Twitterが親にばれない方法を伝授!

スポンサーリンク

Twitterをやっていたり、これから始めようとなると、まず心配になるのが親のことです。そんな場合に親にばれない方法を紹介してみたいと思います。また、今回親にばれない方法を試したからといって、特に悪いことをしているような気分になる必要もありません。ネットでの自分と家族との自分、言い換えてみると親への顔と友達への顔というのは違うはずです。それがばれるのが嫌だと思うのは当然の考えでもあります。そんなことで、実際に試してみましょう。

ばれたくないならばこうせよ!

ばれたくないならばこうせよ!

Twitterが親にばれない方法

■アカウントは2つ作る
これは何気に重要な方法なのですが、表向きのアカウントと自分が本当に使いたい目的のアカウントで2つ作る必要があります。これは、Twitterでの親にばれない方法としてなぜなのかというと、1つはもうばれることを前提に作っておくものです。あたりさわりのないようなことを書くためで、親にばれてもいいようなものをツイートしたり、親心としては子供のTwitterをフォローしたくなる人も居るようなので、それ用に作っておけばまさか2つもあるだろうとは思うこともないと思います。ここで、先手で親のアカウントを見つけてブロックしようと思うかもしれませんが、それを親が知ったとき親子関係が崩れてしまうこともありますので、おすすめしません。筆者もあなたの親くらいの年齢ではありますし、ブロックしたくなる気持ちも、ばれたくない気持ちもわかります。それだけに、こういった手法をまずは持っておくのです。

■できれば本当のアカウントは鍵をかける
これは可能な限りの話なのですが、本当のアカウントは鍵をかけるようにしましょう。特に何が原因で親にTwitterのアカウントがばれるかもわかりません。特に筆者も子供のアカウントを特定しようと思えば、IT系の仕事なので特定はとてもたやすいです。しかしながら、しないことが家族間の信頼であり、子供にとっても安心できる材料となります。できる技術があったとしても、やられたら特定は難しいだろうなと思うのは、まずは鍵をかけることです。特に送信データを解析したり、ログをとらない限りは心配する必要はありません。これまた親にばれない方法としては必要なものです。仮に、あなたの親がIT系である場合の対策も書いております。

■写真で屋内が特定できないようにする
さて、もし鍵をかけないで運用したいのであれば、写真で屋内が特定できないようにしっかりと塗りつぶしておきましょう。友人からもらったプレゼント、おいしそうな自宅で食べたご飯など、親にとってはあなたを見つける要素は満載です。そんなことから、親にばれない方法としては、これらを見つけるような材料を一切与えないのが重要になります。あなたや家族にしか分からない家の中の特徴はあるはずです。そういったことからも見つけられやすくなってしまいます。

■家庭内やリアルの事情は脚色して書く
特に写真ではなくともTwitterが親にばれない方法で重要なのは、リアルで起こった出来事です。兄弟と口論になってしまったり、親にあんなことを言われた、リアルの友達関係でいろいろあったことなどを書きます。そして、親がこの手のキーワードでサーチをかけたときに運悪くあなたのアカウントが発見されてしまって、プロフィールを見られてしまった場合には、高確率でばれてしまうことになります。なるべく、リアルの事情は親にばれるのを防ぐために、ちょっと改変して書く必要があります。

■通知はこないように設定する
特に詮索するような癖のある親であると、子供のスマホやiphoneを見るようなこともあるようです。人としてどうかと思いますが、それでも残念ながら、そのようなことをしてしまう親は世の中に居ます。なるべくこれは回避したいところなので、通知はこないように設定しておきましょう。こういった些細な情報から、あなたのアカウントが親にばれることがあります。例えばの話ですがあなたのアカウント宛にフォロワーさんからメッセージが届いたとします。そのメッセージをサーチすれば、すぐにああなたのアカウントの発見はたやすいことでしょう。

■家庭内のネットワークに気をつけろ
もし、あなたの親がIT系の方であり、詮索するような方であれば、家の中のWi-Fiは利用しないようにしましょう。特に通信のログだったりは解析されると、送信したデータが分かったりすることがあるからです。法的にはグレーゾーンなのではありますが、そのような技術を持った親がそんなことをしてこないとは限りません。無論、自宅内でのパソコンも同様なことがいえるので、自宅のパソコンも同じく親にばれるのが嫌ならば使わないようにしましょう。もうちょっとパソコンについては掘り下げて書いてみます。

■パソコンは閲覧履歴に気をつけろ
パソコンを使ってTwitterをするような場合には、親にばれるような要因として、閲覧履歴があります。特に見る気がなくとも、間違って閉じてしまったタブなどを復元するために履歴をさかのぼっているとTwitterを発見されることがあります。おまけに、パスワード自動入力機能などを使っていれば、あなたのアカウントそのものへのログインを許してしまう可能性があります。親にばれないのを徹底したくて、パソコンを使うのであれば、毎度のことながらGoogleChromeなどのシークレットモードを活用しながら利用しましょう。

■入力したデータのログを取られることもある
ここまでやることはないと思いますが、あなたの親がプログラマだったりIT系の分野に長けているのであれば、入力したデータを取得しようと思えばたやすいことです。そういったソフトウェアを自作することもできるかもしれません。そういうフリーソフトもありますが、とにかくこの手のものがバレたくないのであれば、やはりスマホやiphoneなどに切り替え、Wi-Fiの利用をやめることです。

■ログアウトはしっかりしておけ
これ親にばれない方法として、案外うっかりしてしまうことです。ログアウトを忘れたことによって、親にアカウントそのものが発見されてしまう可能性があります。特に共用のパソコンであるような場合にはこの手のことで、親にばれるならまだしも、第三者にアカウントの内容を盗み見されてしまうこともあります。特に共用パソコンならばアカウントに関わるデータを入力しないのが第一なのですが、そうもいかない場合にはログアウトの徹底だけはしておきましょう。

Twitterのアカウント親にばれない方法を試してもばれた場合の対処法

基本的にここまでのことをやって、親にばれるということはほとんどないかもしれません。それでも親にばれない方法が見事にかわされて、ばれたとするのであれば特に言い訳のしようもないので、悪口を書いていたりしたとしても、それはそれで開き直りましょう。無論、ここまでのことを徹底していれば、何かしらのツールを使ってあなたを年単位監視しても発見することができるかどうかのレベルではあります。それに冒頭でも書きましたが、親へのあなた、友達へのあなたは違うはずです。それが親にもないわけではありません。家族だって秘密にしたいことがあるのは当然です。それをわざわざ詮索して見つけ出して、あーだこーだというのがそもそもの意味でおかしいのです。ただ、ばれないようにするのが何よりの話なので、なるべくここまで書いたことは徹底してください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告