義父が嫌いで会いたくない場合のたった1つの解決策

スポンサーリンク

義父が嫌い、色々とひどい言われようをして、もう会いたくないという方に向けて、今回はアドバイスをしてみたいと思います。今回書いているのは男性筆者です。このあたりの視点が後の説得力につながってくるので、まずは嫌いな義父に会いたくない場合はこうするのがベストだよということをお伝えしてみたいと思います。筆者の嫁もですが、実際に同じ意見を抱えております。そのためには旦那も嫁もどちらも現状を理解する必要があります。

義父が嫌い!

義父が嫌い!

義父が嫌いでもう二度と会いたくないなら会わなくてOK

さて、義父が嫌いというのは、幸いなことに世の中の旦那の多くは理解してくれることだと思います。基本は姑が嫌いだという意見が世の中の女性の意見なのですが、義父とどうがんばってもうまくやれない方は多いのです。それだけに、旦那がそれについてまずは認めることにし、会いたくないなりに二度と会わなくてもいいような手配をできるように、お互い話し合えば話はうまくまとまります。これが旦那の母となると、母親の影響力はとても男性にとっては強いため、うまく飲み込めないことがあります。しかしながら、義父が嫌いということに対しては、なんとなくでも同意してくれるのは多いのです。なぜかというと、大抵の男性で自立心が強い方は、父親がそもそも大嫌いなものなのです。嫌いという話ではなく大がつくくらいです。それはもう、子供のときから刷り込まれているレベルであり、筆者も同じです。精々「お父さん~!」なんて抱きついていくのは3~4歳くらいのものです。それ以降は多少なりともの反抗心、自立心が芽生え、必然的にお父さんが嫌いになってくる、つまるところ、義父が嫌いで会いたくないというようなことには賛同してくれることが多いのです。要するに状況的には、あなたにとってラッキーな状況でもあります。

義父が嫌いで会いたくない、でも義父の心理的なものを知りたい

さて、義父というと、とにかく何でもかんでもひどいような言葉を浴びせてきたり、目でも合わせようものならば万の言葉を用いて嫌味や、実際に喧嘩まで発展しかねない言葉までかけてくるかもしまれせん。そういった義父を見て会いたくないと思う世の中のお嫁さんの意見はものすごく正しい意見を持っていると思います。そんな義父は何を考えてそういっているのか、大半の場合は親心からくるものです。特に50歳手前くらいから、アドバイスのつもりで本人はひどい言葉までもかけてくるのです。これまでの生活背景もあります。あなたのお父さんとはまったく違ったような言葉をかけてくるかもしれません。それで、時分の息子や家族などに対してはうまくいっていたかもしれませんが、相手はお互いを理解していないどころか、血のつながりがあるわけでもありません。それだけに、最初からお互い打ち解け合って理解なんていうのは難しい話です。繰り返しますが、世の中の現在の義父くらいの会いたくない年齢の行動を考えてみると、これはあなたに対してだけではありません。SNSでバズっているツイートにいかにもおっさん臭いような、アドバイスとも取れるような、しかも言わなくていい言葉まで詰まっているオンパレードの発言を見かけると思いますが、大抵はその義父くらいの年齢の方です。まだまだそれ以上若い方が理解するのも難しい考え方だったり、とにかくは余計な一言を言いたい年齢にもなってきたりします。あなたが今結婚している夫もその例外ではなくなってきます。そして、これを書いている筆者もその例外ではないです。それだけに、自分の父親の嫌なところを見て、実際に次の世代に同じことをしてはいけないという心を持ってもらうことが重要です。

嫌いな義父に会いたくないけど会わなければならない場合

義父が嫌いで、会いたくないということにもかかわらず会わないとダメというような、お盆だったり正月だったりの帰省があるかもしれません。そんな時、会いたくない義父に会ってしまっただけに、ストレスは恐らくマックスの状況だと思います。そんな時、どうやって解決していけばいいのかというと、真顔で聞いているフリをしてください。単にえらそうに言いたいだけの種類の義父もいるので、そういった人間は、これから会いたくないと思いますが、義父以外にも出てくるのです。それだけに、この年齢の方はまじめに話を聞いている(フリをしているとも知らず)姿を見れば、大抵は満足して言うのはやめるのです。基本的に筆者が、自分の父親と関わるときも似たようなテクニックをつかっております。そして、恐らく自分の父親もその父親に対して似たようなテクニックを使っていたことだと思います。色々と書きましたが、相手によっては言ってはいけない言葉もありますが、会いたくないと思わせてくれる義父は場合によっては、あなたのためを思って言っていることもあります。男の子を育てるときには、ちょっとやそっと女の子のように言って通じるわけではないのです。「ダメだよ~」なんて女の子に接するような指導ではなく「コラァ!!!何しとるんじゃ!」くらいは言わないと言う事を2~3歳くらいのときから言わなければならなくなります。それだけに、徐々に生活していく上でそんな子供に対するような喋り方が身についたのかもしれません。それだけに、場合によってはの話ですが、義父に完全に悪意があるわけではないということをお伝えしておきます。もちろん、会いたくないあなたの意見が優先的であることは言うまでもありません。しっかりと旦那と話し合って、会いたくないのを実現するためにどうするかの解決策、妥協をしてうまくやっていきましょう。冒頭でも書きましたが、筆者の嫁は義父に会いたくないと言っているので、まったく会わせておりません。気分が向いたら実家に帰るくらいで、それも5年に1回あるかないかです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告