Twitterでブロックされた人を確認するアプリで便利なもの

スポンサーリンク

Twitterを利用していると、フォロー、フォロワーから1ずつ減っているのを確認したとき、大抵はブロックか凍結かなと思います。そして、多い人数をフォローしていたら、Twitterで誰にブロックされたのかということを確認することが難しかったり、めんどくさかったりします。そこで、便利なアプリについて紹介してみたいと思います。個人的に利用しているもので、一回連携さえさせてしまえば、後はそうかなと思ったときに、アプリを起動すればわかるようになります。実際に使い方なども含めて紹介します。

容量を圧迫せず便利!

容量を圧迫せず便利!

Twitterのブロックを確認するためのアプリはこれが便利

さて、色々なアプリがありますが、Twitterでブロックされたか確認するのであれば、「ひすったー」がとても便利です。その理由として、頻繁にTwitterのフォロワーと連携させて確認しておく必要は無く、1回だけ認証させておけば、後はブロックされたかもしれないと思うときに確認して、履歴を見るだけです。

こんな感じで出てきます

こんな感じで出てきます

利用方法は初めての方はTwitterからそのアプリへログインして連携させる必要がありますので、まずは上記のひすったーのボタンを押して、連携させておきましょう。そうすることで、次のような画面が出てきます。フォロー・フォロワー・ブロック等の変動履歴というボタンがありますので、これを押して確認してみましょう。そうすることでずらっとこんな画面が出てきます。

ブロックされたと思われるアカウントが出てきます

ブロックされたと思われるアカウントが出てきます

そうすることで、フォローを解除した、フォローを解除されたというそれぞれのところにブロックされたと思われる本人のアカウントが出てきます。今回はプライバシーのため、本人の画像を隠しております。うれしいことに、凍結もしくはブロックの可能性としっかり記述してくれております。実際にここまで読んでいて、ブロックを確認したかどうかを知りたいだけなのに凍結までと思われるかもしれませんが、これはほとんどのアプリ共通で、どちらなのかということは判断が難しいため、このような書き方になっているようです。実際にそうなのかどうなのかということは、本人のアカウントをタップしてみることで、ブロックか凍結か削除かなどを知ることができます。今回の場合は、アカウント移行をするために、実際にブロックでお別れして、再フォローしたというエピソードが裏にはありますので、特に悲しいような状況でも何でもありません。

ちなみに、このアプリ、厳密にはスマホやiphoneなどのアプリではありませんが、Webアプリです。このメリットとしては、わざわざブロックを確認するためだけにスマホにTwitterアプリを入れておくのは容量の圧迫になってしまいます。ちょっとしたアプリのデータ容量のせいで、端末から警告が出てうっとうしいことになってしまいますので、これを利用することでそういっためんどくささから解消されます。

注意:フォローとフォロワーのリストをアプリ側が知ることが必要なので、定期的にログインはしておかないと確認が正確にできないことがあります。

Twitterでブロックされた!ショックを受けている方へ

Twitterのまったく知らない人からブロックされたか確認するためのアプリは?

Twitterで見たことも話したこともないような、ブロックを確認するためのアプリを探すものはないのかと思われるかもしれません。あるにはあるのですが、アプリとしては状況が不正確になってしまうこともあります。Twitterの仕様変更も度々行われているので、アプリ製作側がそれに追いつくのがめんどくさかったりします。その上、それが原因でユーザー同士のトラブルになることもあるかもしれないので、そういったアプリは色々な意味で歓迎されないのかもしれません。仕組みとしては、実際にそのアプリに登録しているユーザー同士のブロック状況などを比較して、知らない人からブロックされているかどうかということを確認できるようになっております。ただ、それらのブロックリストの状況がユーザー同士でユーザー名が知らないながらも、共有されているということを考えると、ちょっと気持ち悪い状況なのです。そういったことにクレームがきてしまうこともあるようです。特にTwitterで知らない人からブロックされていても、気にしないことをおすすめします。以前は、辞書登録したものをTwitterで片っ端からエゴサをかけるプログラムを組んで、100万人単位でブロックしているアカウントの存在などあり、炎上した過去もありました。Twitterの利用のスタイルや、ブロックについては個人個人の考えによります。万人に気に入られるというのはとても、難しいことなので、Twitterでブロックされているかどうかということが確認できるアプリを利用して、ブロックされていたところで、気にする必要はないのです。

Twitterのブロック確認アプリに要注意!

さて、あなたはこの記事を読んだ上で、他にも使いやすいアプリはないかなということで、Twitterのブロックの確認をするためのアプリを探すかもしれません。それも良いのですが、ブロックの確認のアプリというのはかなり出ており、たまに乗っ取りをするアプリなどもあります。有名どころのアプリの偽物を作ったりして、これはブロック確認のためのアプリだよというような罠を仕掛けていることもありますので、そのあたりだけはご注意ください。過去には、冒頭で紹介した偽アプリで、スパムなどもありますので、安易に様々なアプリを信じて入れていると、勝手にツイートされたり、大切な友達にまで被害が向かってしまうこともあります。実際に友達がツイートしていたら、それを信用してあなたもタップやクリックをしてしまうかもしれません。そこがTwitterの乗っ取りやスパムの厄介なところなのです。そんなことで、ブロックの確認をするためのアプリを探すときには、そういったことにならないかチェックしておきましょう。連携した瞬間、身に覚えのないツイートをしていたら、すぐに削除しましょう。ここまでに書いたことを守って、安全なTwitter生活を楽しみましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告