Twitterの監視はバレるってのは本当?【技術者解説】

スポンサーリンク

Twitterを監視しているとバレるのかという疑問がある方に向けて、本当のことを解説してみたいと思います。色々な解説サイトを見ているとバレるというような情報があったり、古い情報があったりと様々です。そして、書いているほとんどの視点が素人視点なので、今回はIT系の技術者という視点もまじえて、監視しているとバレることがあるのかということについて書いてみたいと思います。監視が必要な際の情報として、参考にしてみてください。

バレることもあるんやで

バレることもあるんやで

目次
Twitterの監視をしていてバレるパターン
Twitterの監視で公式の足跡解析ツールでバレる!?
監視しているTwitterアカウントをバレることなく見る方法

Twitterの監視をしていてバレるパターン

■いいね、リツイートを間違ってしてしまった場合
まずはTwitterの気になっている人のアカウントを監視していてバレるパターンが多いのがこれです。一瞬でもいいねやRTを間違ってしてしまうと、即座に相手に通知がいってしまうことになります。これによって、相手は「○○さんにいいね・RT」されましたというような通知が届いてしまうことになります。これが消えるのはしばらく後になったり、場合によってはその履歴が残ったままになるのでこれによって監視していることがバレるというようなことがあります。特にこのパターンは気をつけておきたいところです。

■間違ってフォローしてしまう
間違って一瞬でもフォローしてしまったとしましょう。その場合には即通知が行ってしまうことになります。間違ってフォローしてしまうことで、Twitterを関しているのかもしれない、もしくはそんな心あたりがあるというようなアカウントであり、警戒心が高い方であれば、それによって監視していることがバレてしまうパターンがあります。筆者も間違ってフォローしてきたような人は、個人的に要注意人物としてマークしております。特に問題がなければ、見逃しますが、怪しい素振りを見せているのであれば、すぐにこちらからどのような人物か逆に監視することがあります。そうなっては、Twitterでバレるのが嫌なあなたにとっては不都合なことだろうと思います。

■まんまと相手の罠に引っかかる
特にこれは筆者がたまに使う手法ではありますが、Twitterでちょっとした罠をしかけることができます。これについては何なのかということは、過去に解説したので、そちらを参考にしていただくものとして、それを試している方も実は居るには居ます。筆者と同じく、ある程度IT系の知識に長けている必要はあります。もしくは、過去に解説した記事をそのまんま試すことで、素人でも監視していることが分かることがあります。

☆参考
Twitterで個人特定の方法を紹介【悪用厳禁】

■実は自分が分かりやすいアカウント名だった
特に自分が普段の利用をしていたり、別垢を作っていたとしても、そのアカウントネームの関連性で監視していることがバレる可能性があります。特にこの手のアカウントで監視するようなときは、自分が普段使っているようなTwitterアカウントのIDと関連性を一致させてはいけません。これによって監視していることがバレたというようなこともあるようなので、あなたはそうなってしまわないように気をつけてください。特に前述したような、普段使っているようなアカウントであれば余計に監視は分かるのです。

■家族であれば検索履歴からバレる
家族のTwitterを監視しているのであれば、ブラウザの閲覧履歴を見られてしまえばバレることがあります。特にパソコンを利用していて、親が子供のTwitterアカウントを監視しているのであれば、それを見抜くことは可能です。今後紹介する方法を試すことで、バレるようなことを防ぐことが可能ですが、特にこの手の証拠は自分の所持している端末であっても気をつけてください。むしろ、技術的なスキルを保持した今、パソコンなりスマホなりの端末を監視しているかどうかのチェック対象に筆者は選びます。

■リストに入れていた
非公開でも公開でもですが、Twitterのリストに入れていることで、監視がバレる可能性もあります。特に、自分が非公開リストに入れられているかどうかというのは、公式以外のアプリを利用してやることで、すぐに分かるのです。知りたくも無いデータがこういったツールによってバレることがあります。誰が入れているのかまでも分かったりすることがありますので、自分がリストを公開設定にしていないからと気を抜いてはいけません。

Twitterの監視で公式の足跡解析ツールでバレる!?

Twitterにはどうやら、監視されているかどうかを知るために足跡解析ツールがあるというような噂が出回っているようです。これについての真偽を書いてみると、そのようなツールはありませんので気にする必要はありません。特にTwitterだったり、その他足跡を確認するようなツールがあるわけでもありません。できるとすれば、完全に自分の知識で外部サービスなり、自分で足跡を確認するツールを作るしかありません。そのように名を打ったツールなどは、現在世の中に出回っているわけでもありません。

監視しているTwitterアカウントをバレることなく見る方法

■鍵アカウントを準備する
Twitterの監視がバレるのが嫌なのであれば、まずは捨て垢を準備し、それに鍵をかけましょう。間違って、いいねやRTをしてしまった場合の保険ともなります。それに、フォローをしてしまったとしても、適当なBOTの名前にしておけば、間違いだったんだろうというような油断をさせることもできます。実際に一瞬だけあなたが何かしらのBOTにフォローされたことがあるのであれば、それはTwitterで監視されている証拠の1つになるかもしれません。鍵にしておくことで、あらゆることから身を守ることができます。

■相手の設置したURLを無闇にタップやクリックをしない
さて、先ほどのリンクをクリックしてお読みになれば、すでにどういうことなのかということは分かるかもしれませんが、無闇に相手のプロフィールなりをタップやクリックしてしまわないことです。それは場合によっては、あなたの思わぬ罠に引っかかってしまっている場合があります。特に相手がITに関して疎いような場合ならば気にする必要はありません。しかしながら、筆者はこの点を踏まえて、あえて何も知らないふりをしているアカウントも実はいくつか持っていたりします。相手もその可能性があるので、油断は禁物です。監視がバレるきっかけになります。

■シークレットモードを活用する
最後に、パソコンを活用して、Twitterの監視を行っているのであれば、閲覧履歴などからバレるということを書きました。それを防いでくれるのは、GoogleChromeのシークレットモードだったりします。筆者はこの機能は色々なところで活用していますし、とても便利な機能だと思っております。Twitterの監視でバレることを防ぐのにも役立ってくれますので、パソコンを利用して相手のアカウントを見ているような場合にはこれを使ってみるようにしてみてください。それでも本気になれば解析はできてはしまいますが、そうなればもうプロレベルの技術者の話です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告