業務スーパーの国産キムチなどまずいのか食べてみた

スポンサーリンク

業務スーパーにおいてあるキムチ、国産、中国産などありますが、それらを食べてみたら実際にどうだったのかということを書いてみたいと思います。乳酸菌たっぷりで健康にも良さそうです。また、業務スーパーのキムチは一見安くてというより、通常販売されているものの3分の1の値段、半額以下どころでは済まない値段で販売されており、実際に寄生虫などの安全性などが気になる方に向けてもしっかりと紹介しております。それでは、単刀直入に正直に書いてみますので、そんな意見が知りたい方は参考にしてみてください。

検証してみた

検証してみた

実際に業務スーパーのキムチの国産、中国産はまずいのか食べてみた

■国産キムチについて
こちらについては、非常に日本人が大好きな感じの味に仕上がっております。まさに一般的なキムチであり、特にまずいなどの意見もありません。製造メーカーも国内ですので、メーカーは業務スーパーによって違うかもしれません。しかしながら、業務スーパーといえば、大半は国産がおいてあるのは珍しく、大半の場合は中国産のキムチがおいてあり、恐らくあなたが目にしたキムチは中国で製造されたものと思われます。そちらについて、しっかりと書いてみたいと思います。

■中国産の業務スーパーのキムチ
さて、大半の方が目にして、業務スーパーで安いと魅力に感じているキムチについてまずいのかどうか食べてみたところ、食べてみると焼肉屋さんのキムチという感じがして非常においしかったです。ほんのりきいた酸味が特徴的です。少し注意しておきたいのは、業務スーパーの安いキムチはおいしく食べることができる時間が限られているということです。一見大容量のものは安くて便利なように見えますが、保存面で問題があるのか、それとも時間の経過と共に味が本来のものに変わっていくのかは分かりませんが、時間がたつにつれて頼りない味になってしまいました。ここからあなたが参考にすべき情報は、まずはキムチの酸味が大丈夫かどうかです。このあたりについて苦手な方はまずいというイメージを持つかもしれません。また、時間が経つにつれてまずいというほどではないものの、何だか胡散臭い味になってしまうのが現状です。特にSNSなどで検索してみるとわかりますが、青臭いという意見が見られたりするのは、恐らく時間が1ヶ月近く経過したキムチを買っていたり、自宅で保管していたりしたのかもしれません。なるべく製造日が新しいものを購入して、まずは業務スーパーのキムチを楽しんでみましょう。ここで食べきれない方は、400gのものや1kg入りのものを買うのは避けておいたほうが良いです。飽きてしまうということもありますが、前述したように時間の経過で味が変わってくるのです。

■業務スーパーのキムチのカロリー100gあたり【未確定】

正確な業務スーパーのキムチのカロリーが見つからなかったので、代わりに一般的な情報を記述しております。
脂質:0.3g
たんぱく質:2.8g
炭水化物:8g
カロリー:45kcal

実はカロリー表記、20%程度の誤差が認められておりますので、ダイエットをする方はこのあたりを基準に参考にしておいてください。確定したら、また書き換えたいと思います。

業務スーパーのキムチの安全性は?寄生虫はどうなん?

このあたりも気になると思います。業務スーパーは大半は中国産だったり、韓国産、その他の国外産もありますが、それだけに安全性が気になるかもしれません。まず、このあたりの答えをキムチと一緒に書いてみると、リスクという意味ではこの時代中国産だろうが国内産だろうが変わりはありません。そういうのも、2011年の日本の出来事を考えると、国内の食の安全は簡単に確保できなくなったと思います。無論、国は安全とは公言しているものの、どうなのかなとも思います。この手の考えを持ったやつがまた書いているのか、そう思うかもしれませんが、そんな方の気持ちもわかりますし、安全を気にする方の気持ち両方わかります。食品そのものは大丈夫だったとしても、それに使われている土、調味料、これらの安全性を気にしまくっていては食べるものがないかなと思います。1%でもその可能性があるのが嫌ならば、家庭菜園に切り替えて、業務スーパーで買い物などせず、使っている土、肥料、調味料までも考え、水の安全性も確保してからやっと安全かなと言えると思います。キムチの話題とはちょっとそれますが、過去に筆者もこのあたりのことを考えて食べていたことがあるのです。それも年単位ですが、クリーンな食事にあまり慣れてしまうと、現代の環境に適応できなくなるのです。どれだけ適応できなくなったかというと、普通に飲食店の前を通り過ぎるとおいしそうな香りがするなという体験はあるかと思いますが、その時点で筆者は吐き気や頭痛を催すほど体内の状態が変わり、一般的な食事に適応できなくなってしまいました。今は元に戻しており、業務スーパーの安全性などは、さほど気にせず食べております。安全性を考えている方の考えをないがしろにしているわけではなく、これは個人的に至った結論です。そんな方の考えもわかるのです。もし、そういったことが気になっているのであれば、ここまで書いたことを実際にどうなのかということを考えて、購入してみてください。

次に業務スーパーのキムチの中でも寄生虫などの問題が心配であるということです。今のところ業務スーパーのキムチで寄生虫だったりの報告は見ておりません。筆者が実際に1ヶ月くらいずっとキムチが好きなので食べていましたが、寄生虫による問題が発生したこともありません。しかもそこから、数ヶ月たった今、報告しており、特に問題なども発生しておりません。それでも業務スーパーのキムチで中国産は寄生虫が気になるというのであれば、キムチチャーハンなどにして食べるのが安全性は高いかなと感じております。特に公式的な回答が得られたわけでもなく、個人の体調で報告しております。何が原因で寄生虫などの被害にあうかは分からないので、リアルタイムで業務スーパーのものがヤバかったのではないかという方は、病院に行ってしっかりと検証してみてください。

もう一回書くけど、業務スーパーのキムチで400gと1kgには気をつけて

ここまで長ったらしい業務スーパーのキムチの文章をお読みいただき、ありがとうございます。そして、もう一回書いておきたいことは、業務スーパーのキムチの安さにひかれて400gや1kgのキムチを買うときは注意です。時間の経過と共に業務スーパーのキムチの味は変わっています。そんな変化を楽しめるのでラッキーと思えばポジティブ思考ではあるのですが、実際にはまずいと食べることができません。購入してから味が変わるまでの一定期間で消費できる100円程度のキムチの購入を業務スーパーに向かうならば、筆者は強く推奨しております。もし、消費にこまっているのであれば、豆腐と一緒に食べたり、チャーハンにして頑張って消費しましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告