業務スーパーのサンドイッチビスケットがおいしい話

スポンサーリンク

業務スーパーのサンドイッチビスケットが気になった方に向けておいしいのか、まずいのか、カロリーはどうなのかということについて書いてみたいと思います。また、ちょっとしたおいしい食べ方でカロリーの塊みたいにはなってしまいますが、そちらも参考にしていただきたいと思います。ちなみにバニラとイチゴ、チョコがありますが、どちらがおすすめなのかということについても書いてみます。コスパの良いサンドイッチビスケットなので、気になっている方はどれも必見の内容です。

紹介するブツ

紹介するブツ

まずは業務スーパーのサンドイッチビスケットのカロリーをチェック

1個あたり
カロリー69kcal
脂質:2.6g
炭水化物:10.7g
たんぱく質:0.67g

袋と違うのは計算が合わないので、調節しております。実際に表記されているたんぱく質は0.8です。
脂質は低いですが、全体的に見ると、100gあたりは459kcalとなっております。意外とカロリーは高めなので、ついつい食べすぎでカロリーを気にしている方はお気をつけください。脂質がべらぼうに高いというわけではないので、脂質のみを控えている方には良いかもしれません。

業務スーパーのサンドイッチビスケットはおいしい?まずい?

さて、実際に販売されている業務スーパーのサンドイッチビスケット。お値段も80円代と店舗によって価格は前後しますが、100円以下で買えるので非常にリーズナブルです。そして、おいしいのかまずいのかと聞かれると、個人的には微妙な話であると書いてみます。まずいというわけじゃありません。そういうのも、輸入系されたビスケットであり、脂質もかなり控えられております。日本のものと、どうしても比べてみるとちょっとしっとり感がサンドイッチビスケットには足りないかなと思っていたりします。はさまれているクリームは特にケチな感じでもなく、値段以上にがっつり含まれており、そのあたりは意外なポイントでした。逆にあっさり食べたいような方であれば業務スーパーで買うと良いと思います。食べ過ぎてしまわないかと心配になるかもしれませんが、そのあたりが気になっている方ならば、日本のビスケットと違って、口の中に水分が不足しやすくなるので、食べ過ぎ防止になります。また、バニラ、ストロベリー、チョコと3つあることが確認できると思いますが、どちらがおすすめかというとストロベリー味をお菓子が好きな方にはおすすめしております。そういうのも、ストロベリーの香料にはなりますが、がっつりと効いていてとても食べやすいように仕上がっております。そうかといってバニラがまずいというわけでもなく、あっさり食べたい方はバニラ、がっつりお菓子食べたいというような場合はサンドイッチビスケットはストロベリー味を選ぶべきかなと思います。どちらが一般受けするかは個人的には不明ですが、なんとなく読んでみてどうなのかということはお分かりいただけたかもしれません。しかし、これから教える方法を試すとさらにコスパの良いお菓子に大変身します。

散々なことを書いてきたように思えますが、基本的にはSNSを含むネットで調べてみるとおいしいという意見ばかりです。むしろ「私の好み!」とおっしゃっている人もいたり、リピートして大量買いしている人も居るということはお伝えしておきます。あまり、辛口な書き方をしすぎると、業務スーパーにもなんだか失礼な感じがしたので、ちょっと書き足してみました。

業務スーパーのサンドイッチビスケットのおいしい食べ方

さて、先ほどのものを買うのはやめたなんて思っているのならば、ちょっと待ってください。この業務スーパーのサンドイッチビスケットは、実はバニラアイスと混ぜ合わせるとこれがとてもおいしいのです。そんな関係もあってか、先ほどはストロベリーをおすすめしました。見た目は悪いですが、バニラアイスの上でストレス解消がてらパキパキと折るなり握りつぶすなりしてみてください。好みによってチョコ味を追加して、さらに業務スーパーで販売されているチョコシロップでもかけるとさらにおいしそうな感じがします。見た目はアレな子だけど、やさしいみたいな感覚が味わえます。

見た目悪いけどうまい

見た目悪いけどうまい

そして、食べてみましょう。バニラアイスのおかげで、硬めのサンドイッチビスケットがとてもおいしくなります。サンドイッチビスケットそのものだけならば「言うほどではないかな」と思われるかもしれませんが、この組み合わせで延々とカロリーが稼げます。さらに、業務スーパー内のアイスがさらに安く販売されているときに、組み合わせてやることで、学生も世の中の親御さんもお財布に大助かりなお手軽スイーツが自宅で実現できます。カロリーも普通にアイスを食べるよりかは高くはなりますが、サンドイッチビスケットを丸々一袋食べるよりは、意外とヘルシーで満足できる食べ応えになってくれます。思わず一袋全部食べきってしまいそうで気になっている方は、この方法を試してください。最後にもうひとつ難点をあげてみるとすれば、コストをかなり削っている包装のせいか、個包装ではありません。そんなことから、ジップロックなりに入れて保存したり、数日に分けて食べる方ならば、そういったことができるように対策しておくことをおすすめします。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告