、断ることによって喧嘩、そして別れることにまでなった、なんていうようなエピソードはあったりします。これは男女ともに理解すべき難しい話題だったりすると思います。

■ささいな一言
クリスマスイブはここまで何度も書いているように、特別な感じで過ごしたい方は少なくありません。それだけにいつものように余計な一言で、ちょっとイラっときてしまうことがあります。場合によっては、彼氏もしくは彼女がいったんいじりだすと、しつこいなんてパターンもありますが、それが原因でトラブルになって別れるというようなことが起こっていたりします。これは第三者視点からだと、原因から見ても「しょーもな・・・」と思うものですが、別れると言ったり言われたりする方はかなり深刻な問題です。

■特別に思う女性、通常に思う男性
これは傾向としての話ですが、クリスマスイブは聖なる夜なんて思う女性も多いです。これは否定しているわけではありません、男性筆者も分かっているつもりです。そして、そんなクリスマスイブなんてイベントは関係ないよと少なからず思っている男性、このあたりの違いに、どちらかが耐え切れず別れるなんてことを切り出すことが原因となっていることもあります。実はここまで書いたことというのは、

大半これが原因

となっていることが多いです。どちらも悪いとは完全に言い切れない状況です。

■仕事が忙しくて
クリスマスイブくらいは仕事やバイトを休んでデートくらいはしてほしいと思う彼女、それなのに仕事が入っている彼氏。これは世の中においてのあるあるです。そして、それで長時間あえてなくて、結果的に別れるなんてこともあります。これは、女性サイドに理解してほしいことですが、どうしても仕事の関係上男性に仕事が多く割り振られる傾向があります。それは体力だったり、夜間の帰宅時などの問題があったりします。それだけに必然的となってしまっているのが現状。男女は残念ながら平等にまだまだ扱われておりません。

■旦那が今年もダラダラしているんだ
クリスマスイブでの別れるということで、こちらは夫婦のことです。特に、年末というのに旦那がダラダラしまくっていることなどあると思います。クリスマスイブはそれらしくイベントを過ごしたい、そして年越しの準備をしたいというのに、意外と旦那がダラダラと寝て過ごしているのです。これは筆者としても、そんな男性を情けなく思ったりします。もうすこし、お嫁さんの心情や家事などの分配を見直してあげるといいかもしれません。といっても、家事ハラなんて言葉があるので、手伝おうとしてもなと思う男性の気持ちも良く分かります。

■プレゼントに関する価値観の違い
クリスマスイブのプレゼントとは何でしょうか。筆者は心がこもっていたりすればいいと思います。それだけに、最悪なしでいいのですが、プレゼントの価値観というのはそれだけではなく、人それぞれです。しっかりとしたものを渡してナンボだというようなことだったりです。これは間違っているとも思いません。お互いの価値観の違いなどが別れる原因になってしまうこともあります。現に質問サイトを見ていると、やはりそんな感じで別れることになったというようなことがあったりします。

■デートの誘いがなかった
そもそもの意味で、クリスマスイブにデートの誘いがなかった、彼氏がうっかり忘れてしまっているパターンです。これは、彼女の心情を理解できないのもちょっとどうかなと思います。デートの誘いがなかったら、クリスマスイブを特別に思っていたりする場合は、やはり寂しかったりするものです。特に相手がいるだけに、ぼっちとは違った寂しさです。

クリスマスイブに別れるのは大抵しょーもない理由です

さて、ここまで読んでみて、実際に理解できる部分もそうではない部分もあったのではないでしょうか。そんなことろがあっても当然です。大抵の喧嘩の理由、そして別れる理由なんて世の中の話を聞いていると、実にささいなお話だったりするのです。もし、これから仲直りしたい方であれば、まさにこのあたりのことを意識して、別れる原因に向き合ってみてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告