ツイッターに子供の写真を載せてはいけない理由【注意】

スポンサーリンク

ツイッターに可愛い子供の写真を上げている方で、それはいけないと指摘された方、ネットでそのような記事を見かけた方。実際になぜツイッターに子供の写真を載せるのが悪いのかということについて紹介してみたいと思います。特に、自分の友達などに見せるためなどの気軽なきっかけで特にそれ以上の理由はないかもしれません。ちょっとしたことで、あなたと子供がツイッターの思ってもみない被害にあってしまうことがありますので、一緒にどのようなことなのかということをチェックしてみましょう。

可愛い子供のために知っておくべきこと

可愛い子供のために知っておくべきこと

ツイッターに子供の写真を載せてはいけない理由

■身に覚えのない嫉妬をされる
まずは、ツイッターといえば様々な人が居ます。そして、子供の写真をを見るだけでうざいと思われる傾向があるようです。特に投稿頻度が多かったりするので、ついつい他人にとって、興味のない情報はそう思われやすいです。加えて、結婚していない方だったり、望んでも妊娠できないような方が、そのような幸せそうなツイートを見ると、嫉妬にまみれてというような場合があります。状況的には、筆者としてはほほえましいと思いますし、特に嫉妬する要素でもうざいと思う要素でもありません。しかし、そんな筆者も今後書くことをふまえれば、ツイッターに子供の写真を載せることはおすすめしておりません。

■あなたのアカウントが炎上してしまった時がやばい
特にあなたが何事もなくツイッターを利用していて、ある日思ってもないツイートが炎上したとします。炎上ネタを見つけるのは結構早い人は早いです。運悪くそのターゲットになってしまった場合には、もちろんあなたに非難が飛んでくることがあります。それだけなら、まだマシなのですが、子供の写真を載せることによって、子供に実際に被害が向かってしまうこともあります。これだけでも、ツイッターに子供の写真を載せるというのは危険な行為であります。まだまだ、ほかにもあるので、心して読んでください。

■アレな人が見ている
ツイッターというのは様々な人が居るもので、特定の意味を持って子供が好きな方が居ます。純粋な好きではありません。そんな人の目にふれたらどうなるでしょうか。恐らく個人のフォルダに大事にしまわれていることでしょう。特にこの時点で実害があるわけではありませんが、親心としては気持ちの良いものではありません。特にアレな人は、その手の写真が手に入らないので、あの手のこの手でツイッターで検索をかけていたりします。意外とTwitterというのは油断している方が多すぎるので、そのような宝庫になってしまっております。

■個人情報を収集される可能性
子供の写真をツイッターに載せてはいけない理由としては、個人情報が収集されてしまう恐れもあります。特にバレないようにツイートしているつもりであっても、子供の名前をいつの間にかツイートしていたり、あだ名でも推測しやすかったりします。これが1つでもあれば、どんどんネットで特定されて、いつの間にか自宅にダイレクトメールの山が届くようになってしまうことなどもこの時代に無いわけではありません。こういったことになってしまわないように十分に気をつけるようにしてください。

■住所なども特定される
特にツイッターに子供の写真をアップロードするような方は、住所などが特定しやすい形にしていることがあります。周辺の地域が写っていたりすることもありますが、他にも幼稚園・保育園だったり、小学校だったり、中学、高校など、色々な制服があります。そこからも、実は特定されやすい材料となります。特にその学校ならではの、紋章などがありましたらすでに学校は特定されたようなものです。おまけに、住んでいる都道府県が分かっているのであれば、ある程度ふるいにかければ学校の特定などもされやすいです。特に、あなたの子供が可愛いという自覚があるならば、次のことに本気で気をつけてください。

■リアルなストーカーに発展する
可愛い子供の写真をツイッターに載せる気持ちが分からないわけでもありませんが、アレな人や、制服がとても大好きなおじさんがあなたの子供の写真を見つけて、ついにストーカー行為に出てしまえば危ない状況が出来上がります。特にツイッターから住所だったりを特定するというのは、時間をかければ難しい作業ではありません。ツイッターに子供の写真を載せることで、イタズラ目的だったりするのであれば、特定から実際に被害にあってしまうまでは、短い時間になってしまいます。

■いつの間にかほかのサイトに転載される
まだまだあります。あなたの子供の写真をツイッターにアップロードしたとしましょう。特に一部のマニアの目に触れたら、それはもう大変なことになります。保存されて、巨大掲示板だったり、サイトだったりに転載されてしまう可能性があります。ジョークのように思えますが、人の好みはそれぞれです。こう考えるだけでも、相当気持ち悪いことになってしまうということが予想できると思います。

■一度ほかの人の手に渡ったら削除は不可能
あなたが、子供の写真をツイッターにあげて、他のサイトに転載されてしまったとしましょう。そうなった段階ではもう諦めるしかありません。理由として、芋づる式に増えていってしまうからです。そして、サイト上から削除されたとしても、一部の検索エンジンには残っていたり、過去のホームページを見ることができるようなサービスで発見されてしまう可能性があります。そうなったら、もうほとんど写真の削除は不可能であると考えてください。どんな技術を使って、片っ端から消していったとしても、次々に増えていくのです。

■実際に後悔している人が居ます
ここまで書いたことは、実は本当にあったことを個別に書いております。これがきっかけで、事件になっていることもニュース沙汰にならないだけであって、たくさんあります。あなたの子供を被害にあわせたくないのであれば、ツイッターに写真を載せるのはやめておきましょう。特に海外などでは、ツイッターだけではなくSNSを利用して、子供の誘拐事件にまで発展しているようなことが、たくさんあります。日本もその例外ではありません。そして、筆者個人レベルにでも、同様のことを相談され、サイトに転載されたことがありましたが、そのときは運良くネットから消すことは可能でしたが、これが日が経っていれば、確実にアウトなレベルでした。

ツイッターどころか子供の写真をネットに載せないで

最後のまとめとして、ツイッターだけではなく、子供の写真をネットに載せないでといいたいです。それはなぜなのかというと、ネットに載せた時点で、ほとんどの場合は誰もが見れるようになっているからです。そして、その写真はあなたが思ってもみないような様々な目的に使われます。特に可愛い子供だねというような文字通りの意味で見てくれる人も居れば、そうではない人も居るわけです。後者の一人にでも発見されると、特に厄介なので、ツイッターどころかネットに子供の写真は載せないでと筆者は言いたいです。載せたい気持ちも分かりますが、自分のスマホで撮影して、その画面を友達や家族などに見せるという程度にとどめておきましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告