息子が話さない理由(大学生や高校生など)

スポンサーリンク

息子が話さないとお悩みの方に向けて、今回はどうしていけばいいのかということや、理由について書いてみたいと思います。息子が話さないことでかなりの問題があるように思っているのはお母さん方が多いです。旦那に相談しても自分の納得の行くような回答も返ってこないかもしれません。そして、そんな息子はあなただけに起こっていることではなく、しっかりとした男性として成長をする上で通過するものなのです。しかしながら、ここで一歩間違ったら危険ですので、理由も一緒に理解してください。

地蔵くらいしゃべらない息子に対してどうする?

地蔵くらいしゃべらない息子に対してどうする?

息子が話さない理由!高校生や大学生の方も含む

■何か言うと怒られるから
大半の息子が話さない理由がこれです。これまでの親子関係を振り返ってみると、親としては親身に立派に育ってもらうためのアドバイスや愛情を注いできたかもしれません。そして、間違っていたことをやれば、しっかりと道を正しくする。いたって普通の親の行動でもあるのですが、それだけに子供はこれまでの関係でジョークの1つでもかまそうものならば、迷わず鉄拳が飛んでくる、もしくは説教の地獄に入ってしまうと思ってしまう方が多いようです。まだまだ息子と親の間で理解が深まっていないと思うかもしれませんが、このあたりは後に理解するので気にする必要はありません。

■親がかなりウザい!
家族とあまり全体的に話さないというよりは口数が少ない程度で高校生や大学生くらいならば親がかなりウザいのです。自立心でもあり、下手に反抗すると親に口や力でおさえつけられてしまいます。そして、何より親子なもので似ているのです。1つ1つの行動がもう無理だと思っているのです。あなたも思い返せばそんな時期はなかったでしょうか。高校生や大学生であれば、このあたりはダイレクトに実際に思っていることが多いです。筆者もその例外ではありません。もしかすると息子が話さないと両親を悩ませてしまったかもしれません。

■疲れているから
このような場合もあります。疲れているということもありますので、1日くらい息子が話さない程度であれば気にしないようにしましょう。親元でまだまだ育っている大学生や高校生、勉強や遊びで疲れきっているのかもしれません。筆者は両方体験し、親と話すのも疲れるくらいは、遊んだり勉強したりした覚えがあります。そんなことから、その日起こったあなたへの出来事なのであれば、その場は特に気にするわけでもなく放置しておきましょう。単純に疲れているだけなのです。もしかすると、次のようなこともあるかもしれません。

■イジメにあっている
小学生、中学生、高校生くらいであれば、親を心配させないようにとイジメにあっていると息子が話さないようなことはあります。これも状況にはよりますが、起こっているというよりは日常的に学校に行くのが辛そうであったり、何かしら悲しそうな顔をしていれば、その面で考えるようにしてください。息子が話さない理由といっても、対処しなければならない事例もあります。これは親が息子の表情を見て感じ取るしかできないので、序盤は様子見して、深入りするかどうかは決めておきましょう。

■病気もある
かなり稀な事例で、あなたの息子にはとても当てはまらない可能性は高いですが、まったくといっていいほど一言も話さないのであれば、息子は何かしらの病気になっている可能性もあります。何でもいいので、何かしらの返答くらいはしてくれるのであれば、気にする必要はありません。かなり不安にさせてしまって申し訳ないのですが、本当に稀なので、イジメや病気の面は本当に確証を得られてから行動に出るようにしましょう。親としては心配なシーズンかもしれません。

■実はこれ、イイことなんですよ!
色々と書きましたが、これはとてもいいことなのです。息子が話さない、むしろ喜ぶべきです。なぜなのかというと、恐らく息子は自立心が芽生え、男として一歩成長している証拠なのです。そして、男の子から男に近づいていくにあたって、ひげが生えてきたり声変わりします。また、体臭も徐々にお父さんに近づいてきます。これは、男性ホルモンが出ている証拠です。そして、なによりもこれが最大限に分泌される、中学生、高校生、大学生あたりで自立の衝動が最大限になり、結果、息子は話さないとなるのです。孤独願望も芽生える場合もあります。喜んでください。あなたの息子は立派に育っている証拠です。あなたが女性ならばホルモンバランスの変動時にくるイライラだったりを体験しているのならば、息子はまさにそれに対応している途中なのです。「親心を知らねぇヤツだな!」なんて思うのはやめておきましょう。息子なりにがんばっているのです。

話さない息子を目の前にしてやってはいけないこと

さて、高校生や大学生というような気難しいシーズンの話さない息子に対してできることは何でしょうか。ひとまずは、深入りせずに放置が安定です。明らかに間違っていることを見かけたならば、それはそれで正してあげてください。ここまで書いたことが、まだまだ確証として納得できないと思うならば、もっと分かりやすい例を1つだしてみます。ダウンタウンのコントで「オカンとまーくん」、かなり昔の話題ですが、これは話さない息子の心情を的確に表現したものです。そして、女性より大人の男性が見ると、腹を抱えて笑ってしまう、男の子あるあるなのです。

ここで、何も話さない息子に対して、無理やり話させたりするようなことはやめておきましょう。息子なりに考えて、自分の一歩を踏み出している途中なのです。今後親の元で一生育ってもらって、将来は自立も結婚もすることもなくというようなことを思っているのであって、それなりにあなたに資産があるのであれば、ここまで書いたことは全部無視して大丈夫です。恐らく多くの場合はそうではないと思います。それだけに、話さない息子を見たら、まずは怒ることもなにもなく、放置なのです。しっかりと成長しており、立派に男になっている証でもあります。とりあえず、ここまでの子育てはあなたは正解だったのです。あなたも非常にがんばっている証拠です。しかしながら、その後は親も親で成長すべき機会です。親も子離れするシーズンがやってきたのかもしれません。寂しいでしょうか、安心してください。あなたのお父さん、お母さんも同じ寂しさを抱えているどころか、世界中そうなのです。

また、大人になっても話さない息子であれば、恐らくそれは母親と話していないケースが多く見受けられます。理由は社会に出て自立した息子、母親は専業主婦で子供一筋で育てた、それだけに社会と母親のギャップを感じて、ちょっと嫌に思われていることもあります。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告